スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎には食べてよい食事と食べてはいけないものがあります

アトピー性皮膚炎の食物アレルギーがある場合は対処法を医師に相談しましょう

大人のアトピー性皮膚炎では食物をアレルゲンとして起こる例は少ないのですが、ときには、そばアレルギーのように下痢や嘔吐、ショックなどの激しい症状が起こる例がないわけではありません。何か決まったものを食べると、痒くなったり下痢をする場合は、自己判断で対策をこうじる前に主治医に相談してください。

 

幼いときに食物アレルギーがあった場合、大人になってからも当時アレルゲンとなっていた食品を食べられないかといえば、そうしたことはむしろ少ないのです。

 

幼いころは腸管の免疫機構が確立していなかったために食物アレルギーを起こしたのですが、免疫機構は成長とともに出来上がってくるのが普通です。通常は成長するにつれて、ほとんどのものが食べられるようになります。

 

血液検査でアレルゲン陽性と出た食品も、皮膚炎の原因になるとは限りません。皮膚炎を起こすかどうかを判断するには、食べてみて赤くなるなどの反応を調べることが必要です。

 

アトピー性皮膚炎はさまざまな要因がからまって起こります。別の要因も総合的に検討し、必要と判断すれば食事療法を取り入れます。最近は子どもの食物アレルギーでも、特別な場合を除いて極端な除去食は行わないのが一般的です。大人のアトピー性皮膚炎も同様です。

 

アトピー性皮膚炎では同じものを多量に摂り過ぎないことも大切です

甘いものやチョコレートなどは痒みを強くするといわれています。ただし少量を楽しむ場合はあまり神経質になる必要はないでしょう。

 

納豆や山芋などヌルヌルしたものを食べると、痒いという人もいます。また、サバなどを食べると蕁麻疹が出るという人もいます。どんな食べもので痒みが出るかは、人によって異なります。

 

また、そのときの体調によっても異なります。ほかの人が痒くなった食品は自分も食べない、あるいは一度食べて痒くなったものは、以後、一切、食べないというのではなく、体調がよいときに少量試してみて判断するのがよいでしょう。

 

 

反対に、ゴマやにんにくは皮膚の免疫力を高めると言われますが、量を過ごして食べ続けると、かえってアレルギー反応を引き起こすことがあります。唐辛子などのスパイス類も度を過ごさない程度にとっている間は問題はないのですが、摂り過ぎると、痒くなる人がいます。自分の適量を知って楽しむことが必要です。

 

 

アトピー性皮膚炎に効果的な食事とはどのようなものでしょうか

ヨーグルトや発酵食品は、アレルギーの予防に有効でしょうか

アレルギー性の病気と食事の関係については、いろいろな研究がされていますが、まだ、自信をもって特定のものをすすめるまでにはなっていないというのが実感です。その前提のうえで、最近の話題を紹介しておきましょう。

 

 

アレルギーは免役系の機構が過敏に反応したときに起こりますが、最近の研究では、この反応が暘内細菌と関係があるのではないかといわれています。

 

腸内細菌のバランスを保ち、からだによい影響を与える生きた微生物をプロバイオティクスといい、このプロバイオティクスには整腸作用とともに免疫調節作用があり、アレルギー性の病気の予防に役立つのではないかと注目されています。

 

プロバイオティクスとしてあけられているのは乳酸菌のラクトバチルス菌、ビフィズス菌、納豆菌、酵母などで、これらはヨーグルトや乳酸菌飲料、納豆などに含まれています。これらの微生物が生きたまま大腸に到達して増殖したときに、その効果を発揮するといわれ、日本では一定の効果があるものに対して、「特定保健用食品」の表示か許可されています。

 

外国も研究ではラクトバチルス菌を妊娠中の母親や乳幼児に投与したところ、アトピー性皮膚炎がか半減したという結果か報告されたという報告があります。

 

 

食物繊維は腸内細菌のバランスを保つ働きがあります

腸内細菌のバランスを側面からよくするものとして、プレバイオティクスというものも注目されています。こちらは食物繊維やオリゴ糖などがあげられています。

 

これらは胃や小腸で分解されずに大腸まで到達してから乳酸菌によって分解され、善玉菌のみを増やすことで、腸の調子を整えてアレルギーの予防や免疫強化につながるのではないかといわれています。

 

 

食物繊維は便秘の予防や解消に役立ち、現代人に不足しがちな成分の一つです。野菜や果物、きのこ、海藻、いも、豆類、穀類などに多く含まれますが、通常、食物繊維を十分にとるには、主食の穀類のほかに野菜を1日250g、果物を100g、海藻やきのこ、豆類などを適宜とることがすすめられています。

 

朝食を抜いたりインスタント食品が多くなると、食物繊維はどうしても不足がちになります。野菜ジュースなどはビタミン・ミネラルの補給になりますが、食物繊維に関しては、大した補給源にはなりにくいのです。やはり形のある野菜をとることが大切です。

 

オリゴ糖は清涼飲料水などに添加されているものがありますが、摂り過ぎると下痢を起こすことがあるので、量を過ごさないことが大切です。

 

 

脂肪は肉より青魚に含まれるものがおすすめです

アレルギーと食事の関係では、食べものに含まれる脂肪の種類も注目されています。肉に多く含まれる飽和脂肪酸はアレルギー症状と関係があり、青い背の魚に多く含まれるn-3系多価不飽和脂肪酸のEPAやDHAはアレルギー反応を起こしにくいのではないかといわれています。

 

植物性油脂では、しそ油やえごま油にもn-3系多価不飽和脂肪酸のα-リノレン酸が多く含まれています。また、昆布やワカメに含まれるγ-リノレン酸もアレルギー病に
有効ではないかといわれています。

 

 

野菜の多くは抗酸化作用もあり免疫力を高めます

体内に活性酸素が多くなると細胞の老化が進み、皮膚などかダメージを受けやすいこともわかってきました。活性酸素に対抗するには抗酸化物質をとるのがよく、カロテンやビタミンC・Eは有力な抗酸化物質であり、免疫力を高めるといわれています。

 

ビタミンCは野菜や果物に多く含まれますし、緑黄色野菜の多くはカロテンやビタミンC・Eを多く含んでいます。野菜は食物繊維やミネラルなども豊富なものが多いので、とくにしっかりとりたい食品といえるでしょう。

 

しその葉などもアレルギー性の病気に有効、という研究報告が出されています。

 

 

同じ食品だけ食べ続けることは避けましょう

このように見てくると、アトピー性皮膚炎によい食事とは、肉の脂肪などを摂り過ぎず、どちらかといえば、本来の日本食にヨーグルトなどをプラスしたバランスのよい食事こそが一番ということになります。

 

とくに現代人に不足しがちな野菜や穀類、きのこや海藻、豆類といった食品を意識してとるのがよいでしょう。

 

ただし、アトピー体質がある場合、同じ食品を大量に食べすぎると、なんらかのきっかけでアレルギー反応が起こる可能性があります。どんなに体によいと思われるものでも、そればかり食べ続けることだけは避けましょう。

 

食物アレルギーの対策として、いろいろな種類の食品を日替わりで食べていき、同じものを続けない回転食という方法があります。同じものを食べ続けなけれは、食物アレルギーは起こりにくいという考え方です。

 

 

1日に30種類の食品を目標に食品を選ぶと栄養のバランスがよくなると言われますが、この方法は同じ食品をくり返して食べ続けないという意味で回転食と似た利点があります。

 

1日30食品を達成するには、朝食を抜かないことが近道になります。1日3食をきちんと摂れば、1回あたり10種類の食品をとるのはそれほど難しくありません。

 

 

食事はいろいろな栄養素をバランスよく摂るのが基本です。とくに、皮膚が弱いアトピー性皮膚炎の人は、たんぱく質やビタミン・ミネラル、適量の脂肪をとって皮膚を構成する細胞の質を高めることが大切です。

 

 

食品添加物などにも要注意です

大学入学、就職、単身赴任などでひとり暮らしをはじめると、症状が悪化する人のなかには、食事に偏りがある人が少なくありません。

 

環境が変わったり、不安感なとストレスも影響しているのでしょうが、食事の乱れ、とくにインスタント食品や食品添加物がいろいろ入った市販品にかたよった食事を続けると、皮膚への栄養が不足してダメージを受けやすくなります。

 

 

過激なダイエットをして栄養バランスか崩れても、アトピー性皮膚炎が悪化することかあるので注意が必要です。そうした食事に早く気づき、少し食生活を変えると症状がよくなる人は少なくありません。

 

食事は、できれは会話を楽しみながら摂りたいものです。そうすることで気分転換が出来、つらい症状を一時的に忘れる手だてになることもあります。

 

 

アトピー性皮膚炎の人のタバコやお酒との付き合い方

アトピーはタバコの煙で痒くなることもあります

タバコの煙はアレルギー反応を誘発させることがあります。アトピー素因が強い人は、禁煙が原則です。タバコは細胞の酸化を促して、がんの原因になるのではないかともいわれています。タバコを吸う人は肌が荒れがちな人が少なくありません。顔色も悪くなりがちです。

 

タバコには、主流煙といって吸っている人が吸い込む煙のほか、副流煙といって、周囲の人にまき散らす煙があります。副流煙には、主流煙よりも多くの有毒物質が含まれ、周囲の人に迷惑をおよぼします。

 

アトピー性皮膚炎の人では、煙を吸っただけで痒くなることがあります。気管支喘息の合併症がある場合は、タバコの煙で喘息発作を起こすことがありますから注意が必要です。タバコは禁煙が一番です。

 

 

アトピーではお酒は痒みと赤みを引き起こしやすくなります

酒は皮膚の毛細血管を拡張させます。アトピー性皮膚炎の人では、痒みが強くなりますし、顔など全身が赤くほてります。酔いがまわってくると、全身が痒くなるうえに、「かいてはいけない」という抑制がはずれて、ポリポリかきむしる例が少なくありません。頭皮などもゴシゴシかいて、湿疹をひどくすることがあります。

 

 

少量の酒をゆっくり楽しむことは悪くありませんが、自分の適量を知って度を過ごさないことが大切です。

 

とくに女性は男性よりもアルコールの分解酵素が少ないといわれます。皮膚への影響も大きく、早く酔いやすいので気をつけなけれはなりません。

 

酒を飲むときは、ビタミン類などを中心につまみをとりながら飮むと吸収が遅くなり、急激に火照るのを少しは防ぐことか出来ます。かけつけ3杯とか一気飮みなどというのは、もちろんすすめられません。合間にウーロン茶などを飮んで、アルコール分をたくさん摂り過ぎないように気をつけることも大切です。顔が赤く火照ってカッとする場合は、冷たいおしぼりなどで冷やします。冷たい水分をとるのもよいでしょう。

 

最近はカラオケで歌ったり、お酒を飲んだりして、症状が悪化する人もいます。よどんだ空気のなかで長時間過ごすことも症状を悪化させるのでしょう。体調がよいときは症状が出ないのでしょうが、体調がよくないときは注意が必要です。

スポンサーリンク

関連ページ

大人のアトピー性皮膚炎の特徴は
アトピー性皮膚炎にはアレルギー反応の素因があっても必ずなるわけではありません
アトピー性皮膚炎の原因にもなるアレルギー反応を起こす物質は年々増えています
アトピー性皮膚炎では敏感な肌がトラブルの原因になっていることもあります
アトピー性皮膚炎の原因はアレルゲンによるものだけではありません
アトピー性皮膚炎を治すための考え方
アトピー性皮膚炎で気をつけなければならない合併症合併症とは?
アトピー性皮膚炎の診断と検査のいろいろ
アトピー性皮膚炎の治療は、薬、スキンケア、毎日の暮らし方が重要です
アトピー性皮膚炎の薬は状態によって目的別に使い分けます
アトピー性皮膚炎は皮膚を保護する薬でバリア機能を補います
アトピー性皮膚炎のステロイド剤の効果を活かす安心利用法
アトピー性皮膚炎の外用薬は塗り方を誤ると悪化することもあるのは知っていますか?
アトピー性皮膚炎の治療方法にはいろいろな方法があります
アトピー性皮膚炎は症状がおさまっているときのスキンケア方法が大切です
アトピー性皮膚炎のスキンケアのポイントは保湿が重要です
アトピー性皮膚炎の人の石鹸と洗顔フォームの選び方と使い方
アトピー性皮膚炎の方必見!入浴療法で滑らかな皮膚を取り戻す方法
アトピー性皮膚炎の人の頭皮を傷めないシャンプーの仕方とヘアスタイル
アトピー性皮膚炎で髭剃りや化粧品を使うときに気を付けたいこと
アトピー性皮膚炎でかゆみが我慢出来なくなった時の対処方法
アトピー性皮膚炎の人の花粉症対策はこのようにしましょう
アトピー性皮膚炎の人は衣類や選択の仕方にも注意しましょう
アトピー性皮膚炎のアレルゲンを寄せ付けない暮らし方とは
アトピー性皮膚炎でも手荒れをしない掃除の仕方はこれ!
アトピー性皮膚炎とスポーツやレジャー・リラクゼーション
アトピー性皮膚炎と女性ならではの問題とはどのようなものがあるのでしょうか
アトピー性皮膚炎の原因にはストレスが大きく関わっています