スポンサーリンク

甲状腺の病気の悪化を防ぎ回復へと向かうように日常生活から注意しましょう

タバコはもっとも害が多く治療にもマイナスですので禁煙を心掛けましょう

タバコやアルコールなどの嗜好品は、病気で不安になっている気分を一時的にやわらげる作用があります。

 

しかし、甲状腺の病気にとって、特にタバコは有害です。タバコの煙に含まれるチオシアネートという化学物質が、甲状腺機能に悪影響をおよぽすことはよく知られています。喫煙は、甲状腺疾患へのリスクを高めるだけでなく、治療にもマイナスとなります。

 

タバコを吸った時の甲状腺の病気のリスク

甲状腺が肥大しやすい

喫煙者は、喫煙をしない人とくらべ、甲状腺のサイズが大きくなりやすいことがわかっています。また、喫煙する母親から生まれた赤ちゃんの甲状腺は、喫煙しない母親から生まれた赤ちゃんの甲状腺より大きいという報告もあります。

 

バセドウ病が発病しやすい

喫煙者は非喫煙者とくらべ、2〜3倍バセドウ病になるリスクが高くなります。チオシアネートのような化学物質が、異常な免疫反応を引き起こし、バセドウ病の発病につながると考えられています。

 

バセドウ病が治りにくい

喫煙は、バセドウ病の予後を悪くする危険因子となります。喫煙者は寛解率が低く、また、寛解しても再発しやすい傾向があります。

 

抗甲状腺薬の効果が弱まる

喫煙していると、抗甲状腺薬の効き方が弱くなります。

 

バセドウ病眼症を発症させる喫煙者は、眼球突出があらわれやすく、タバコを吸う本数が多いほど、ほかの眼症も多くなります。また、アイソトープ治療後に、バセドウ病眼症が忠化する傾向があります。

 

バセドウ病眼症の治療効果が低い

喫煙していると、バセドウ病眼症のステロイド治療や放射線照射治療の効果があらわれにくくなります。

 

機能低下症を発症しやすい

チオシアネートがヨウ素の取り込みをさまたげ、甲状腺ホルモンの合成を抑制するため、甲状腺機能低下症が起こりやすくなります。

 

 

禁煙は重要だが、あせらずに周囲の協力も大切

タバコが甲状腺の病気にとって有害であることは、はっきりしています。患者さんは、ぜひ禁煙するように心がけてください。

 

ただし、タバコの二コチンには抗不安作用があるため、急にやめると不安感が高まることがあります。また、欲求を無理に抑えることは、ストレスになります。ストレスは、甲状腺の病気にはマイナスなので、あせらずに取り組むことが大切です。

 

禁煙グッズには要注意

二コチンパッチや二コチンガムに含まれる二コチンは、副交感神経を刺激する作用があり、バセドウ病の症状を悪化させる可能性があります。禁煙グッズを使用する際は、事前に医師に相談してください。

 

禁煙外来に通う方法も

このところ、禁煙を指導する「禁煙外来」を設ける医療機関がふえています。保険適用になる場合もありますが、適用条件がありますので、あらかじめ相談してください。

 

受動喫煙もリスクになる

自分では喫煙しなくても、他人が吸っているタバコの煙を吸えば(受動喫煙)、それもリスクになります。家族など周囲に喫煙する人がいる場合は、病気について説明し、協力をお願いしましょう。

 

 

ストレスはうまく解消しましょう

精神的ストレスは、病気の発症や悪化をまねきます

精神的なストレスは、さまざまな病気の引き金になりますが、甲状腺の病気にとっても危険因子となります。

 

特に、バセドウ病の発病には、ストレスが関係することがよく知られています。ストレスが免疫系に影響し、自己免疫を引き起こすためと考えられています。

 

たとえば、家族との死別、離婚、失業といった人生のつらい出来事は、バセドウ病発病のきっかけになります。また、人間関係のトラブルや、心配事、悩みなど、日常的なストレスがきっかけになることもあります。

 

さらに、バセドウ病になることで気分が落ち込んだり、不安感でイライラして、それがストレスとなって病気を悪化させる、といった悪循環をまねくこともあります。

 

一方、同じような出来事があっても、それが大きなストレスにならない人もいます。物事を客観的・合理的に判断できる、喜怒哀楽を素直に表現できる、といったタイプで、そういう人は病気の経過もよいようです。

 

しかし、そうはいっても、ストレスへの対処は、健康な人でもむずかしい面があります。社会生活を営んでいく以上、ストレスはつきものだからです。ぜひ、次のようなことをストレス解消のヒントにしてみてください。

 

気づいたり、理解することもストレスヘの対処になる

自分のストレスに気づく

自分にストレスがあることに気づかない人がいます。少しのことでも不安を感じる、気持ちを   で表現するのが苦手、といったタイプに多いようです。

 

いずれにしても、気がつかないままどんどんストレスをため込んでしまうと、病気の経過にも悪い影響をあたえます。

 

まず、自分にストレスがないか、客観的に見つめてみましょう。その上で、周囲の人の理解を得ましょう。自分はいま病気の療養中で、何にストレスに感じているか、などをまわりの大に伝え、仕事や家庭の環境を改善していくのです。

 

また、まわりに気をつかいすぎて、あまりがまんしすぎないようにしましょう。相手に配慮することは必要ですが、病気のためには、適度な自己主張も大切です。

 

病気や治療について理解する

病気になること自体がストレスとなりますが、そこから抜け出す手助けになるのが、正しい知識や情報です。自分の病気や治療についてわからないことがあったら、何でも医師やスタッフに聞きましょう。本やイ
ンターネットで調べるのもよいで

 

理解が深まると、病気とのつきあい方もわかってきます。イライラ、クヨクヨするのは、かえってよくないと思えるようになるでしょう。

 

自分なりの解消法を見つける

ストレスに強い人は、大体自分なりの解消法を持っています。たとえば、睡眠や食事など1日の生活リズムをととのえたり、散歩や掃除をして体を動かすことは、心身のバランスをとるよい方法です。

 

また、「自律訓練法」のような腹式呼吸も、リラックス法として適しています。ストレスを感じたとき腹式呼吸をすると、気持ちがほぐれてきます。リラックスの脳波であるα波がふえる、心が安定する、血圧が上昇するのを抑える、脳が活性化する、などさまざまな効果があるといわれます。

 

 

規則正しい生活リズムをつくりましょう

不規則な睡眠や食事が生活リズムを乱す

甲状腺の病気は、体だけでなく精神や行動面にも影響し、生活のリズムが乱れる場合があります。

 

バセドウ病の人の「昼夜逆転」

バセドウ病の人は、過剰な甲状腺ホルモンで興奮状態になり、動きまわる傾向があります。ただし、日中は活動性が低下するので、行動は主に夜です。そのため、寝つきが悪く、睡眠障害が起こることもあります。

 

逆に、朝はボーッとして起き上がれない、昼寝をするなど「昼夜逆転」の悪循環におちいり、修復がむずかしくなることもあります。

 

橋本病は「夜も昼も眠たがる」

橋本病では、甲状腺機能が低下してくると、だるくて何もする気になれず、うつ状態になることがあります。眠たがりの症状が起こると、いつも眠くて、昼間もうつらうつらと過ごし、いまが夜なのか昼なのかわからないような生活になりがちです。

 

生活リズムがととのうと病気にもよい影響が

私たちの体には体内時計がそなわわっています。1日24時間のリズムで、食事、睡眠、運動などの営みをコントロールしています。

 

体内時計は、不規則な生活をしていると、どんどん乱れてきます。体内時計は自律神経やホルモン分泌もコントロールしているため、これが乱れると、自律神経やホルモンの働きも乱れてきます。

 

甲状腺の病気の人にとって、毎日のリズムをととのえ、「規則正しい生活」をすることは、療養生活のポイントともいえる大切なことです。

 

「体内時計のリズム」をととのえる3つの工夫

朝は早起きして。日光を浴びる

睡眠を規則正しくとると、体内時計のリズムもととのってきます。特に昼夜逆転の生活を変えるには、早く寝る以上に、早起きが大切です。決まった時間に起き、すぐに窓を開けて太陽の光を浴びます。光は目から脳へ届き、体内時計をリセットして、1日のリズムがはじまります。

 

夜は12時前に床につく

眠りにつくのは、少なくとも12時前に。夜は、リラックス効果があるメラトニンというホルモンが分泌され、睡眠を促します。メラトニンには、血流に乗って「時間の情報」を運ぶ役割もあります。

 

食事は3食規則正しく

体内時計には2種類あり、「主時計」は脳に、「末梢時計」は全身の細胞にあります。主時計は、朝の光でリセットされますが、末梢時計は食事(血糖値の上昇)でリセットされますので、3度の食事を規則正しくとることで、体内時計のリズムもととのいます。

 

中でも、朝食が重要です。主時計が朝の日光でリセットされても、朝食を抜くと末梢時計がリセットされず、2種類の時計がバラバラに慟いてリズムが乱れます。1日のスタートには、太陽の光と朝食の両方が必要なのです。

 

甲状腺の機能が正常になったら運動も可能です

機能が亢進しているときは激しい運動を控える

甲状腺機能が亢進しているときは、バセドウ病の人はとても運動などできる状態ではありません。

 

休んでいても心臓はドキドキして、脈拍は1分間に100〜120にも上がり、まるで全身が運動しているような状態です。筋力も弱くなり、手足のふるえや関節のこわばりが起こることもあります。

 

このようなときは、体に過大な負担をかける運動は控え、むしろ体を休めるようにします。

 

ただし、安静にするといっても、日常の家事などは、無理のない範囲でつづけてかまいません。ライフスタイルを大きく変えては、安心して療養に取り組むことができないからです。

 

なお、制限の程度は、人によってまたそのときの状態によっても違ってきますので、医師に相談してください。

 

運動再開は、治療がはじまって3〜4カ月後を目安に

運動は、甲状腺機能が正常になれば再開できますが、時期はいつごろになるのか、抗甲状腺薬で治療をする場合で見てみましょう。

 

抗甲状腺薬を飲みはじめると、大体2〜3カ月で機能は正常になります。この時期になると、日常生活には支障がなくなりますが、バセドウ病が治ったわけではないので、まだ激しい運動はできません。

 

バセドウ病になると、筋力が弱り、運動能力も落ちていますので、軽い運動から徐々にはじめて体を慣らしていくことが大切です。

 

さらに1〜2カ月して、甲状腺   が正常な状態に  祁持できていて、体力が瓜りてきたら、木格的に運助  問できます。個人差はありますが、ここまで来るのに3〜4カ月を一つの目安にするとよいでしょう。

 

注意点

発病前と同じ動きは、すぐにはできません。あせらずじっくりリハビリなどに取り組みながら、運動能力を取り戻しましょう。
スキーやテニスなどの激しい運動をいきなり行うと、足腰を痛めることがありますので注意が必要です。

 

 

甲状腺の病気の療養生活の基本は服薬と通院です

甲状腺の病気は、手術の場合などを除くと、基本的には自宅での療養生活が中心になります。適切な治療をつづけていれば、支障なく暮らしていけます。その療養生活を支えるのが、毎日の服薬と、定期的な通院です。

 

服薬は医師の指示通りに自己判断で中止しない

バセドウ病の治療薬・抗甲状腺薬は、人によって差がありますが、数年から10年以上飲みつづける必要があります。また、橋本病の甲状腺ホルモン剤は、一生飲みつづけるケースも少なくありません。

 

いずれにしても、薬は毎日を元気に過ごすために欠かせないものです。きちんと飲みつづけられるよう習慣づけてください。

 

飲み忘れない

抗甲状腺薬も、甲状腺ホルモン剤も1日1回の服用です。朝飲み忘れたら、その日のうちに飲めばだいじょうぶです。その日のうちに飲めなかったら、次の日からまた、決められた量を飲みます。忘れた分をま
とめて飲むのはやめましょう。

 

飲む量は指示通りに

効かないからといって、一度にたくさんの量を飲むのは厳禁です。

 

自己判断でやめない

症状がないからと自己判断して、飲むのをやめてしまうのはもっともよくありません。たとえば甲状腺ホルモン剤は、よく効く上に、服用後1〜2週間は体内にとどまって効果が持続します。これを治ったとかん違いする人がいます。やめてしまうともとの状態に戻り、さらに症状が悪化してしまう場合もあります。薬の減量や中止は、必ず医師と相談してください。

 

気になる症状は医師に相談を

薬を飲んでいて気になる症状があらわれたら、必ず医師に相談してください。特に、次のような症状は緊急を要します。

  • 突然、高熱が出る
  • 水を飲めないほど、のどか痛む
  • 尿の色が濃くなる(血尿や、たん ぱく尿)
  • ひじ、ひざの関節が痛む

 

このような症状があらわれたら、定期的な通院はまだ先でも、ただちに医師を受診してください。

 

治療中も、治療後も定期的に通院して検査

甲状腺の病気は、薬を飲んでいる間はもちろん、薬を飲まなくてよくなっても、定期的に血液検査をする必要があります。
治療中は通院しても、薬をやめてからは病院から足が遠のきがちです。
病気の種類や回復度にもよりますが、6カ月〜1年に1度は検査を受けるようにしてください。

 

定期的な検査のメリット

病気の再発をいち早く見つけ、重症にならないうちに治療することができます。
抗甲状腺薬をやめて数年たつと、機能低下症があらわれる場合があります。定期的にチェックしていれば早めに見つけることができます。

スポンサーリンク

関連ページ

甲状腺の病気を理解しましょう
甲状腺とはどんな臓器か知っていますか?
甲状腺ホルモンは過剰と不足では全く正反対の症状が出ます
甲状腺の病気には3つのタイプがあります
甲状腺の病気の原因とは何でしょうか
甲状腺の病気を早く見つけるポイントはどこですか
甲状腺の病気の治療にはまず信頼できる医師を見つけることです
甲状腺の病気を見つける検査にはどのようなものがあるのでしょうどのようなものがあるのでしょうか
バセドウ病とは
バセドウ病では首の腫れや目の症状が特徴的です
バセドウ病は機能亢進により全身に症状がでます
バセドウ病の診察と検査ではどんなことを調べますか
バセドウ病は3つの治療法から自分にあったものを選びます
バセドウ病の治療は抗甲状腺薬で開始するのが90%以上です
橋本病の診察と検査ではこのようなことを調べます
バセドウ病のアイソトープ治療は効果は確実で副作用もない安全な方法です
バセドウ病の手術による治療には全摘と亜全摘があります
バセドウ病眼症の治療はこのように行われます
バセドウ病でもきちんと治療を受けていれば妊娠と出産は十分に可能です
橋本病とは
橋本病は機能低下が現れないと症状があらわれません
橋本病は機能低下が無ければ治療の必要はありません
橋本病の治療は不足しているホルモンを薬で補います
橋本病の患者さんの妊娠と出産について
橋本病以外の機能低下症の治療はどのようにするのですか
甲状腺腫瘍の腫瘍には良性と悪性の2種類があります
甲状腺腫瘍が良性の場合は治療しないで経過をみることもあります
甲状腺がん(悪性腫瘍)には6つのタイプがあります
バセドウ病や橋本病以外の甲状腺の病期はどのようなものがあるのでしょうか
子供は甲状腺の病気になることは少ないですが影響は大人よりも深刻です
甲状腺の病気と日々の食事の工夫