スポンサーリンク

良性発作性頭位めまい症は理学療法が有効です

良性発作性頭位めまい症は頭の位置を変えるたびに、めまいが起こります

寝床から起き上がる、寝返りを打つ、頭を上げる、頭を下げる、あるいは急に振り返るなど、頭を特定の位置に変えたときに、めまいを引き起こす病気でもっとも多いのは良性発作性頭位めまい症です。

 

めまいを起こす位置を「めまい頭位」といい、その位置は人によって異なります。起床するときに起こる人もいれば、洗顔や洗髪で下を向くとめまいがするという人もいます。

 

典型的な例では、めまい頭位になると数秒でめまいが起こり、だんだん強くなり、その後、だんだん弱くなり数分で消えていきます。めまいはグルグル回る人もいれば、体がふらつく感じがするという人もいます。吐き気や嘔吐を伴う場合もあります。

 

どの例も、耳鳴りや難聴、手足のしびれや舌のもつれなどはありません。原因ははっきりわかっていませんが、内耳で平衡をつかさどる耳石器が関係するといわれます。耳石が半規管内に転がり、その動きが前庭神経を刺激してめまいが起こると考えられています。

 

 

めまいを誘発して慣れさせる治療法がとられます

良性発作性頭位めまい症はくり返し起こるため、不安に感じる人がいます。吐き気や嘔吐に悩まされる人もいます。

 

しかし、このめまいは生命にかかわることはありません。めまいをくり返すと代償作用といって、患者さん自身がだんだんめまいに慣れていき、症状が徐々に軽くなっていくの
が一般的です。

 

治療法としては、めまいがおさまってきたら、積極的にわざと、ただしゆっくり、めまい頭位をとってめまいに慣れるようにします。疲労が重なると発作が起こりやすくなるので、睡眠と休息をしっかりとります。

 

薬は内耳血流改善薬、迷路機能亢進抑制薬が中心で、末梢神経障害改善薬、ビタミン剤、吐きけがあるときは制吐薬、不安が強い場合は抗不安薬、抗うつ薬が処方されます。

 

 

悪性頭位めまいや頸性めまいとの見分けが必要です

良性発作性頭位めまい症は心配のない病気ですが、発作のたびに激しいめまいをくり返したり、いつまでもめまいが続くときは、悪性の頭位めまいの可能性がないとはいえません。

 

これは小脳の障害によって起こりますから、早めに耳鼻咽喉科か脳神経外科、神経内科の検査を受けましょう。変形性頚椎症などによる頚性めまいでは、首を回したり反らせたりするときにめまいがすることがあります。こちらは頭位めまいに見られる特別な目の動き(眼振)が見られません。

 

いずれにしても症状がつらい場合は、早めに耳鼻咽喉科の診察を受け、診断をしてもらうのが安心です。

 

良性発作性頭位めまい症は、頭部外傷や打撲、慢性中耳炎、ストレプトマイシンの服用、中耳手術のあとなどに起こることがあります。受診の際は、こうした情報も診断の参考になります。

 

スポンサーリンク

関連ページ

めまいや耳鳴りの症状が続く場合は脳の病気のサインかもしれません
めまいの原因を知るにはめまいの仕組みを知りましょう
耳鳴りや難聴が起こる仕組みを知りましょう
めまいを起こす耳や脳の病気にはどのような病気がありますか?
めまいや難聴は全身の病気からも起こります
めまいがした場合は何科で診察を受けたらいよの?
めまいの原因を調べる検査にはどんなものがあるのでしょうか?
難聴の原因を調べる検査にはどんなものがあるのでしょうか?
耳鳴りを客観的にとらえられる検査とは何?
原因不明のめまいが続くときに行う検査とは?
めまいの治療にはどのようなものがあるのでしょうか?
耳鳴りの治療にはどのようなものがあるのでしょうか?
めまいの薬物治療のは様々な種類の薬が使われます
メニエール病とはどのような病気でしょうか?
さまざまなめまいや難聴の病気
中耳炎の症状と治療法
脳の障害によるめまいの症状は生活の工夫で予防しましょう
めまいの原因が自律神経失調症だからとあきらめていませんか?
心因性のめまいは専門的な治療でよくなります
めまいの原因が更年期による場合は婦人科を受診しましょう
高齢者のめまいや耳鳴りは全身のチェックで原因を探します
めまいや難聴が楽になる方法にはどのようなものがあるのでしょうか?
めまいや難聴に対する日常生活の工夫や注意点
めまいに効果のある食品と食生活の注意点
めまいと入浴時の注意や症状をやわらげる入浴法
めまいがする時の運転の注意点
めまいと耳鳴りが擦る場合のスポーツでの注意