スポンサーリンク

めまいに対する一般的な治療とは

吐き気や嘔吐があるときは点滴で治療します

強いめまいを起こすと気持ちが悪くなり、いつまで続くのかという不安感も伴いがちです。すでにめまいに対する薬を処方されている場合は、薬をのんで安静にし、発作がおさまるのを待ちます。

 

ときに薬をのんでもなかなかよくならないことがあります。そんなときは、かかりっけの医療機関に連絡して往診を頼むか、外来で応急処置をしてもらうようにします。めまいは必ずおさまりますので、できるだけ気持ちを落ち着かせることが大切です。

 

強いめまいと嘔吐がある場合は、薬ものめないので、重曹(炭酸水素ナトリウム)を点滴することがあります。これで体液のバランスを整えます。

 

同時に制吐薬や抗不安薬を注射して、吐きけやおう吐を止め、精神的に落ち着けるようにします。食事や水分がとれないときは、点滴で栄養分を補います。入院が必要な場合もあります。

 

強い発作が落ち着いても、耳鳴りが続いたりからだがふらつく段階では、血流をよくする薬を点滴したり、ステロイド薬を併用することもあります。ステロイド薬は一時的に使
うだけですから、副作用の心配はほとんどありません。

 

 

耳の症状のチェックも欠かせません

めまいは、メニエール病や突発性難聴、中耳炎の内耳波及など、さまざまな病気が原因で起こっていることがあります。発作がある程度おさまってきたら、原因を突き止め、それぞれの病気に応じた治療を行うことになります。

 

耳鳴りや難聴などの症状が出ていないと、めまいを抑えることだけを考えがちですが、念のため聞こえの検査をしておくことも欠かせません。聞こえの機能が低下している場合は、めまいがおさまっても難聴が進んで日常生活が不自由になりますから、早く治療することが大切です。

 

 

抗めまい薬や抗不安薬などでコントロールします

原因のわからないめまいに対しては、症状をやわらげ、コントロールする治療を行うことになります。

 

薬は内耳血流改善薬、迷路機能亢進抑制薬などの抗めまい薬、鎮吐薬、脳代謝改善薬、脳血流改善薬、末梢神経障害改善薬、筋緊張治療薬、抗不安薬、抗うつ薬などが中心となります。

 

 

めまいに強くなる平衡訓練をとり入れます

脳の働きには、内耳の平衡感覚機能が低下しても、その機能を補う代償作用というものがあります。めまいの発作をくり返していると不安になりますが、わたしたちのからだは、この代償作用により少しずつ発作に慣れ症状が弱くなっていくものです。

 

めまいをくり返す場合は、次の発作を防いだり軽くするために、平衡機能の訓練をとり入れることがすすめられます。この訓練は、めまいを起こしやすい動作をくり返し行うことで代償作用を働かせ、めまいに慣れようというものです。

 

からだが多少ふらついても歩けるようになったら、安全なところで平衡訓練を行ったり、日常生活のなかで無理をしない程度にこまめにからだを動かすことが、めまいをよくする早道になります。

 

とくに心理面での影響が強い場合は、気分転換をかねてからだを動かすことが、生活療法のひとつとなります。

 

めまいをくり返すことに対して不安感がある場合には、心理療法(138ページ)や自律神経機能の調整法などをとり入れることもあります。

スポンサーリンク

関連ページ

めまいや耳鳴りの症状が続く場合は脳の病気のサインかもしれません
めまいの原因を知るにはめまいの仕組みを知りましょう
耳鳴りや難聴が起こる仕組みを知りましょう
めまいを起こす耳や脳の病気にはどのような病気がありますか?
めまいや難聴は全身の病気からも起こります
めまいがした場合は何科で診察を受けたらいよの?
めまいの原因を調べる検査にはどんなものがあるのでしょうか?
難聴の原因を調べる検査にはどんなものがあるのでしょうか?
耳鳴りを客観的にとらえられる検査とは何?
原因不明のめまいが続くときに行う検査とは?
耳鳴りの治療にはどのようなものがあるのでしょうか?
めまいの薬物治療のは様々な種類の薬が使われます
良性発作性頭位めまい症とはどのような症状でしょうか?
メニエール病とはどのような病気でしょうか?
さまざまなめまいや難聴の病気
中耳炎の症状と治療法
脳の障害によるめまいの症状は生活の工夫で予防しましょう
めまいの原因が自律神経失調症だからとあきらめていませんか?
心因性のめまいは専門的な治療でよくなります
めまいの原因が更年期による場合は婦人科を受診しましょう
高齢者のめまいや耳鳴りは全身のチェックで原因を探します
めまいや難聴が楽になる方法にはどのようなものがあるのでしょうか?
めまいや難聴に対する日常生活の工夫や注意点
めまいに効果のある食品と食生活の注意点
めまいと入浴時の注意や症状をやわらげる入浴法
めまいがする時の運転の注意点
めまいと耳鳴りが擦る場合のスポーツでの注意