スポンサーリンク

身の周りに大人アトピーの原因でもあるアレルギー反応を起こす物質が増えています

暖房完備、気密性の高い環境でダニなどが繁殖しやすくなります

アトピー性皮膚炎を起こすアレルゲンには、大きく分けて「環境アレルゲン」と「食物アレルゲン」があります。

 

環境アレルゲンで多いのは、コナヒョウヒダニやヤケヒョウヒダニといったごく小さなダニです。これらは、どこの家にも必すといっていいほどいます。人間や動物のフケやアカ、自分のフンなどをえさにして増えていきます。
アトピー性皮膚炎では、フンや死骸のかけらが皮膚にくっつき、毛穴や表皮細胞の小さなすきまから入り込んでアレルギー反応を起こすことか多いのではないかといわれています。皮膚の表面か荒れているほど、アレルゲンは侵入しやすく、炎症を悪化させやすいという悪循環になります。

 

ダニは高温多湿の環境で繁殖しやすいため、暖房完備、気密性の高いコンクリート性の建物は、ダニの絶好のすみかとなってしまいます。以前よりアトピー性皮膚炎が増えている背景にはそうした環境の変化も大きく影響していると考えられます。

 

 

ハウスダストはダニやカビの温床です

家庭内の物か増えたことも大きな要因です。ほこりはダニのすみかですし、枕やクッション、ソファ、ふかふかしたじゅうたん、ぬいくるみなとにも、ダニはひそんでいます。

 

カビ類や花粉もアレルギーを起こしやすい物質です。カビは通気性のよくない環境で繁殖しやすいですし、花粉は舗装道路の普及で行き場がなくなっていることなどもあって、以前よりもアレルゲンになりやすいといわれます。

 

ペットの毛やハウスダスト(家のはこり)には、こうしたアレルゲンが入りまじっています。 アトピー性皮膚炎の人のアレルギーチェックをすると、ダニやハウスダストに陽性を示す人の割合か非常に高くなっています。

 

大人の食物アレルギーは少ないです

食物アレルギーでは、日本人の場合、卵、大豆、牛乳が三人アレルゲンといわれています。蕎麦などの穀類もあげられています。

 

こちらも特定の食品を長く人量に食べていることが、アトピー性皮膚炎の発症と関係しているようです。実際に、米国ではオレンジや牛肉かおもなアレルゲンだそうです。

 

こうした食物アレルギーは、消化器が十分に発達していない乳幼児に多く見られ、成長につれて消化管の免疫機構か発達してくると少なくなります。子供のときに卵を食べられなかった人が、大人になって食べられるのはそのよい例てす。

 

ただし、なかにはそはアレルギーのように、そは粉の入ったものを少し食べただけで湿疹か出たり、ショック症状を起こす人もまれにはいますから、あなどれません。

 

しかし、一般的には、大人の食物アレルギーはまれで、とくに大人になってからアトピー性皮膚炎になった人は、食物アレルギーそのものが起こりにくいようてす。

 

アレルゲンは、ひとりでいくつももつことがあります

アレルゲンになる物質は人によって異なります。また、同し人かいくつもの物質に対して反応することもあります。

 

アレルゲンは、ときとともに変わることも少なくありません。スギ花粉によるアレルギーはその典型的な例です。つまり、幼いころには杉の木の下で遊んていても鼻炎も結膜炎も起こさなかった人か、長い間いろいろなアレルゲンにさらされて敏感になっていたところへ、スキ花粉と接する機会が増えていくと、ある年、突然スギ花粉症になってしまうのです。

 

なお、アレルゲンを突き止める特里佞E抗体検査で陽性反応を示すと、それで必すアトピー性皮膚炎を起こすかというと、そうとはかぎりません。

 

たとえは、体調かよいときなどは、何の反応も示さないことが多いことも知っておいてください。

 

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

大人のアトピー性皮膚炎の特徴は
アトピー性皮膚炎にはアレルギー反応の素因があっても必ずなるわけではありません
アトピー性皮膚炎では敏感な肌がトラブルの原因になっていることもあります
アトピー性皮膚炎の原因はアレルゲンによるものだけではありません
アトピー性皮膚炎を治すための考え方
アトピー性皮膚炎で気をつけなければならない合併症合併症とは?
アトピー性皮膚炎の診断と検査のいろいろ
アトピー性皮膚炎の治療は、薬、スキンケア、毎日の暮らし方が重要です
アトピー性皮膚炎の薬は状態によって目的別に使い分けます
アトピー性皮膚炎は皮膚を保護する薬でバリア機能を補います
アトピー性皮膚炎のステロイド剤の効果を活かす安心利用法
アトピー性皮膚炎の外用薬は塗り方を誤ると悪化することもあるのは知っていますか?
アトピー性皮膚炎の治療方法にはいろいろな方法があります
アトピー性皮膚炎は症状がおさまっているときのスキンケア方法が大切です
アトピー性皮膚炎のスキンケアのポイントは保湿が重要です
アトピー性皮膚炎の人の石鹸と洗顔フォームの選び方と使い方
アトピー性皮膚炎の方必見!入浴療法で滑らかな皮膚を取り戻す方法
アトピー性皮膚炎の人の頭皮を傷めないシャンプーの仕方とヘアスタイル
アトピー性皮膚炎で髭剃りや化粧品を使うときに気を付けたいこと
アトピー性皮膚炎でかゆみが我慢出来なくなった時の対処方法
アトピー性皮膚炎の人の花粉症対策はこのようにしましょう
アトピー性皮膚炎の人は衣類や選択の仕方にも注意しましょう
アトピー性皮膚炎のアレルゲンを寄せ付けない暮らし方とは
アトピー性皮膚炎でも手荒れをしない掃除の仕方はこれ!
アトピー性皮膚炎の食事でもっとも気を付けることを知っていますか?
アトピー性皮膚炎とスポーツやレジャー・リラクゼーション
アトピー性皮膚炎と女性ならではの問題とはどのようなものがあるのでしょうか
アトピー性皮膚炎の原因にはストレスが大きく関わっています