スポンサーリンク

更年期が原因のめまいの症状は婦人科へ行きましょう

自律神経失調症状に心理的要因も加わりやすくなります

女性の場合、閉経期前後のおよそ十年間ほどは更年期といい、女性ホルモンが急激に減少します。めまいや耳鳴りのほか、ほてり、のぼせ、頭痛、冷えなど、さまざまな自律神経失調症状があらわれたり消えたりします。

 

その症状がつらく、日常生活に支障をきたすような場合を更年期障害といいます。この時期には子育てが終わる一方で、夫との関係が疎遠になっていたり、年齢的に若くはないとのあせりなどがあり、精神的に不安定になるなど心因的な要素が加わることが少なくありません。

 

仕事をしている女性もさまざまなストレスが加わる時期です。このため、対処法も複雑になり、なかなか期待するような効果があがりません。

 

 

ホルモン補充療法、漢方薬などでしのぎます

更年期障害の症状はこの時期を過ぎると、うそのようになくなっていきますが、症状が強いときにはホルモン補充療法で症状を抑えることが可能です。

 

ホルモン補充療法が使えない場合はヽ漢方薬ヽ自律神経調整薬を使う方法もあります。

 

漢方薬は全身の調整を行うためヽめまいや耳鳴りだけでなく、ほかの症状もよくなることがあります。心理的な要因が強い場合はカウンセリングが役立つことがあります。「めまいの原因が自律神経失調症だからとあきらめていませんか?」「心因性のめまいは専門的な治療でよくなります」の記事も参考にしてください。

 

生活のリズムを整え、気分転換をはかることも大切です。

 

ただし、更年期の症状をすべて女性ホルモンの減少によるものと片づけてしまうのもよくありません。症状が続く場合は、まず婦人科の診察を受けて相談するとよいでしょう。ふだん健康診断を受ける機会が少ない人は、この時期から定期的に健康診断を受けるようにすることも大切です。

スポンサーリンク

関連ページ

めまいや耳鳴りの症状が続く場合は脳の病気のサインかもしれません
めまいの原因を知るにはめまいの仕組みを知りましょう
耳鳴りや難聴が起こる仕組みを知りましょう
めまいを起こす耳や脳の病気にはどのような病気がありますか?
めまいや難聴は全身の病気からも起こります
めまいがした場合は何科で診察を受けたらいよの?
めまいの原因を調べる検査にはどんなものがあるのでしょうか?
難聴の原因を調べる検査にはどんなものがあるのでしょうか?
耳鳴りを客観的にとらえられる検査とは何?
原因不明のめまいが続くときに行う検査とは?
めまいの治療にはどのようなものがあるのでしょうか?
耳鳴りの治療にはどのようなものがあるのでしょうか?
めまいの薬物治療のは様々な種類の薬が使われます
良性発作性頭位めまい症とはどのような症状でしょうか?
メニエール病とはどのような病気でしょうか?
さまざまなめまいや難聴の病気
中耳炎の症状と治療法
脳の障害によるめまいの症状は生活の工夫で予防しましょう
めまいの原因が自律神経失調症だからとあきらめていませんか?
心因性のめまいは専門的な治療でよくなります
高齢者のめまいや耳鳴りは全身のチェックで原因を探します
めまいや難聴が楽になる方法にはどのようなものがあるのでしょうか?
めまいや難聴に対する日常生活の工夫や注意点
めまいに効果のある食品と食生活の注意点
めまいと入浴時の注意や症状をやわらげる入浴法
めまいがする時の運転の注意点
めまいと耳鳴りが擦る場合のスポーツでの注意