スポンサーリンク

心因性のめまいは心理療法がが効果的です

心理療法でめまい・難聴・耳鳴りが起こりにくくなることもあります

心因性のめまいや難聴・耳鳴りでは、肩こりや頭痛、食欲不振、だるいなどといった不定愁訴がいっしょに起こることが少なくありませんつ精神的なストレスがある場合には、そのもととなる原因を突き止め、心理療法を行うことが効果的な治療になります。

 

 

専門科は心療内科あるいは精神神経科です

こうした専門科ではカウンセリングを行ったり、さまざまな心理療法によって、めまいや難聴・耳鳴りを起こす原因を取り除いたり、ストレスに対する対処法を助言します。

 

自分の性格や行動パターンを客観的に見つめなおし、ものごとのとらえ方、対処のしかたを変えていくとストレスの影響を受けにくくなり、めまいや難聴‘耳鳴りが起こりにくくなります。心理療法には次のようなものがあります。

 

めまいや難聴を治す心理療法

交流分析

人間関係での問題点を分析し、自分の特徴に合った解決法でセルフコントロールすることで、過剰なストレスを起こさないようにしようという方法です。エゴグラムという心理テストで自分の性格を分析します。

 

バイオフィードバック療法

緊張度が高いと、体温が上がり汗が多くなる、心拍数がふえるといった生理反応が起こります゜この生理反応をメーターなどに表示し、患者さんにフィードバックして緊張をゆるめるコツをつかみます。

 

 

薬で精神的な安定を得て、よくなる例もある

心理療法は、めまい外来などでもとり入れているところがあります。気持ちが不安定であったり抑うつ的なときは、抗不安薬や抗うつ薬、自律神経調整薬かよく効くこともあります゜とくに心のかぜといわれるうつ病は、薬でよくなる例が多くなっています。

 

病気を正しく理解できると症状が軽くなることもあります。とくに耳鳴りは心理的な彰響で大きく聞こえることがあるため、納得のいく説明を受けると、それだけで気になりなくなったり、つき合っていこうとの前向きな気持ちが出てくることがあります。

 

スポンサーリンク

関連ページ

めまいや耳鳴りの症状が続く場合は脳の病気のサインかもしれません
めまいの原因を知るにはめまいの仕組みを知りましょう
耳鳴りや難聴が起こる仕組みを知りましょう
めまいを起こす耳や脳の病気にはどのような病気がありますか?
めまいや難聴は全身の病気からも起こります
めまいがした場合は何科で診察を受けたらいよの?
めまいの原因を調べる検査にはどんなものがあるのでしょうか?
難聴の原因を調べる検査にはどんなものがあるのでしょうか?
耳鳴りを客観的にとらえられる検査とは何?
原因不明のめまいが続くときに行う検査とは?
めまいの治療にはどのようなものがあるのでしょうか?
耳鳴りの治療にはどのようなものがあるのでしょうか?
めまいの薬物治療のは様々な種類の薬が使われます
良性発作性頭位めまい症とはどのような症状でしょうか?
メニエール病とはどのような病気でしょうか?
さまざまなめまいや難聴の病気
中耳炎の症状と治療法
脳の障害によるめまいの症状は生活の工夫で予防しましょう
めまいの原因が自律神経失調症だからとあきらめていませんか?
めまいの原因が更年期による場合は婦人科を受診しましょう
高齢者のめまいや耳鳴りは全身のチェックで原因を探します
めまいや難聴が楽になる方法にはどのようなものがあるのでしょうか?
めまいや難聴に対する日常生活の工夫や注意点
めまいに効果のある食品と食生活の注意点
めまいと入浴時の注意や症状をやわらげる入浴法
めまいがする時の運転の注意点
めまいと耳鳴りが擦る場合のスポーツでの注意