スポンサーリンク

心室不整脈の治療は危険度によって薬かICDかが洗濯されます

突然死の危険性が低いタイプは薬物治療が中心です

「心室期外収縮」や「心室頻拍」「心室細動」などの心室不整脈では、突然死につながる危険なタイプかどうかによって治療方針が決まります。突然死の危険性が低いタイプの治療は、薬物治療が中心です。

 

心室期外収縮は、基本的に薬物治療の必要はありませんが、症状が強い場合や、心筋梗塞など心臓の基礎疾患がある人などでは、薬物治療が行われます。使う薬は、基礎心疾患の有無や心機能、心電図波形のタイプなどを考慮して選択されます。

 

 

心室頻拍もタイプによって危険度が異なり、それに応じて治療法が選択されます。

 

30秒未満で自然におさまる「非持続性心室頻拍」の場合、ほかのリスクも低ければ、多くは心室期外収縮と同様に治療が不要です。治療が必要な場合は薬物治療を行います。

 

薬は、心機能が正常で心筋梗塞などの既往歴がなければナトリウムチャネル遮断薬が、既往歴があればカリウムチャネル遮断薬がまず用いられます。心機能が低下していれば、カリウムチャネル遮断薬のアミオダロンが主に用いられます。

 

一方、30秒以上続く「持続性心室頻拍」の場合は必ず治療が必要で、薬物治療では主にカリウムチャネル應断薬が用いられます。

 

 

突然死の危険性が高いタイプはICDで備えます

心室細動と、リスクが高いタイプの心室頻拍は「致死性不整脈」といわれる、突然死の危険性が高い不整脈です。心室頻拍のなかでは、持続性多形性心室頻拍やトルサード・ド・ポワンツなどがハイリ
スクで、基礎心疾患がある、失神を起こすという場合は危険度が高くなります。

 

こうした不整脈が発生したら、緊急処置として電気ショック(電気的除細動)を行いますが、起きてしまったら命にかかわるだけに発作への備えが重要です。そこで、心室細動を起こした人、リスクの高い心室頻拍のある人には、ICD(植込み型除細動器)の植込みが推奨されています。

 

 

ICDは、致死的な不整脈の発作が起こったときに、それを感知し、自動的に電気ショックを与えて心臓の拍動を正常に戻します。最近では、ペースメーカー機能を備えたタイプもあり、除細動後に拍動か遅くなったり止まったりしたときにペーシングクして正常な拍動にします。

 

ICDを入れた後で発作が頻発したら

植込み後、発作が頻繁に起こるとICDの電池消耗が著しく、たびたび電気ショックを受けるのは患者さんにとっても負担です。その場合は、発作を減らすために、カリウムチャネル遮断薬とβ遮断薬の併用がよく行われます。

 

心臓病のある人が失神を経験したらハイリスクです

持続性心室頻拍や心室細動はもともと心筋梗塞、心筋症(拡張型、肥大型)など、基礎心疾患がある人によくみられる不整脈です。

 

こうした心臓病のある人が失神したら、たとえそれまでに心室細動や持続性心室頻拍が確認されたことがなくても要注意です。電気生理学的検査などで、心臓突然死の危険度が高いときれれば、ICDの植込みが勧められることもあります。

 

そのほか、ブルガダ症候群やQT延長症候群がある人で、心肺蘇生を受けた経験がある場合も、ICDが適応となります。

 

 

心室不整脈の治療のQ&A

 

非持続性心室頻拍で失神しました。心臓病がなくても危険ですか?

一般に、非持続性心室頻拍は、心不全や心筋梗塞などの基礎心疾患がなければ、治療は必要ないとされています。しかし、失神という症状は見過ごせません。詳しい検査を受け、本当に心臓病が潜んでいないか調べる必要があります。

 

 

ブルガダ症候群やQT延長症候群など、一見、健康な人に潜んでいる不整脈もあります。これらはいずれも命にかかわるタイプの不整脈で、軽視できません。こうした病気の可能性も含めて、非持続性心室頻拍が起こる原因を探ります。

 

 

非持続性心室頻拍は低カリウム血症によって起こることもあります。低カリウム血症はホルモンの病気や、利尿薬や漢方薬など、ある種の薬剤が関係していることもあり、そうした原因がある場合も考えられます。まずは、精密検査による原因究明を優先しましょう。

 

期外収縮でも回数が増えると薬が必要ですか?

基礎心疾患がない人なら、期外収縮の回数が増えても特に治療は必要ありません。

 

医師から薬は不要といわれているなら、あまり気にしないほうがよいでしょう。

 

ただし、頻繁に起こる期外収縮が負担になって、日常生活に支障をきたすときは、ナトリウムチャネル遮断薬やβ遮断薬などの薬が出されることもあります。

 

心臓病はないが、健康診断の心電図検査で「QT延長」といわれました

QT延長とは、電気刺激によって興奮した心室の心筋が、回復するまでの時間が延長していることを意味します。QT延長が起こると心室頻拍や心室細動、トルサード・ド・ポワンツなどの危険な心室不整脈が起こりやすいといわれています。

 

子どものころから原因不明の失神を何度も起こしているような場合はすぐに精密検査を受けるべきです。

 

ただ、QT延長は抗うつ薬や抗生物質、胃薬やかぜ薬などによっても起こることがあります。こうした要因のチェックも含め、一度専門医で原因を調べる検査を受けたほうが安心です。

 

スポンサーリンク

関連ページ

不整脈を知る前に心臓の働きを知りましょう
不整脈とはどんな症状の病気なのでしょうか
不整脈の原因と怖いのはどんなところなの?
不整脈の診断にはまずは問診から始まります
不整脈には心電図検査が診断を行う上でかかせません
不整脈の心電図検査からはこんなことがわかります
不整脈には心電図のほかにも様々な検査が行われます
期外収縮とは心臓の拍動のタイミングがずれる状態です
頻脈性不整脈とは脈が速くなっている状態です
徐脈性不整脈とは拍動のリズムが遅くなっている状態です
不整脈で薬物治療を行うときとはどのような場合でしょうか
抗不整脈薬は不整脈発作を予防して症状を改善する薬です
不整脈治療で使用する抗凝固薬は脳梗塞を予防します
不整脈の薬物治療以外にはどんな治療があるのですか
不整脈の治療のカテーテルアブレーションとはどんな治療ですか
ペースメーカーは序脈性不整脈の治療の中心です
不整脈治療で用いる植込み型除細動器とはどんな器具ですか
不整脈のタイプ別の治療方法
不整脈の症状である心室細動の治療はどのようにしてするのでしょうか
不整脈のある人の生活
不整脈治療で機器を植え込んだ人の日常生活の注意点
心肺蘇生法とAEDの使い方