スポンサーリンク

甲状腺の原因は主に自己免疫が原因となって起こります

「自己免疫」がバセドウ病や橋本病を引き起こします

甲状腺疾患の原因について、まだすべてが解明されているわけではないのですが、自己免疫や遺伝などとの関連がわかってきています。

 

免疫は、外から入ってくるウイルスや細菌などの外敵から自分の体を守るために、体内にそなわっているしくみです。ウイルスなどの外敵は「抗原」、これを攻撃して排除する物質を「抗体」といいます。

 

抗体は、血液や体液中にあるリンパ球によってつくられます。そしてこの抗体が、体内におかしなものがあると異物(自分のものではない非自己)かどうかを見きわめて、排除します。

 

ところが、自分の細胞や成分を異物とまちがえ、それに反応する抗体(自己抗体)をつくってしまうことがあります。このような「自己抗体」によって起こる病気が自己免疫疾患で、バセドウ病や橋本病は代表的な自己免疫疾患です。

 

 

TSH受容体が自己抗体によって刺激されるバセドウ病

甲状腺の表面には、下垂体からのTSH(甲状腺刺激ホルモン)をキャッチする受容体があります。この受容体に対する自己抗体(TSH受容体抗体・TRAb)ができてしまうのがバセドウ病です。

 

TRAbはTSHにかわって甲状腺を刺激しつづけますので、甲状腺ホルモンがどんどんつくられてしまいます。甲状腺ホルモンが多くなると、TSHはほとんど分泌されなくなり、脳からのコントロールがきかない状態になります。

 

調節機能がなくなるため、甲状腺のホルモン分泌は歯止めがきかず、ホルモンはますます過剰になっていくわけです。

 

自己抗体が炎症を起こす橋本病

橋本病は、甲状腺に慢性の炎症が起こって、甲状腺がはれてかたくなっていく病気です。

 

この炎症を起こすのが、リンパ球です。リンパ球によって攻撃された甲状腺は、細胞が徐々に傷つき、壊れて、ホルモンをつくれなくなっていきます。

 

ただし橋本病では、甲状腺機能低下症になるのは4〜5人に1人で、残りの人の甲状腺機能は正常に保たれます。

 

 

なりやすい体質の「遺伝」と免疫系に影響する「環境」

自己免疫疾患には、遺伝とのかかわりも考えられます。バセドウ病や橋本病になりやすい体質を受け継ぐことがあるのです。

 

ただし、なりやすい体質を持っていたとしても、必ず発病するとは限りません。

 

同じく遺伝性のある糖尿病や高血圧とくらべても、甲状腺の病気の発病率は低いのです。

 

甲状腺の病気の原因となる遺伝子は、いくつもあるといわれますが、これに加えて、環境や年齢など、複数のリスク因子もかかわりを持ちます。

 

たとえばバセドウ病では、遺伝的な素質があり、そこヘウイルス感染やアレルギー(花粉症など)、ストレス、喫煙などの環境的な因子が加わると、免疫系が異常に働いて自己抗体がつくられ、発病すると考えられています。

 

 

検査項目となる自己抗体

バセドウ病も橋本病も、自己免疫の病気ですので、診断のためには血液中の自己抗体の検査が必須です。バセドウ病で調べるのは、TSH受容体抗体(TRAb)。橋本病で調べるのは、抗サイログロブリン抗体(TgAb)と抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPOAb)の2つです。

 

心配な人は機能検査を

家族に甲状腺疾患の人がいても、遺伝に対して過度に心配する必要はありません。ただし、自分の体調には気を配るようにして、疑わしい症状があったら、甲状腺の機能検査を早めに受けるようにしてください。できれば15〜16歳くらいで一度検査を受けておくと安心でしょう。

スポンサーリンク

関連ページ

甲状腺の病気を理解しましょう
甲状腺とはどんな臓器か知っていますか?
甲状腺ホルモンは過剰と不足では全く正反対の症状が出ます
甲状腺の病気には3つのタイプがあります
甲状腺の病気を早く見つけるポイントはどこですか
甲状腺の病気の治療にはまず信頼できる医師を見つけることです
甲状腺の病気を見つける検査にはどのようなものがあるのでしょうどのようなものがあるのでしょうか
バセドウ病とは
バセドウ病では首の腫れや目の症状が特徴的です
バセドウ病は機能亢進により全身に症状がでます
バセドウ病の診察と検査ではどんなことを調べますか
バセドウ病は3つの治療法から自分にあったものを選びます
バセドウ病の治療は抗甲状腺薬で開始するのが90%以上です
橋本病の診察と検査ではこのようなことを調べます
バセドウ病のアイソトープ治療は効果は確実で副作用もない安全な方法です
バセドウ病の手術による治療には全摘と亜全摘があります
バセドウ病眼症の治療はこのように行われます
バセドウ病でもきちんと治療を受けていれば妊娠と出産は十分に可能です
橋本病とは
橋本病は機能低下が現れないと症状があらわれません
橋本病は機能低下が無ければ治療の必要はありません
橋本病の治療は不足しているホルモンを薬で補います
橋本病の患者さんの妊娠と出産について
橋本病以外の機能低下症の治療はどのようにするのですか
甲状腺腫瘍の腫瘍には良性と悪性の2種類があります
甲状腺腫瘍が良性の場合は治療しないで経過をみることもあります
甲状腺がん(悪性腫瘍)には6つのタイプがあります
バセドウ病や橋本病以外の甲状腺の病期はどのようなものがあるのでしょうか
子供は甲状腺の病気になることは少ないですが影響は大人よりも深刻です
甲状腺の病気の日常生活の注意点
甲状腺の病気と日々の食事の工夫