スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎の原因にはまさつや汚れなどの刺激、体調、ストレスも影響します

ここまでてアトピー性皮膚炎を起こす要因には、アレルギー的側面と皮膚そのものがかかわる非アレルギー的側面があることはおわかりいただけたことでしょう。

 

アトピー性皮膚炎を起こす要因としては、非アレルギー的側面も考えなけれはなりません。アレルゲンだけを避けても、皮膚に起こる症状を防いだり改善することはできません。

 

どんなに効きめの高い薬をつけて症状を抑えても、それは一時的なことで、次の皮膚炎の発症を抑えることにはなりません。敏感な皮膚を炎症から守るには、非アレルギー的な面でのさまさまな刺激も避ける必要かあります。

 

 

汗、石けんかす、シャンプー、リンスも大人アトピーの誘因になります

皮膚を刺激するものとして、ますあけられるのは、汗や涙そして、さまざまな汚れです。こうしたものが長い間皮膚についたままになっていると、それだけで敏感な肌はかぶれ(接触皮膚炎)を起こすことがあります。

 

汗や汚れを落とす石けんには、いろいろな成分が含まれています。このため、皮膚をきれいにする石けんが、皮膚を刺激する可能性かあることも頭に入れておきましょう。

 

石けんを使っている間も刺激になりますが、さらに、すすきが十分でないと、皮膚や衣類に石けん分か残り、いつまても皮膚を刺激します。石けんは、皮膚の表面の皮脂を取り去るという面でも気をつけなけれはなりません。

 

 

ヘアシャンプーやリンス、化粧品や香水も刺激の強い成分が入っているものが多いのです。とくにリンスはすすぎが十分でないと、髪の毛か皮膚に触れるたびに刺激となり、汗ばんでくると、汗といっしょに皮膚を刺激します。

 

チクチクする衣類や顔に触れる髪の毛、きついベルトや靴下、帽子なども刺激になりやすいものです。

 

 

さらに、暖かすぎる環境や極端な寒暖差、強い紫外線もアトピーの皮膚にダメージを与えることが少なくありません。乾燥ぎみの皮膚には、乾燥した空気も皮膚の乾きを助長します。熱い湯や消毒綿などにし
み込ませたエタノールも皮膚をカサつかせます。

 

表面のバリア機構か弱くなっている皮膚ては、まさつは最大の物理的刺激です。かゆいとつい皮膚をさすったり、かいたりするなど、かゆみに代わる刺激で気持ちを紛らわそうとしがちです。

 

しかし、こすったりかいたり、まさつを与えれば、皮膚のバリア機構はさらに壊されて皮膚炎を悪化させます。アトピー性皮膚炎の人のなかには、掻くことがくせになっていて、それほどかゆくなくても、顔や肩のあたりに手かふれている人が少なくありません。ひっかいて傷を作ると、細菌感染などを起こしやすくなります。また、カサブタを作っては掻きこわしていると、それだけで皮膚はかたく厚くなります。

 

化粧落とし、薬もゴシゴシこすって塗ると皮膚をいためます

化粧品がよくないわけは、化粧品の刺激もさることなから、化粧品を落とすときに皮膚をゴシゴシとこすらなければならないことが大きく関係しています。顔のマッサージなども皮膚にはとっては、まさつをくり返しているのと同じなのです。化粧品の成分か化学的刺激とすれは、化粧落としの作業は物理的な刺激といえます。

 

気をつけなければならないのは、炎症を抑えるための治療薬によっても、塗り方しだいでは皮膚炎か起こりうることです。薬をゴシゴシすり込む作業は、皮膚をこすっているのと同じです。薬をしっかり塗っているのに、よくならない人のなかには、薬をゴシゴシとすり込んでいる人がずいぶんいます。

 

顔やからだを洗うときもブラシやタオルでゴシゴシ洗っていたのでは、敏感な皮膚をいためることになります。水けを拭き取るときもゴシゴシとバスタオルてこするのは物理的刺激になるのでよくありません。

 

 

化学物質、大気汚染物質も誘因になります

アレルギー反応を引き起こす要因として、煤煙や排気ガスなどに含まれる大気汚染物質やさまざまな化学物質、たばこの煙などもひと役買っています。シックハウス症侯群など、化学物質過敏症を起こすことがある住居用塗料のトルエンやホルムアルデヒド、繊維や布に施される加工薬品なども、アレルギー反応の誘因になっている可能性かあります。

 

こうしてみると、現代社会では、環境自体がアトピー性皮膚炎の誘因になっているともいえます。誘因から完璧に防御しようとして悲観するよりも折り合いをつけなから、症状を治していくことが必要でしょう。実際に、そうしてよくなっている人はたくさんおられます。

 

アトピー素因をもつ人では、少しのきっかけで自律神経系のバランスが乱れることも少なくありません。風邪などで体調をくすしたり、過労や睡眠不足が続くと、一般の人でも肌が荒れてお化粧ののりが悪くなりますが、アトピー性皮膚炎の人では、そうした影響がさらに濃厚にあらわれます。

 

とくに心理的なストレスは、免疫力を低下させアレルギー反応を誘発しやすいといわれます。実際、イライラしているときには、からだしゅうかかゆくなったり、ブツブツした湿疹が出やすいようです。自分ではストレスを感じていないと思っていても、プレッシャーが垂荷になっているときには、かゆくなりやすいようです。

 

また、かゆみを気にしはしめると、よけいにかゆみか増すということもしはしはあります。反面、心地よい緊張感かあるときには、かゆみも気にならないという人かずいぶんいます。

 

アトピー性皮膚炎を引き起こしたり悪化させる要囚は、数えきれないほど多く、そう考えただけでも気分がめいってしまうかもしれません。

 

しかし、ここて紹介したさまざまな要因が、すべて誰にでもあてはまるわけではありません。それどころか、上手にコントロールできれは、さまざまな刺激か剌激にならなくてすむことか多いのです。アトピー性皮膚炎の人は、そうでない人より少しだけ皮膚か敏感なだけて、それほど悲観する必要はないのてす。自分にとって何か刺激になるのか、どんな状況のときにアトピー性皮膚炎か悪化するのか、自分の傾向を客観的に把捉し、コントロールしていくことこそが大切です。

スポンサーリンク

関連ページ

大人のアトピー性皮膚炎の特徴は
アトピー性皮膚炎にはアレルギー反応の素因があっても必ずなるわけではありません
アトピー性皮膚炎の原因にもなるアレルギー反応を起こす物質は年々増えています
アトピー性皮膚炎では敏感な肌がトラブルの原因になっていることもあります
アトピー性皮膚炎を治すための考え方
アトピー性皮膚炎で気をつけなければならない合併症合併症とは?
アトピー性皮膚炎の診断と検査のいろいろ
アトピー性皮膚炎の治療は、薬、スキンケア、毎日の暮らし方が重要です
アトピー性皮膚炎の薬は状態によって目的別に使い分けます
アトピー性皮膚炎は皮膚を保護する薬でバリア機能を補います
アトピー性皮膚炎のステロイド剤の効果を活かす安心利用法
アトピー性皮膚炎の外用薬は塗り方を誤ると悪化することもあるのは知っていますか?
アトピー性皮膚炎の治療方法にはいろいろな方法があります
アトピー性皮膚炎は症状がおさまっているときのスキンケア方法が大切です
アトピー性皮膚炎のスキンケアのポイントは保湿が重要です
アトピー性皮膚炎の人の石鹸と洗顔フォームの選び方と使い方
アトピー性皮膚炎の方必見!入浴療法で滑らかな皮膚を取り戻す方法
アトピー性皮膚炎の人の頭皮を傷めないシャンプーの仕方とヘアスタイル
アトピー性皮膚炎で髭剃りや化粧品を使うときに気を付けたいこと
アトピー性皮膚炎でかゆみが我慢出来なくなった時の対処方法
アトピー性皮膚炎の人の花粉症対策はこのようにしましょう
アトピー性皮膚炎の人は衣類や選択の仕方にも注意しましょう
アトピー性皮膚炎のアレルゲンを寄せ付けない暮らし方とは
アトピー性皮膚炎でも手荒れをしない掃除の仕方はこれ!
アトピー性皮膚炎の食事でもっとも気を付けることを知っていますか?
アトピー性皮膚炎とスポーツやレジャー・リラクゼーション
アトピー性皮膚炎と女性ならではの問題とはどのようなものがあるのでしょうか
アトピー性皮膚炎の原因にはストレスが大きく関わっています