スポンサーリンク

耳鳴りに対する一般的な治療とは

難聴の有無を確かめることが先決です

耳鳴りの多くは難聴を伴います。検査をして難聴がある場合は、難聴の治療をすると、耳鳴りがなくなることもあります医学の進歩で耳鳴りや難聴の原因はずいぶんわかってきましたが、治療法となると残念ですが、まだまだ決め手となるものがあまりありません。

 

とくに耳鳴りはいったん起こると、原因となる病気がよくなっても耳鳴りだけが残るということがよくあります。耳鳴りのなかで、なかなか治らないのは慢性の耳鳴りです。

 

老人性難聴や騒音性難聴のほか、メニエール病や突発性難聴、外リンパ耻、慢性中耳炎などでは、本体の病気が完治しても耳鳴りが残ってしまう場合があります。

 

現状では、聞こえに障害がある場合は、まずその治療を行いますIそうでない場合は対症療法として薬物療法、心理療法、自律神経機能の調整などにより症状をやわらげるようにします。

 

ステロイド薬を注射したり、マスカー療法といって雑音を聞かせることで、一時的に耳鳴りを遮断する方法もあります。星状神経節ブロックや混合ガス療法で耳鳴りをやわらげるという方法も行われています。

 

 

抗不安薬などで気持ちを安定させることもあります

薬物治療のなかでときどき使われるのは、抗不安薬、抗うつ薬です。こうした向精神薬は、ともすると特別な病気にかかってしまった、とのイメージをもたれ敬遠されがちです。
しかし、最近は副作用が少なく、気持ちの安定に役立つ薬がたくさん開発されています・実際にこうした薬を使うことで、耳鳴りから解放された患者さんはたくさんいます。

 

耳鳴りは意識するほど大きく聞こえますから、こうした薬を使うことで気持ちが安定すると、今まで聞こえていた耳鳴りが気にならなくなります。耳鳴りの程度を客観的に調
べる検査でも、数値が低くなっていきます。ほかに末梢神経障害改善薬、筋緊張治療薬、脳血流改善薬などが処方されることもあります。

 

 

難聴の一般的な治療

難聴は早く見つけて早く治療することが完治につながりますごたとえば突発性難聴では、難聴になって一週間以内に治療を受ければ、元通りの聴力を回復する可能性はかなり高いといえます。

 

ただし、難聴とひとことでいっても、聞こえ方は千差万別です。片方の耳の聴力が正常だと、もう一方の耳に障害があっても、放置してしまう大がいます。メニエール病や突発性難聴ではめまいの症状に気を取られ、難聴が起こっていることに気がつかないケースもあります。

 

めまいが起こったら聴覚のチェックもする、人の言葉が聞き取りにくくなったら早めに耳鼻咽喉科の検査を受けることが大切です。

 

難聴の治療は薬物療法が中心ですが、メニエール病や外リンパ瘻などでは手術を行うこともあります。耳硬化症、中耳炎などは手術によ゜て聴力の改善や回復が十分に期待できます。

 

 

慢性の難聴は不自由を少なくすることが治療の目標です

騒音件難聴や老人性難聴など慢性の場合は、元通りに治すことがなかなか困難です。ある程度聞こえをよくすることで折り合わざるを得ないともいえます。

 

薬はステロイド薬や末梢神経障害改善薬などが用いられます。脳代謝改善薬、脳血流改善薬などが処方されることもあります。根本的な治療ではありませんが、混合ガス療法で聞こえがよくなる例もあります。

 

 

老人性難聴では早めに補聴器を使うのもよいです

最近の補聴器は小型化し性能もよくなっています。とくに老人性難聴の場合は、かなり高齢になってから器械操作をすることになると、なかなか慣れず、結局使うことをあきらめてしまいがちです。

 

聴覚は視覚とともに重要な情報源ですから、あまり不自由にならないうちに補聴器を使いこなす、というのも高齢社会での選択肢のひとつといえるでしょう。過労やストレスなどは聞こえをいっそう悪くします。体調を整え、できるだけ騒音環境を避けることも大切です。

 

スポンサーリンク

関連ページ

めまいや耳鳴りの症状が続く場合は脳の病気のサインかもしれません
めまいの原因を知るにはめまいの仕組みを知りましょう
耳鳴りや難聴が起こる仕組みを知りましょう
めまいを起こす耳や脳の病気にはどのような病気がありますか?
めまいや難聴は全身の病気からも起こります
めまいがした場合は何科で診察を受けたらいよの?
めまいの原因を調べる検査にはどんなものがあるのでしょうか?
難聴の原因を調べる検査にはどんなものがあるのでしょうか?
耳鳴りを客観的にとらえられる検査とは何?
原因不明のめまいが続くときに行う検査とは?
めまいの治療にはどのようなものがあるのでしょうか?
めまいの薬物治療のは様々な種類の薬が使われます
良性発作性頭位めまい症とはどのような症状でしょうか?
メニエール病とはどのような病気でしょうか?
さまざまなめまいや難聴の病気
中耳炎の症状と治療法
脳の障害によるめまいの症状は生活の工夫で予防しましょう
めまいの原因が自律神経失調症だからとあきらめていませんか?
心因性のめまいは専門的な治療でよくなります
めまいの原因が更年期による場合は婦人科を受診しましょう
高齢者のめまいや耳鳴りは全身のチェックで原因を探します
めまいや難聴が楽になる方法にはどのようなものがあるのでしょうか?
めまいや難聴に対する日常生活の工夫や注意点
めまいに効果のある食品と食生活の注意点
めまいと入浴時の注意や症状をやわらげる入浴法
めまいがする時の運転の注意点
めまいと耳鳴りが擦る場合のスポーツでの注意