スポンサーリンク

めまいの検査の種類

めまいの検査は一日で終わらない場合もあります

めまいの原因を突き止めるためには、目の動きを調べる眼振検査、眼球運動の検査、そしてふらつきなど平衡機能の検査が欠かせません。検査の種類はたくさんあり、必要に応じて取捨選択をします。検査は一日で終了しない場合もあります。

 

しかし、原因をはっきりさせ、治療方針を決めるためには、辛抱強ぐ検査を受けていただくことが必要です。ここでは、おもな検査を紹介します。

 

 

眼振と眼球運動の検査

めまいがあるときは、からだのバランスに乱れが生じるのと同じように、目にも乱れた動きがあらわれます。めまいの検査では目の動きを調べることが重要です。

 

眼振検査

めまいがあるとき、目は振りfのように動きます。この動きを眼振といいます。眼振はからだの平衡の乱れを反映するので、眼振検査をすると平衡の異常を詳しく分析することができます。眼振検査には、注視眼振検査と非注視眼振検査があります。

 

注視眼振検査

裸眼でものを見つめた状態で眼振があらわれるかどうかを調べます。脳幹や小脳などに障害があるときには、この検査でも、次に説明する非注視眼振検査でも、眼振を観察できます。

 

非注視眼振検査

内耳の障害で起こる眼振は、注視眼振検査ではあらわれにくくなります。眼振が起きそうになっても、脳で内耳の働きを補おうとする機能があるため、ものを見つめることで眼振を抑えてしまうからです。

 

注視することをさえぎると、前述の脳の機能が働かなくなるため、内耳の障害がクローズアップされます。

 

このため、内耳の障害を調べるときには、暗い部屋でフレンツェル眼鏡という特殊な眼鏡をかけ、注視機能を取り除いた検査をします。フレンツェル眼鏡は厚い凸レンズが
ついていて、これをかけると外のものが見えにくくなります。眼鏡の中で光がつき、検査をする大からは、検査を受ける人の目が拡大されて、その動きをよく観察できます。

 

最近は、赤外線ccDカメラによる検査も行われています。これは小型のccDカメラがついたゴーグルを装着し、眼振を撮影して画面で観察したり、ビデオに記録する方法です。

 

頭位眼振検査

あお向けに寝て頭の位置を正面、右、左、頭を懸垂させて正面、右、左と変換し、眼振を観察します。

 

 

頭位変換眼振検査

頭を懸垂させた位置から急に起こして座らせたときの眼振、座った姿勢から急にあお向けに寝かせて頭を懸垂させたときの眼振を観察します。どちらの検査の場合も、内耳前庭に障害があると、一定の眼振が見られます。

 

一般的には発作期には病気のある側へ向かう眼振が見られ、めまいがおさまっている時期には健康な側へ向かう眼振が見られます。

 

前庭神経炎では、めまいがはしまったときから健康な側へ向かう眼振が見られます。温度眼振検査 内耳のなかに冷たい水(ときに冷たい空気や温かい水の場合もあります)を少量入れて、めまいが起こるかどうかを検査します。

 

内耳が健康な場合は、水が入るとめまいが起こります。このめまいは数分で完全に止まりますから心配はいりません。気持ちが悪いときは、遠慮せずに伝えてください。

 

内耳に病気があるときには、めまいが起こらないか、健康な側に比べて弱いめまいを感じます。検査中にめまいを感じているときは、フレッッエル眼鏡をかけて外側から目の動きを見ると、眼振を観察することができます。この検査もめまいの診断に欠かせません。

 

指標追跡検査

この検査では目の前にある点が左右にゆっくり動くのを目で追います。目がスムーズに動くかどうか、目の運動が十分に早くできるかどうかなどを検査します。正常の場合、目はスムーズに動きますが、脳の血管の病気、腫瘍などがあると動きがギクシヤクします。

 

視運動性眼振検査

この検査では、里回縦線が引いてある大きな筒の中に座って検査をします。筒の動きは、はじめゆっくり、だんだん早く、そしてまたゆっくりと変化して停止します。黒い線と筒がいっしょに回るので、この一本一本の線を目でとらえるように努力します。正常な場合は、かなりの速度まで黒い線を見ることができます。

 

脳に病気があると、十分に見られません。ゆっくりしたスピードでも黒い線を追って見ることができなくなります。この異常の程度を眼振図に記録して的確に診断します。

 

回転刺激検査

回転いすに座り、頭やいすの回転軸の角度を変えるなどの刺激によって起こる眼振、眼球運動を観察します。

 

頸部振動刺激検査

首にバイブレーターで刺激を与え、目の動きを観察します。めまいが、首の筋肉や骨の異常、あるいは片側の内耳機能の低下と関係がある場合は特徴的な眼振が起こります。

 

電気眼振検査(ENG)

眼振や眼球運動を電気的にとらえて記録をする検査法で、のちのち検討の資料にすることができます。電極を左下図のように貼りつけ、目の左右、上下への動きを記録します。

 

 

平衡機能の検査

めまいがしているときは、ほかの人が見てもフラフラしていたり、歩くと一方向へ傾いていることがわかります。からだの平衡を保つのに必要な機能が正常かどうか、バランスの乱れを正確に判断する検査が必要です。

 

 

直立検査、重心動揺検査

直立検査では、開眼と閉眼で床に1分間立ち、からだのふらつきを調べます。両足立ち、片足立ち、マン直立(前足のかかとに後足の爪先をつけて直立)で観察しますが、開眼で直立できても、目を閉じると体がふらつくのを「ロンベルグ現象」といいます。

 

重心動揺検査では、開眼と閉眼で検出台に直立しているときの重心の動きをコンピュータで記録します。前後方向や左右方向への湎心の移動の距離や面積から、さまざまな重心の変動パターンを解析します。

 

グラフを見ると、平衡障害の原因が内耳にあるのか、脳にあるのかがわかり、平衡障害とその程度を客観的に把握できます。重心動揺検査は、最低30秒立っていられると実施できます。

 

 

その他の平衡機能の検査

足踏み検査

目隠しをして両腕を上げ、足踏みをして、かたよりの程度を検査します。歩行検査 開眼と閉眼で、前進歩行、後退歩行を行い、ふらつきがないか、歩く方向にかたよりがないかなどを観察します。

 

書字検査

目を開けて文字を書いたあと、目を閉じて文字を書き、どのくらいかたよるか、乱れがないかを調べます。

スポンサーリンク

関連ページ

めまいや耳鳴りの症状が続く場合は脳の病気のサインかもしれません
めまいの原因を知るにはめまいの仕組みを知りましょう
耳鳴りや難聴が起こる仕組みを知りましょう
めまいを起こす耳や脳の病気にはどのような病気がありますか?
めまいや難聴は全身の病気からも起こります
めまいがした場合は何科で診察を受けたらいよの?
難聴の原因を調べる検査にはどんなものがあるのでしょうか?
耳鳴りを客観的にとらえられる検査とは何?
原因不明のめまいが続くときに行う検査とは?
めまいの治療にはどのようなものがあるのでしょうか?
耳鳴りの治療にはどのようなものがあるのでしょうか?
めまいの薬物治療のは様々な種類の薬が使われます
良性発作性頭位めまい症とはどのような症状でしょうか?
メニエール病とはどのような病気でしょうか?
さまざまなめまいや難聴の病気
中耳炎の症状と治療法
脳の障害によるめまいの症状は生活の工夫で予防しましょう
めまいの原因が自律神経失調症だからとあきらめていませんか?
心因性のめまいは専門的な治療でよくなります
めまいの原因が更年期による場合は婦人科を受診しましょう
高齢者のめまいや耳鳴りは全身のチェックで原因を探します
めまいや難聴が楽になる方法にはどのようなものがあるのでしょうか?
めまいや難聴に対する日常生活の工夫や注意点
めまいに効果のある食品と食生活の注意点
めまいと入浴時の注意や症状をやわらげる入浴法
めまいがする時の運転の注意点
めまいと耳鳴りが擦る場合のスポーツでの注意