スポンサーリンク

めまいの原因を理解しましょう

人間の平衡感覚は、目、内耳、脳のネットワークで保たれます

めまいはどんな原因で起こるのでしょうか。これを突き止めるには、めまいが起こるしくみを理解するのが早道です。

 

私たちのからだがふらつかずバランスを保つことができるのは、からだに平衡感覚というものが備わっているからです。めまいは「目眩」または「眩暈」と書き、目が回ることでバランス感覚を失うこと、と捉えられがちです。

 

しかし、人間の平衡感覚を維持しているのは、目だけではありません。平衡感覚は、目、内耳(三半規管、耳石器)、手足の筋肉や関節、皮膚などからの情報が脳幹の前庭神経核や小脳、大脳で統合され、全身の神経系ヘ一定の司令がなされることで維持されます。

 

 

このいずれの経路に異常が生じても平衡感覚を維持することはできず、バランスを失ってめまいという異常事態を引き起こします。

 

 

めまいは、目、内耳、脳(中枢神経)の異常などで起こります

たとえば、目は周囲の景色や動きを見ることで水平や垂直の方向、あるいは自分がどのように動いているかを感じ取って、この情報を脳幹部に伝えます。

 

手足の皮膚や筋肉、関節からは脊髄を通して、からだの動きや位置、重力などの情報が脳幹部へ伝えられます。左右の内耳では前庭の三半規管、耳石器がバランス維持のための情報収集器官となっています。

 

脳幹部や小脳、大脳は目や内耳、手足の筋肉や関節などからの情報を統合して、そのときに適したからだの動きを判断し、バランスが崩れないように全身への司令を発信します。

 

つまり、めまいは目や内耳、手足の筋肉などから情報を人手する経路に異常があっても起こりますし、情報を統合し司令を出す小脳や大脳、脳幹部に異常があっても起こりふます。

 

 

脳幹部には自律神経系や内分泌系の中枢も近接しています。このため、自律神経系や内分泌系に乱れがあっても、めまいを生じることがあります。反対にめまいを起こす状況が自律神経系の乱れを引き起こすこともあります。

 

 

めまいを起こす耳のしくみ

めまいを起こすしくみのなかで、とくに重要なのは内耳の三半規管と耳石器です。めまいの原因を調べると、その多くが三半規管と耳石器の異常にかかわっていることがわかっています。

 

次に三半規管と耳石器がどのようにして平衡器としての役割を果たしているかを説明します。

 

内耳は、聞こえの神経である蝸牛、平衡の神経である前庭で成り立ち、骨の中に迷路のように入り組んだ空洞を持っているため迷路ともいわれます。空洞をおおう骨の部分を骨迷路といい、空洞の中には膜でできた膜迷路があります。蝸牛と前庭は膜迷路の中で細い管でつながっています。

 

 

骨迷路と膜迷路の間には外リンパ液が流れ、膜迷路には内リンパ液が流れています。外リンパ液は脳を保護する脳脊髄液とつながり、内リンパ液は血管条と呼ばれる部分から分泌され、内リンパ嚢から吸収されて新しく入れ替わっています。

 

 

三半規管は三次元の回転運動を感じ取る

三半規管は人間が三次元の空間に生きていることと関わりがあり、半円状をした外側半規管と前半規管、後半規管の三つの管が直角に行きかって回転運動を感知します。

 

外側半規管は左右の水平回転、前半規管と後半規管は垂直方向の回転の向きや速さを感じ取ります。頭が回転すると、三半規管の中の内リンパ液が動いて感覚細胞を剌激し、その回転方向と速度の信号を前庭神経から脳幹、小脳へと伝えます。

 

 

耳石器は頭の動きや重力などを感知します

耳石器には卵形嚢と球形嚢があり、それぞれ炭酸カルシウムでできた小さな石のような結晶(耳石)がつまっています。頭が傾いたり重力や遠心力などがかかると耳石がずれ、そのずれ方を感覚細胞が感じ取って、からだの傾きぐあいなどを認識します。

 

耳石が耳石器から飛び出し、三半規管などに入ると、良性発作性頭位めまい症といって、前庭の平衡機能が乱れ、めまいが起こるとされています。

 

 

前庭神経の異常でもめまいは起こります

内耳からの情報を脳幹に伝える前庭神経に異常があると、めまいを引き起こすことがあります。前庭神経炎ではめまいだけが起こり、難聴や耳鳴りなどの耳の症状は伴いません。

 

 

めまい・難聴・耳鳴りがいっしよに起こるわけ

めまい、耳鳴り、そして難聴は、それぞれの症状がいっしょに起こることがよくあります。メニエール病はその代表ですが、そのほかにも内耳に障害を起こす病気の多くは、この3つの症状を合併することが多いものです。

 

もともと、からだのバランスを維持する器官(前庭系)と音を感じる器官(聴覚系)は、進化の過程をたどると、同じ器官から発生し分化しています。

 

このため、機能はまったく違うのですが、隣接した場所に位置して、お互いに影響し合っているのです。内耳では、蝸牛と前庭が1立方センチメートルほどの範囲内に存在し、一本の管でつながっています。

 

たとえばメニエール病のように蝸牛の中の蝸牛管の内リンパ液がたまりすぎると、聴覚をつかさどる蝸牛管の感覚細胞だけでなく、平衡感覚に関連する三半規管の感覚細胞にも影響を及ぼします。

 

このため、耳鳴りとめまいが同時に起こってきます。発作をくり返すっちにめまいはおさまってくることがありますが、耳の症状は元に戻らず難聴が残ることもあります。

 

 

聴神経と前庭神経も影響します

内耳と脳幹部を結ぶ蝸牛神経(聴神経)と前庭神経はそれぞれ役割が違いますが、合わせて第八脳神経とも呼ばれています。内耳道という細い骨の管の中をいっしょに通り抜け、脳幹部まで寄り添って走っているため、一方に障害が起こると、もう一方にも影響を及ぼすことが多くなります。

 

たとえば聴神経腫瘍では、難聴が進むにつれて耳鳴りやフラフラとしためまいが起こってくることがあります。内耳に血液を供給している血管がつまると片側の難聴、耳鳴りやめまいが起こります。

 

めまいは日常生活のなかにも誘因に材料があります

じつはめまいや難聴・耳鳴りは必ずしも病気のために起こるとは限りません。私たちは日常生活のなかで、しばしば軽いめまいや耳鳴りを感じているものです。それらは病気というよりは、むしろ、疲れがたまっていたり睡眠不足などのために体調をくずしていたときに起こっていることが多いのです。

 

とくにめまいを起こすメカニズムをおさらいすると、からだのバランスを正常に保つためのネットワークは複雑で微妙な関係にあり、ほんの少しずれても症状を起こす可能性があります。

 

いろいろな検査をしても原因がみつからないというときヽ生活を振り返ってみると、いつもより忙しくしていたとか、かぜぎみで体調がよくなかったとか、生活のリズムが乱れていたなどということがよくあるものです。

 

とくに夜ふかし、睡眠不足は、自律神経系のバランスを乱し、めまいや耳鳴りを引き起こす重要な誘因になります。

 

これに精神的なストレスが重なったり、義務的にしなければならないことが重なったりすれば、それはめまいや耳鳴りを起こしやすい状態を準備しているようなものともいえます不規則な食生活や偏食、極端な食事制限を続けることも、めまいや耳鳴りを誘発する要因になることがあります。

 

 

肩こり、頭痛が誘因になることもあります

最近はデスクワークやOA機器の操作、自動車の運転などで同じ姿勢を続けているために、肩こりや頭痛が起こり、めまいを誘発している人も少なくありません。ふだんからからだを動かす機会が少ないと、めまいに対する抵抗力が低下し、発作をひどく感じることがあります。

 

環境の影響も考慮しなければなりません。換気が悪かったり蒸し暑い環境では、体調をくずしてめまいや耳鳴りを引き起こすことがあります。

 

とくに耳鳴りはからだに異常がなくても起こります。体調がよくないときには、不快感がつのり、ふだん以上に気にしてしまうこともよくあります。

 

スポンサーリンク

関連ページ

めまいや耳鳴りの症状が続く場合は脳の病気のサインかもしれません
耳鳴りや難聴が起こる仕組みを知りましょう
めまいを起こす耳や脳の病気にはどのような病気がありますか?
めまいや難聴は全身の病気からも起こります
めまいがした場合は何科で診察を受けたらいよの?
めまいの原因を調べる検査にはどんなものがあるのでしょうか?
難聴の原因を調べる検査にはどんなものがあるのでしょうか?
耳鳴りを客観的にとらえられる検査とは何?
原因不明のめまいが続くときに行う検査とは?
めまいの治療にはどのようなものがあるのでしょうか?
耳鳴りの治療にはどのようなものがあるのでしょうか?
めまいの薬物治療のは様々な種類の薬が使われます
良性発作性頭位めまい症とはどのような症状でしょうか?
メニエール病とはどのような病気でしょうか?
さまざまなめまいや難聴の病気
中耳炎の症状と治療法
脳の障害によるめまいの症状は生活の工夫で予防しましょう
めまいの原因が自律神経失調症だからとあきらめていませんか?
心因性のめまいは専門的な治療でよくなります
めまいの原因が更年期による場合は婦人科を受診しましょう
高齢者のめまいや耳鳴りは全身のチェックで原因を探します
めまいや難聴が楽になる方法にはどのようなものがあるのでしょうか?
めまいや難聴に対する日常生活の工夫や注意点
めまいに効果のある食品と食生活の注意点
めまいと入浴時の注意や症状をやわらげる入浴法
めまいがする時の運転の注意点
めまいと耳鳴りが擦る場合のスポーツでの注意