スポンサーリンク

めまいの薬にはこんな種類の薬が使用されます

めまいの薬の種類

血流をよくしたり神経の障害を修復するなどで症状を抑える薬

内耳血流改善薬

神経の興奮を抑え脳や内耳の血流をよくして、めまいを抑制する効果があるとされています。抗めまい薬ともいわれます。

 

迷路機能亢進抑制薬、鎮吐薬

内耳の機能の興奮を抑えてめまい、耳鳴りを防ぎ、吐きけも抑える働きがあります。トラベルミン今は乗り物酔い止めとして、即効的な作用があります。ジメンヒドリナートは抗めまい薬の仲間です。

 

脳圧降下・利尿薬

内リンパ水腫などがある場合、むくみをとり、めまいを防ぎます。イソバイドはメニエール病の予防・治療薬として使います。

 

末梢神経障害改善薬

末梢神経細胞の代謝を改善して神経の障害を修復するには、ビタミンB12が有効とされています。メチコバールはビタミン乱製剤で、めまいや耳鳴りを予防的に抑える目的で処方されます。

 

脳代謝改善薬、脳血流改善薬

椎骨・脳底動脈循環不全など脳の動脈硬化がみられる場合は、代謝や血流をよくしようとの目的で使われます。

 

筋緊張治療薬

筋肉の緊張やけいれんをやわらげることで、めまい・耳鳴りを起こりにくくします。肩こりなどがあるタイプに処方されます。

 

 

心理的な安定をはかる薬や漢方薬が処方されることもあります

抗不安薬

マイナートランキライザーともいわれ、不安をやわらげるとともに、筋肉や神経、血管の緊張をとく作用があります・めまいや耳鳴りには即効的に効くことがあります。不安感があったり、イライラ、クヨクヨしている人のほか、仕事人間でがんばりすぎて過労ぎみの大のめまいや耳鳴りにも効くことがあります。

 

抗うつ薬

めまい、耳鳴りはうつ状態で起こることが少なくありません。うつ状態にある人はもちろんですが、めまいや耳鳴りのために落ち込んでいる大にも効果があります。服用をはじめて1〜2週間で効果があらわれます。

 

漢方薬

患者さんの体質、症状に合わせて使うと、めまいや耳鳴りだけでなく、いっしょに起こっているさまざまな症状をやわらげることがあります。柴苓湯、半夏厚朴湯などがよく使われます。当帰芍薬散は体力が低下している人に使います。更年期障害のいろいろな症状をやわらげることで知られています。

 

 

薬を使うときの注意

症状がおさまっても自己判断で薬を止めるのは禁物です

めまいの薬では、内耳血流改善薬などの抗めまい薬を中心に処方されますが、激しいめまいがあるときは薬が効きにくい場合があります。薬をのんでも症状がおさまらないと、不信感からか、処方された薬をのむのを止めてしまう人がいます。

 

しかし、めまいの発作はだんだん軽くなっていくのが一般的です。1回目に効かなくてもだんだん効いてくるようになります。少なくとも医師に相談しないで薬を止めることのないようにしてください。

 

反対に薬が効いてきて症状が気にならなくなると、自己判断で薬を止めてしまう人がいます。これもおすすめできません。

 

やめたとたんに再発することがあるからです。薬を止めたいときは必ず医師に相談してください。医師は経過をみながら、可能であれば少しずつ量を減らしたり、服用の間隔をあけるなどして休薬の方向へもっていくこともあります。

 

 

抗不安薬は副作用を過大視しないようにしましょう

めまいや難聴、耳鳴りの薬で患者さんが不安に思うのは、抗不安薬や抗うつ薬などの服用でしょう。こうした薬を処方されると、特別な病気にかかったような気がしたり、副作用が気になったりして、薬を止めてしまう人がいます。

 

抗不安薬や抗うつ薬は、欧米では非常にポピュラーな薬です。とくに抗不安薬は、めまいや耳鳴りに有効な薬です。抗うつ薬も副作用の少ないタイプが開発され、精神的な安定を保つ特効薬になってきています。

 

抗不安薬などはのみはじめて1週間くらいは、ふらつきや立ちくらみなどがあらわれることがありますが、これは薬により緊張がはぐれたために起こる一時的なものの場合が多いのです。

 

1週間くらいでだんだんおさまっていきます。こうした薬は、突然止めると、リバウンドといって思わぬ副作用に襲われることがあります。医師は患者さんの状態をみて薬の量などを決めていますから、処方どおりに服用している場合は大きな副作用はあらわれないはずです。

 

気になる症状があらわれ、だんだん悪化してきている場合は医師に相談することがだいしですが、自己判断で薬を止めるのはよくありません。必ず医師に相談してください。

 

 

使っている薬はすべて医師に報告しましょう

薬はその種類が多くなるほど、思わぬ副作用が出たり、薬の作用が効きすぎる、あるいは互いに効果を打ち消しあって効きにくくなるということがあります。ほかの病気で薬を使用している場合、必ず外用薬も含め、すべての薬を医師に報告することが必要です。

 

とくにめまいや耳鳴りは、使用している薬の副作用によってあらわれることもあります。はじめて診察を受ける段階で、服用中の薬を医師に伝えてください。薬のアレルギーがある場合は、その旨も必ず報告してください。

 

また、妊娠中あるいは妊娠の可能性がある場合は使えない薬があります。忘れずに医師に伝えることが必要です。あらたにほかの科にかかる場合も、必ず使っている薬をすべて医師に報告しましょう。

 

 

かかりつけの薬局をもつと安心です

複数の医療機関にかかっている場合、それぞれの医療機関の近くの薬局で薬を調剤してもらうという人も少なくありません。安全面を考えれば、薬はすべて1カ所の薬局で調剤してもらうのが理想ですが、現実にはなかなかむずかしいことです。

 

最近では、基準薬局といって患者さんの薬歴を管理し、市販薬も含めた重複による作用などをチェックする薬局も多くなっています。こうした薬局をかかりつけ薬局としてもち、ほかの病気で処方されている薬もすべて見せ、遠慮なく相談できるようにすると安心です。

スポンサーリンク

関連ページ

めまいや耳鳴りの症状が続く場合は脳の病気のサインかもしれません
めまいの原因を知るにはめまいの仕組みを知りましょう
耳鳴りや難聴が起こる仕組みを知りましょう
めまいを起こす耳や脳の病気にはどのような病気がありますか?
めまいや難聴は全身の病気からも起こります
めまいがした場合は何科で診察を受けたらいよの?
めまいの原因を調べる検査にはどんなものがあるのでしょうか?
難聴の原因を調べる検査にはどんなものがあるのでしょうか?
耳鳴りを客観的にとらえられる検査とは何?
原因不明のめまいが続くときに行う検査とは?
めまいの治療にはどのようなものがあるのでしょうか?
耳鳴りの治療にはどのようなものがあるのでしょうか?
良性発作性頭位めまい症とはどのような症状でしょうか?
メニエール病とはどのような病気でしょうか?
さまざまなめまいや難聴の病気
中耳炎の症状と治療法
脳の障害によるめまいの症状は生活の工夫で予防しましょう
めまいの原因が自律神経失調症だからとあきらめていませんか?
心因性のめまいは専門的な治療でよくなります
めまいの原因が更年期による場合は婦人科を受診しましょう
高齢者のめまいや耳鳴りは全身のチェックで原因を探します
めまいや難聴が楽になる方法にはどのようなものがあるのでしょうか?
めまいや難聴に対する日常生活の工夫や注意点
めまいに効果のある食品と食生活の注意点
めまいと入浴時の注意や症状をやわらげる入浴法
めまいがする時の運転の注意点
めまいと耳鳴りが擦る場合のスポーツでの注意