スポンサーリンク

甲状腺の病気になったら毎日の食事にも気を使いましょう

バセドウ病の場合の食事

バセドウ病の場合、糖尿病などを合併していない限り、特別な食事療法は必要ありません。注意しなければならないのは、食事の量(エネルギー摂取)と消費カロリーのバランスです。

 

バセドウ病になると、食欲が高まり、食事の量がふえます。しかし、食べても食べても太らないで、むしろやせてくるのがバセドウ病の特徴です。

 

バセドウ病では、基礎代謝が高まり、体温も高くなっています。食事でとったエネルギーが、体内で使われずに、熱や汗となって発散されてしまうために太らないのです。

 

しかし、治療をして甲状腺機能が正常になると、基礎代謝も落ち着いてきて、激しいエネルギー消費はおさまります。

 

ところが、食欲は以前と同じく旺盛なままなので、欲求のままに食べっづけると必ず太ります。消費されないエネルギーが、脂肪となってたまっていくのです。

 

特に、若い女性の患者さんに過食による肥満傾向があり、中には10s以上太る人もいます。一方、男性やお年寄りの患者さんには、肥満はほとんど見られません。

 

バセドウ病はやせる病気ですが、治療をはじめるようになると、エネルギー消費が変わります。それを意識した食事の管理を心がけることが大切です。

 

 

食事は時間を決めてバランスよく食べる

食事は朝昼夕、規則正しく

バセドウ病の人はおなかがすくため、たえず何かを食べている状態になりがちです。手近なファストフードやお菓子で空腹をまぎらわすこともあります。まず、こういった食べ方をあらためましょう。

 

食事は3食、決まった時間に食べるようにします。そうすれば食事の管理ができますので、食べすぎを防げます。生活のリズムもととのってきます。

 

カロリーは抑えぎみに

太ってきたからといって、極端なダイエットは必要ありません。バセドウ病の場合、治療をはじめると体重がふえますが、2〜3年たつと、ほとんどの人は病気になる前の体重に落ち着くといわれます。

 

肥満を改善するためには、1日の摂取カロリーを1200〜1600キロカロリー以内に抑え、甘いものは控える、といった工夫をしましょう。

 

栄養バランスが大切

カロリーは抑えても、栄養不足にはならないように。主食の穀物はもちろん、おかずも多様な食品をバランスよく食べましょう。バセドウ病は筋肉が弱りますから、肉や魚などのたんぱく質は欠かせません。野菜
などからビタミンを、乳製品などからカルシウムをとることも大切です。

 

お酒や刺激物は避ける

とうがらしなどの刺激物は代謝を高めますので、甲状腺機能が亢進しているときは避けるようにします。
また、お酒も心臓や肝臓に負担をかけるため、機能が亢進しているときは注意が必要です。機能が正常になっても、適量(日本酒で1合程度)にして、過剰な摂取は避けます。

 

ヨウ素食品は適量を

バセドウ病の場合、治療ガイドラインでは、ヨウ素の制限は特に必要ないとしています。それでも、ヨウ素は少なめのほうが治療経過は良好なようです。過剰にはとらないほうがよいでしょう。

 

 

橋本病の場合の食事

ヨウ素を含む食品は、とりすぎないようにする

ヨウ素(ヨード)は甲状腺ホルモンの材料になる微量栄養素で、食べ物や飲み物から摂取します。不足しても過剰になっても甲状腺機能に影響しますが、橋本病の場合は、とりすぎに注意が必要です。

 

橋本病で、甲状腺機能低下症があらわれていない人(あるいは潜在性の人)が、大量にヨウ素をとると機能低下症になる可能性があります。

 

ヨウ素の推奨摂取量は、1日0.15mgですが、四方を海で囲まれて海藻をよく食べる日本人の1日あたりの平均摂取量は1〜3mgです。ふつうの食事をしていても、すでに十分量のヨウ素摂取です。

 

ヨウ素不足になる心配はないので通常の食事からヨウ素を含む食品をあまりとりすぎないようにしましょう。

 

特に、問題となるのが昆布です。海藻類の中でも、昆布は、圧倒的に多くのヨウ素を含みます。昆布さえ食べなければ、かなりのヨウ素制限ができます。

 

海藻類が欲しいときは、かわりに、比較的ヨウ素が少ない、わかめ、ひじき、海苔などを食べるとよいでしょう。

 

また、うがい薬のイソジンガーグルなどもヨウ素が多いので、大量にひんぱんに使うのは避けましょう。なお、すでに甲状腺ホルモン剤を服用していて機能が正常になっている人は、ヨウ素制限の必要はありません。海藻類も、ほかの食品といっしょにバランスよく食べるようにしましょう。

 

カロリーは抑えぎみに便秘には食物繊維を

橋本病の人の食事でもう一つ大切なのが、太りすぎへの対処です。甲状腺ホルモンが不足してくると、体がむくみ、活力がなくなり、体を動かすのもおっくうになります。代謝力も落ちて、あまり食べないのに太りやすくなります。

 

1日1600キロカロリー以下に

バセドウ病の食事でも述べましたが、太りすぎへの対処は、食事のカロリーを抑えぎみにすることがポイントです。1日1200〜1600キロカロリーを目安にしましょう。
穀物、肉・魚・卵、野菜、乳製品など、さまざまな食べ物からバランスよく栄養をとるようにします。

 

食物繊維も大切

橋本病では、腸の活動も弱くなっているので、便秘ぎみになります。食物繊維が豊富な食品をとったり、適度な運動をして、腸をととのえるようにしましょう。

 

なお、野菜や豆類は食物繊維が豊富な食品ですが、アブラナ科の野菜(キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、かぶ、芽キャベツなど)や大豆製品(納豆など)には、ゴイトロゲンという抗甲状腺物質が含まれ
ています。甲状腺ホルモンの分泌をさまたげる物質ですが、大量に食べなければさしつかえありません。

スポンサーリンク

関連ページ

甲状腺の病気を理解しましょう
甲状腺とはどんな臓器か知っていますか?
甲状腺ホルモンは過剰と不足では全く正反対の症状が出ます
甲状腺の病気には3つのタイプがあります
甲状腺の病気の原因とは何でしょうか
甲状腺の病気を早く見つけるポイントはどこですか
甲状腺の病気の治療にはまず信頼できる医師を見つけることです
甲状腺の病気を見つける検査にはどのようなものがあるのでしょうどのようなものがあるのでしょうか
バセドウ病とは
バセドウ病では首の腫れや目の症状が特徴的です
バセドウ病は機能亢進により全身に症状がでます
バセドウ病の診察と検査ではどんなことを調べますか
バセドウ病は3つの治療法から自分にあったものを選びます
バセドウ病の治療は抗甲状腺薬で開始するのが90%以上です
橋本病の診察と検査ではこのようなことを調べます
バセドウ病のアイソトープ治療は効果は確実で副作用もない安全な方法です
バセドウ病の手術による治療には全摘と亜全摘があります
バセドウ病眼症の治療はこのように行われます
バセドウ病でもきちんと治療を受けていれば妊娠と出産は十分に可能です
橋本病とは
橋本病は機能低下が現れないと症状があらわれません
橋本病は機能低下が無ければ治療の必要はありません
橋本病の治療は不足しているホルモンを薬で補います
橋本病の患者さんの妊娠と出産について
橋本病以外の機能低下症の治療はどのようにするのですか
甲状腺腫瘍の腫瘍には良性と悪性の2種類があります
甲状腺腫瘍が良性の場合は治療しないで経過をみることもあります
甲状腺がん(悪性腫瘍)には6つのタイプがあります
バセドウ病や橋本病以外の甲状腺の病期はどのようなものがあるのでしょうか
子供は甲状腺の病気になることは少ないですが影響は大人よりも深刻です
甲状腺の病気の日常生活の注意点