スポンサーリンク

ペースメーカーとはどんな機器なのでしょうか

人工的な電気刺激で心臓の拍動をを保ちます

ペースメーカーとは、洞結節などの刺激伝導系の代わりに人工的な電気刺激を心筋に送って拍動を保つための機器です。緊急時などに一時的に取り付けるタイプもありますが、徐脈性不整脈の治療に、体内に植え込んでで使うタイプが用いられます。

 

 

洞不全症候群や房室ブロックなどの徐脈性不整脈では、拍動が極端に遅くなると脳に十分な血液を供給できなくなって、めまいや失神が起こることがあります。失神は事故やけがにつながるため、たびたび失神を起こす人には植込み型ペースメーカーによる治療が行われています。

 

 

ペースメーカーは、心臓の拍動が遅くなりすぎたときにそれを感知して、自動的に電気刺激を心臓の筋肉に送り、心拍数を増やして拍動のリズムを調節してくれます。このようにリズムを整えることを「ペーシング(歩調とり)」といいます。

 

従来のペースメーカーは、安静時も運動時も同じ心拍数にペーシングしていましたが、現在は体温や呼吸、動作に伴う変化をセンサーが感知して運動時などには心拍数を増減できるタイプもあります。

 

「ペースメーカーの植込み」と聞くと、大きな手術かと思い、また体に機械を入れたら普通の生活ができないように思っているかもしれません。しかし、植込み手術そのものはごく簡単なもので、術後の生活も多少の注意点はあるが、さほど不便はないといえます。いつ失神するかわからない状況より安全ですし、経験者に聞けばたいてい楽になったと話してくれるでしょう。

 

 

鎖骨の下に本体を入れて、心臓へ電極を送り込みます

ペースメーカーは、心臓の拍動の異常を感知して電気刺激を発する「ジェネレーター」と、その電気刺激を伝える「リード」から成ります。ジェネレーターが本体部分にあたり、そこから伸びるリードの先端に電極がついており、ここから電気刺激を伝えます。

 

使用するリードの本数は、徐脈性不整脈のタイプやペースメーカーの種類によって、右心房あるいは右心室に1本用いる場合と、右心房と右心室に1本ずつ計2本留置する場合があります。

 

本体の植込みは、通常は利き手と反対側の鎖骨下の皮下を切開して行います。本体は小型化が進み、植込みの際の傷は数mですみます。次に鎖骨下静脈からカテーテルを挿入し上大静脈経由で右心房や右心室などにリードを送り込み、先端の電極を適切な位置で固定します。その後、本体とリードを接続して、切開した皮膚を縫合して終了です。

 

 

手術は局所麻酔で行われ、所要時間は1時間半ほど、入院は7〜10日間が平均的です。

 

 

植込み後は定期的に検査し強い電磁波に注意が必要です

術後は1週間ほどで、ペースメーカーの作動チェックやペーシングの調整をして退院となります。退院後は1カ月を目安に再度チェックを受け、問題がなければ以降は3〜6カ月ごとの定期検査になります。電池は5〜6年もちますが、本体ごと交換する必要があります。なお、電池の残量は、外来で皮膚の上から確認できます。

 

 

植込み後の生活の注意としては、強い磁気や電磁波を避ける必要があります。メンテナンスや万一の事故などに備え、「ペースメーカー手帳」の携帯が勧められています。

 

ふだんからペースメーカー手帳を携帯しましょう

ペースメーカーを植込んだ人 には医師から「ペースメーカー手帳」が渡されるので、ふだんから携帯するようにしましよう。

 

この手帳には、患者さんの氏名や連絡先、病名のほか、かかりつけの医療機関や主治医、使用しているペースメーカーに関する情報、定期検査の内容などが記入され、これを見れば患者さ んの状態やペースメーカーの使用状況がわかります。

 

 

かかりつけ以外の医療機関を受診するときや、空港などでのセキュリティ検査の際に提示するとスムーズです。事故などに遭い、本人の意識がないときでも検査や治療に役立ちます。

 

 

ペースメーカーのQ&A

たびたび失神しているわけではなくても、ペースメーカーは必要ですか?

失神がめったになく、事故につながる車の運転や機械の操作などもしないというのであれば、無理にペースメーカーを使う必要はないでしょう。主治医とよく相談して、薬物治療で様子をみる方法もあります。

 

ただし、失神やめまいの頻度が増えたときは、改めてペースメーカーの使用を検討しましょう。

 

電池が切れたり、故障したらどうなるのですか?

定期的に検査を受けていれば、いきなり電池切れになる心配はまずないでしょう。ただし、定期検査をずっと受けずにいて電池の残量確認をしていないと、いきなり電池が切れることはありえます。

 

定期検査をうっかり忘れたときは、気づいた時点ですぐに受診します。

 

故障については、生活の注意点を守っていればあまリ心配はいりませんが、いつもと違う感じがする、あるいは故障につながる事故があったとき(植込み部分の強い圧迫や磁気・電磁波の影響を受けた)は、すぐに受診してください。

 

ペースメーカーを入れると、血栓ができやすくなるって本当ですか?

ここに質問を入力

ペースメーカー本体ではなく、心臓内に留置したリードの周囲に血栓ができやすくなることがあり、その血栓が流れ出して肺動脈に詰まると、肺血栓塞栓症を起こす危険があります。そのため、ペースメーカーを植込んだ人は血栓予防のため、抗凝固薬を服用することがあります。

 

体に機械が入っていると生活が制約されますか?

ペースメーカーを植込んだ人は強い磁気や電磁波に注意する必要がありますが、一般的な電気製品ではそれほど心配いりません。

 

スポーツに関しては、格闘技などペースメーカーに衝撃を与えるものは控えるべきです。ゴルフやテニス野球などは、機器を植込んだ直後に腕を大きく動かすとリードがはずれることがあるため、リードが固定するまでは控えますが、その後は行えます。

 

車の運転も、植込み後に失神が起こっていなければ、可能です(ただし医師が許可した場合)。

スポンサーリンク

関連ページ

不整脈を知る前に心臓の働きを知りましょう
不整脈とはどんな症状の病気なのでしょうか
不整脈の原因と怖いのはどんなところなの?
不整脈の診断にはまずは問診から始まります
不整脈には心電図検査が診断を行う上でかかせません
不整脈の心電図検査からはこんなことがわかります
不整脈には心電図のほかにも様々な検査が行われます
期外収縮とは心臓の拍動のタイミングがずれる状態です
頻脈性不整脈とは脈が速くなっている状態です
徐脈性不整脈とは拍動のリズムが遅くなっている状態です
不整脈で薬物治療を行うときとはどのような場合でしょうか
抗不整脈薬は不整脈発作を予防して症状を改善する薬です
不整脈治療で使用する抗凝固薬は脳梗塞を予防します
不整脈の薬物治療以外にはどんな治療があるのですか
不整脈の治療のカテーテルアブレーションとはどんな治療ですか
不整脈治療で用いる植込み型除細動器とはどんな器具ですか
不整脈のタイプ別の治療方法
不整脈の症状である心室細動の治療はどのようにしてするのでしょうか
心室不整脈の治療はどのようなものがあるのでしょう
不整脈のある人の生活
不整脈治療で機器を植え込んだ人の日常生活の注意点
心肺蘇生法とAEDの使い方