スポンサーリンク

吸入ステロイド薬は喘息発作を防ぐのはなぜでしょうか

喘息の薬は、その目的や用法、剤型が多種多様で、使い分けがむずかしいといわれます。

 

発作が起こったときには、気管支拡張薬、重症の場合はステロイド薬の注射などで発作をしずめますが、日常的な管理では吸入ステロイド薬を中心にして予防的治療を続けます。長時間作用型の気管支拡張薬や炎症の過程で作用する抗アレルギー薬なども使われます。

 

 

吸入ステロイド薬は強力な抗炎症作用で気道の炎症を抑えます

ステロイド薬は「副腎皮質ホルモン薬」とも呼ばれています。腎臓のすぐ上にある副腎皮質から分泌されるホルモンを化学的に合成したものです。

 

副腎皮質ホルモンには、さまざまな働きがあります。なかでもよく知られているのは、外部からのさまざまなストレスに対応して体内環境を整える作用です。過労や心理的ストレスに対して態勢を整えたり、風邪などの細菌感染などにも対抗し免疫反応を整え、ナトリウムやカリウムなど電解質代謝を調整します。

 

 

この副腎皮質ホルモンの重要な作用のひとつに、炎症を抑える働きがあります。ステロイド薬の抗炎症作用は、ほかの薬の追随を許さないほど強力です。

 

慢性関節リウマチでは、関節の炎症を抑える特効薬としてステロイド薬が使われています。アトピー性皮膚炎でも、まず起こっている炎症をステロイド薬でI気にしずめてから、皮膚の過敏性に対する治療を行っていく方法がとられています。

 

 

吸入ステロイド薬は気道の炎症をねらい打ちします

喘息の患者さんの気道で起こっている炎症には、好酸球を中心に肥満細胞、好塩基球などの炎症細胞が集まっています。それらに働きかけているのが、リンパ球のうちのヘルパーT細胞です。ステロイド薬には、ヘルパーT細胞の作用を阻止するとともに、以上のような炎症細胞をやっつけて、腫れをとり粘膜を修復する働きがあります。

 

 

とくに喘息の患者さんに多く見られる好酸球に特効的に効くのは、今のところステロイド薬以外にありません。ステロイド薬は、好酸球がロイコトリエンなどの化学伝達物質や組織傷害性たんぱくを放出して、気道粘膜を傷つけるのを防ぎます。また、痰などの増加を防ぎ、気道の基底膜が厚くなるのも防ぎます。

 

つまりステロイド薬は、喘息の発作の下地となる気道の炎症を防ぐとともに、発作を繰り返すことでリモデリングといって気道が厚くなり、過敏性を増していくことも防ぐ作用があるのです。

 

吸入ステロイド薬は、この強力な抗炎症作用を気道に限って働きかけるという大きな利点があります。

 

 

ステロイド薬で重大な副作用が出るのは飲み薬や注射によるものです

吸入ステロイド薬は、喘息の発作を予防する薬として画期的な役割を果たすものですが、日本ではまだまだそうした認識が行き渡っていません。「ステロイド薬はこわい」というイメージが定着していて、はじめから避けたり、途中で量を減らしたり止めてしまう人もいるようです。

 

 

たしかにステロイド薬は強い作用があり、両刃の剣というのでしょうか、強い副作用があることで知られています。

 

ステロイド薬を長期に大量に使うと、ムーンフェイス(満月様顔貌)といい、顔がむくんで丸くなるといった副作用が現れます。この副作用は薬を止めるとなくなりますが、もっと気をつけなければならないのは、骨粗しょう症といって骨がもろくなったり、幼い子どもでは発達障害が出るともいわれます。

 

しかし、こうした副作用が現れるのは、ステロイドを飲み薬や注射などで全身に、しかも長期に大量に投与した場合に隕られます。外部から長期間にわたり大量にステロイドが入ってきた結果、いろいろな副作用が出てしまうのです。

 

もちろん、飲み薬や注射なども、当面の重大な炎症を抑えるためには、副作用に注意しながら使わなければならないこともあります。喘息の場合も、強い発作が起こったり慢性の重症の患者さんに対しては、ステロイド薬の内服や注射をすることがあります。

 

 

吸入ステロイド薬は少量を気道に限定して送られます

吸入ステロイド薬の場合は、薬の成分が全身ではなく気道に限定して到達するように工夫されています。ごくわずかな成分が気管支に達し、数分から数時間とどまって強力な抗炎症作用を働かせます。

 

成分の一部は気道までの経路となる口や胃腸の粘膜に吸収されますが、その大部分は肝臓を通過するときに効果も副作用もない物質に作り替えられます。全身的な副作用の心配はほとんどありません。

 

ただし、口の中、咽頭、喉頭などでは、副作用が出ることがあります。口腔カンジダ症、のどの痛みや声がれなどがおもな副作用ですが、これらは吸入後、しっかりうがいをすることで、ある程度防ぐことができます。

 

スポンサーリンク

関連ページ

喘息とはどんな病気でしょうか?
喘息の原因である気道の炎症はなぜおこるのでしょうか
喘息の症状が息苦しいだけとはかぎりません
喘息の診断は専門医の診察を受けましょう
喘息の治療に必要な検査はどのようなものがあるのでしょうか?
喘息の測定に使うピークフローメーターとはどのような器具でしょうか
喘息日記をつけると医師が診断する際の貴重な診断材料になります
ぜんそくの治療について
喘息治療に使う吸入ステロイド薬には2種類あります
喘息治療で吸入ステロイド薬を使用する時はこれだけは注意して下さい
喘息の治療には抗アレルギー薬を使って気道の炎症を防ぎます
喘息の発作止めの気管支拡張薬は使い過ぎはよくありません
喘息の予防治療に使うテオフィリン薬とはどんな薬でしょうか?
小児喘息の発作時の対処方法とその後の長期管理について
成人喘息の発作時の対処方法とその後の長期管理について
喘息で入院治療が必要なのはどんな場合でしょうか?
喘息とその他の病気
喘息でストレスを引き金にしないために注意したいこと
喘息発作を起こりにくくするには皮膚を鍛えると効果的です
運勤誘発喘息の対処はどのようにしたらよいのでしょうか
喘息予防のダニやハウスダストはこうして遠ざけましょう
喘息の患者さんの入浴や温泉ではこんな点に気を付けましょう
喘息は薬が原因によって起こることもあります
喘息の患者さんは日々の食生活にも注意しましょう
喘息発作と生理や妊娠時の薬の使用の注意点とは