スポンサーリンク

中耳炎は手術で治療して内耳への波及を防ぎます

急性中耳炎は徹底的に治療して慢性化を防ぎます

中耳炎は急性でも慢性でも、耳鳴り、難聴を引き起こしますが、慢性化して炎症が内耳に波及すると、聞こえをつかさどる器官だけでなく、平衡をつかさどる器官にも影響をおよぼし、めまいを引き起こすことがあります。

 

急性期に抗生物質でしっかり治療しておくことがなにより大切です・獸が多いときは鼓膜を切開して膿を出します。

 

慢性化膿性中耳炎

かぜをひくなどで中耳に細菌感染が起こって中耳炎になり、耳だれをくり返すと鼓膜に穴があき音が伝わりにくくなります。耳小骨の周囲にも炎症がおよび、このような状態をくり返すと、内耳にも影響がおよび内耳炎を引き起こすことがあります。

 

真珠腫性中耳炎

外耳道や鼓膜表面の皮膚が鼓膜の一部とともに引き込まれるようにして中耳腔に侵入し、本来は皮膚がない鼓室に皮膚のような組織を作ります。真珠に似ているので真珠腫といいますが、そこに感染を起こします。

 

真珠腫には骨を溶かす性質があり、中耳の周囲にある内耳、顔面神経、脳などとの境の骨を壊しながら増殖します。滲出性中耳炎から移行することもあり、はじめは軽い難腮がある程度ですが、やがて耳だれが出るようになり、炎症が内耳に波及することがあります。

 

真珠腫が耳小骨を傷つけると、伝音性難聴が起こります。内耳を包む骨を破壊すると、耳鳴りやめまいが起こります。吐き気や嘔吐、さらに顔面神経マヒ、髄膜炎などを起こす可能性もあります。

 

治療は手術で真珠腫を完全に取り除き、鼓室形成術を行います。

 

 

癒着性中耳炎

鼓膜に穴はあいていませんが、鼓膜が薄くなって中耳の奥に癒着し、耳小骨もくっついてしまっている中耳炎です。症状として難聴や耳鳴りがあらわれます。

 

 

慢性中耳炎の根本的な治療は鼓室形成術です

慢性中耳炎の根本的な治療は、鼓室形成術という手術です。中耳炎の手術というと過去には、耳だれを止めるために聴力を犠牲にしたり、耳の後ろに穴をあけるなど、問題点が多くありました。

 

しかし、最近では、顕微鏡による微細な手術が可能となりました。耳だれを止めるだけでなく、聞こえをよくすることも十分に可能です。耳の後ろを切開するので、傷あとも目立ちません。鼓室形成術には次のような方法がありますが、早く行うほど聴力の回復が期待できます。いずれも全身麻酔で行い、入院は2週間程度です。

 

鼓室形成術

T型鼓室形成術

鼓膜の穿孔のみをふさぐ手術です。手術前に鼓膜の穿孔部を特殊な膜で閉じ、聞こえのテストを行って聞こえが十分改善されれば、この手術を行います。鼓膜には患者さんの耳の上部にある側頭筋の筋膜を利用します。

 

V型変法鼓室形成術

中耳のつち骨、きぬた骨が損傷されているものの、あぶみ骨が完全な形で残っているときに実施します。つち骨、きぬた骨のかわりに耳介の軟骨などを用い、音が伝わるよ
うにします。

 

W型変法鼓室形成術

中耳のつち骨、きぬた骨のほか、あぶみ骨の一部も損傷されている場合、あぶみ骨の底板に直接耳介の軟骨などを用いて、音の伝わるしくみを作り替えます。

 

 

滲出性中耳炎は中耳にたまった液の排出が必要です

劃雌ぎ中耳炎は慢性中耳炎に移行したり、まれには炎症が内耳におよぶこともあります。最近は、大人にも多く、高齢者も耳管の機能の低下により、滲出性中耳炎を起こしやすくなっています。

 

治療では中耳腔にたまった液を取り除くことが大切です。鼓膜を通して細い針で抜き取ったり(鼓室穿刺)、鼓膜切開をして排出させます。たまっていた液がねばっている場合は、排液をしたあとで薬を注入して洗い流すこともあります。

 

鼻やのどに炎症がある場合は、鼻やのどの治療をすることもあります。アデノイドが大きい場合は、これを切除します。液がくり返したまる場合には、鼓膜チューブ留置術といって、中耳腔の換気を目的に鼓膜にチューブを挿入・留置します。鼓膜を切開し液体を排出してから、小さなチューブを差し込み固定させます。

 

チューブは数か月で自然に脱落し、穴も自然にふさがりますが、ふさがるまでは定期的に診察を受けます。

スポンサーリンク

関連ページ

めまいや耳鳴りの症状が続く場合は脳の病気のサインかもしれません
めまいの原因を知るにはめまいの仕組みを知りましょう
耳鳴りや難聴が起こる仕組みを知りましょう
めまいを起こす耳や脳の病気にはどのような病気がありますか?
めまいや難聴は全身の病気からも起こります
めまいがした場合は何科で診察を受けたらいよの?
めまいの原因を調べる検査にはどんなものがあるのでしょうか?
難聴の原因を調べる検査にはどんなものがあるのでしょうか?
耳鳴りを客観的にとらえられる検査とは何?
原因不明のめまいが続くときに行う検査とは?
めまいの治療にはどのようなものがあるのでしょうか?
耳鳴りの治療にはどのようなものがあるのでしょうか?
めまいの薬物治療のは様々な種類の薬が使われます
良性発作性頭位めまい症とはどのような症状でしょうか?
メニエール病とはどのような病気でしょうか?
さまざまなめまいや難聴の病気
脳の障害によるめまいの症状は生活の工夫で予防しましょう
めまいの原因が自律神経失調症だからとあきらめていませんか?
心因性のめまいは専門的な治療でよくなります
めまいの原因が更年期による場合は婦人科を受診しましょう
高齢者のめまいや耳鳴りは全身のチェックで原因を探します
めまいや難聴が楽になる方法にはどのようなものがあるのでしょうか?
めまいや難聴に対する日常生活の工夫や注意点
めまいに効果のある食品と食生活の注意点
めまいと入浴時の注意や症状をやわらげる入浴法
めまいがする時の運転の注意点
めまいと耳鳴りが擦る場合のスポーツでの注意