スポンサーリンク

バセドウ病とはこのような病気です

甲状腺ホルモンがふえ甲状腺中毒症が起こります

血液中の甲状腺ホルモンが多すぎるためにあらわれる症状を「甲状腺中毒症」といいます。

 

甲状腺中毒症が起こるのは、甲状腺ホルモンの合成・分泌が過剰になる「甲状腺機能亢進症」の場合が多く、その代表的な病気がバセドウ病です。

 

よく、甲状腺機能亢進症とバセドウ病は同じ病気と考えられがちですが、この2つはイコールではありません。

 

甲状腺機能亢進症は「病態」をあらわす言葉で、バセドウ病は「病名」です。

 

甲状腺機能亢進症は、バセドウ病が原因となる場合が圧倒的に多く、特に日本人の場合、90%以上はバセドウ病といってよいほどです。

 

 

自己免疫による病気治療法は3通りあります

バセドウ病は、甲状腺ホルモンが過剰になる病気ですが、その原因となるのが自己免疫です。自分の甲状腺に対する自己抗体(TSH受容体抗体・TRAb)が甲状腺を刺激し甲状腺ホルモンをどんどんつくらせてしまうのです。

 

そこで、バセドウ病の治療は、過剰になった甲状腺ホルモンの量を調整することが中心になります。

 

治療法としては、@薬Aアイソトーブ(放射性ヨウ素)B手術、の3種類があり、日本では薬による治療が中心となっています。なお、バセドウ病の根本原因である免疫異常の治療法は、まだ開発されていません。

 

 

若い女性に多いが男性にも少なくないです

甲状腺の病気は全般的に女性に多く、バセドウ病も例外ではありません。ただし、ほかの甲状腺疾患とくらべると、男性でもなりやすいという特徴があります。

 

甲状腺の病気全体の男女比は、男性1に対して女性は5.4です。しかし、バセドウ病に限れば、男性1に対して女性は4となっています。

 

患者さんの年代は、20代と30代に多く、次いで40〜50代で、60代以降のお年よりにも見られます。一方、子どもには少なく、15歳以下の患者さんは、バセドウ病患者全体の3%ほどにすぎません。

 

スポンサーリンク

関連ページ

甲状腺の病気を理解しましょう
甲状腺とはどんな臓器か知っていますか?
甲状腺ホルモンは過剰と不足では全く正反対の症状が出ます
甲状腺の病気には3つのタイプがあります
甲状腺の病気の原因とは何でしょうか
甲状腺の病気を早く見つけるポイントはどこですか
甲状腺の病気の治療にはまず信頼できる医師を見つけることです
甲状腺の病気を見つける検査にはどのようなものがあるのでしょうどのようなものがあるのでしょうか
バセドウ病では首の腫れや目の症状が特徴的です
バセドウ病は機能亢進により全身に症状がでます
バセドウ病の診察と検査ではどんなことを調べますか
バセドウ病は3つの治療法から自分にあったものを選びます
バセドウ病の治療は抗甲状腺薬で開始するのが90%以上です
橋本病の診察と検査ではこのようなことを調べます
バセドウ病のアイソトープ治療は効果は確実で副作用もない安全な方法です
バセドウ病の手術による治療には全摘と亜全摘があります
バセドウ病眼症の治療はこのように行われます
バセドウ病でもきちんと治療を受けていれば妊娠と出産は十分に可能です
橋本病とは
橋本病は機能低下が現れないと症状があらわれません
橋本病は機能低下が無ければ治療の必要はありません
橋本病の治療は不足しているホルモンを薬で補います
橋本病の患者さんの妊娠と出産について
橋本病以外の機能低下症の治療はどのようにするのですか
甲状腺腫瘍の腫瘍には良性と悪性の2種類があります
甲状腺腫瘍が良性の場合は治療しないで経過をみることもあります
甲状腺がん(悪性腫瘍)には6つのタイプがあります
バセドウ病や橋本病以外の甲状腺の病期はどのようなものがあるのでしょうか
子供は甲状腺の病気になることは少ないですが影響は大人よりも深刻です
甲状腺の病気の日常生活の注意点
甲状腺の病気と日々の食事の工夫