スポンサーリンク

不整脈の症状のなかでも期外収縮は最も多くて脈が飛ぶように感じます

健康な人にもみられますが心配のいらないものが多いです

「期外収縮」とは、心臓の拍動が一定のリズムからはずれて収縮が起こるものです。不整脈のなかでも最も多く、健康な人にもよくみられます

 

自覚症状としては、心臓が一瞬ドキンとしたように感じたり、脈がとんだように感じたりすることがあります。しかし、全く気がついていない人も少なくありません。そのため健康診断などで指摘されると、かえって不安になる人も多いようです。

 

ただ、ほとんどは治療の必要がなく、心配のいらないものです。

 

 

異常な電気的興奮が発生し、早い収縮を起こす

正常な拍動では、洞結節で発生した電気刺激が、刺激伝導系によって心房から房室結節を経て、心室に伝わることで収縮が起こります。

 

ところが、刺激伝導系から電気刺激が伝わるより早く、本来、電気刺激を発生させないはずの部位で電気的興奮が発生し、伝わってしまうため、早く収縮が起こるのです。

 

 

期外収縮が起こるしくみ

正常な心臓では、拍動を起こす電気刺激は、「自動能」をもつ洞結節や房室結節、プルキンエ線維などの心筋細胞から発生する。これ以外の部位から発生するものを「異常自動能」という。

 

期外収縮は、この異常発生した電気的興奮によって心臓が収縮するために起こる。

 

心室期外収縮

よくみられる不整脈でほとんどは心配いりません

心室期外収縮とは、心室の「異常自動能」によって起こる期外収縮です。心室で異常な電気的興奮が発生することにより、本来より早いタイミングで、心室にだけ収縮が起こります。

 

症状は、全くない人もいれば、動悸や不快感を強く訴える人もいます。心室期外収縮では、治療が必要な重大なケースは少なく、ほとんどは心配いりません。

 

ただ、注意したいのは自覚症状だけでその区別がつかないことです。危険ですぐにでも治療が必要なケースでも、症状が強く出るとは限らないのです。この点は要注意です。

 

代表的な自覚症状は、「脈がとぶ」や「動悸」、あるいは「脈が触れない」というものです。心室期外収縮が起こると、心室に十分な血液がたまる前に収縮するため、いわゆる空打ちになります。

 

このとき、脈が触れないと感じます。また、期外収縮が起こったあとの次の拍動は通常より多い血液が心室にたまっているため、心臓から送り出されるとき、強く「ドッキン」と感じ、これが動悸や脈がとんだような違和感を覚えるのです。

 

 

心臓病のある人や連発する場合は要注意

ほとんどの心室期外収縮は心配ないものですが、なかには治療が欠かせない例もあります。特に、心不全や心筋梗塞などの心臓病がある人は、慎重に対応すべきです。

 

そのほか、心電図上で波形の異なる期外収縮が出たり、期外収縮が連発する、T波の真上で起こるという場合は、心賞頻拍や心室細勣につながることがあるため、危険性があるものと考えられます。

 

 

上室期外収縮

多くは自律神経のバランスの乱れから起こります

「上室期外収縮」は、心房や房室結節から異常な電気的興奮が発生することが原因となります。これによって、通常より早いタイミングで心房の収縮が起こるのです。

 

この電気的興奮が心房を経て心室にも伝わると本来なら心室も収縮するのですが、房室結節やヒス束が電気刺激に反応しない「不応期」だと、興奮が伝わらず心室は収縮しません。

 

原因は、ストレスや睡眠不足などによる自律神経のバランスの乱れによるものが多く、ほとんどが治療の必要はありません。ただし、僧帽弁狭窄症や僧帽弁閉鎖不全症などがある人にみられることがあります。

 

期外収縮のQ&A

治療は必要ないといわれても心配です

期外収縮のほとんどは治療しなくても大丈夫なのですが、それでも心配だという人も少なくありません。
不安があれば、1年に1回程度の頻度で、心電図検査を含めた健康チェックを定期的に受けるとよいでしょう。

 

期外収縮と診断された当初は何も異常がなくても、その後、病気が見つかって危険度が増したときにも早く対処できます。

 

期外収縮で薬を使うのはどんなときですか?

心機能が低下していて期外収縮が心臓に負担をかけている場合や、より危険なほかの不整脈が起こるきっかけになっている場合は治療が必要です。また、動悸などの症状によって日常生活に支障をきたしているときも治療します。

 

薬物療法では主に「β遮断薬」「ナトリウムチャネル遮断薬」などの「抗不整脈薬」が用いられます。ただし、抗不整脈薬は副作用でかえって不整脈を招くこともあるため、必要性は慎重に検討します。不安が強いことが症状を悪化させているような場合は、抗不安薬などを用いることもあります。

 

症状が非常に強くて薬物療法で改善しないときや、危険な不整脈を引き起こしているようなときは、「カテーテルアブレーション」が行われることもあります。

 

危険な不整脈を起こすかどうかはどうやって見分けるの?

心電図の波形によって、ある程度判断できます。期外収縮が起こった回数よりも、連発する、形が異なる波形が出る、危険な不整脈のきっかけになりやすいタイミングで出るなどのほうが要注意です。

 

また、心臓の病気があって、心筋や弁、冠動脈などの機能が低下したことによる症状として、期外収縮が起こることがあります。こういう人は、より危険なタイプの不整脈が起こる危険性も高いといえます。

 

スポンサーリンク

関連ページ

不整脈を知る前に心臓の働きを知りましょう
不整脈とはどんな症状の病気なのでしょうか
不整脈の原因と怖いのはどんなところなの?
不整脈の診断にはまずは問診から始まります
不整脈には心電図検査が診断を行う上でかかせません
不整脈の心電図検査からはこんなことがわかります
不整脈には心電図のほかにも様々な検査が行われます
頻脈性不整脈とは脈が速くなっている状態です
徐脈性不整脈とは拍動のリズムが遅くなっている状態です
不整脈で薬物治療を行うときとはどのような場合でしょうか
抗不整脈薬は不整脈発作を予防して症状を改善する薬です
不整脈治療で使用する抗凝固薬は脳梗塞を予防します
不整脈の薬物治療以外にはどんな治療があるのですか
不整脈の治療のカテーテルアブレーションとはどんな治療ですか
ペースメーカーは序脈性不整脈の治療の中心です
不整脈治療で用いる植込み型除細動器とはどんな器具ですか
不整脈のタイプ別の治療方法
不整脈の症状である心室細動の治療はどのようにしてするのでしょうか
心室不整脈の治療はどのようなものがあるのでしょう
不整脈のある人の生活
不整脈治療で機器を植え込んだ人の日常生活の注意点
心肺蘇生法とAEDの使い方