スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎のアレルゲンを寄せ付けないようにするにはどのようにしたらよいのでしょうか

高温多湿で凹凸が多い部屋はダニやカビなどのアレルゲンの温床です

アトピー性皮膚炎の人ではダニやハウスダストに反応する人が少なくありません。カビなどで反応する人も多くなっています。ダニやカビは気温20〜30℃、湿度70%以上になると、活動が活発になります。

 

気密性の高いコンクリート性の住まいやオフィスでは、常にダニやカビが繁殖しやすいと考え、住環境を整えることが必要です。

 

ダニやハウスダストなどを少なくするためには、室内をなるべくシンプルにすることをおすすめします。室内にいろいろな飾り物があったり、凹凸があると、ほこりがたまりやすく
なります。ダニはホコリをえさにして繁殖します。

 

床は板の間が望ましいですが、カーペットの場合は毛足が短いものにします。毛足の長いカーペットはダニの温床になりやすいものです。部分敷のマットなども置かないにこしたことはありません。

 

照明器具は、笠がついているタイプより天井に据えつけるタイプの方がホコリが溜まりにくく、掃除の手間も省けます。

 

 

物が少ないシンプルな部屋はダニやカビなどのアレルギー反応がすみにくくなります

ぬいぐるみやクッション、布製のソファはダニの棲み処になりやすいので出来るだけ置かないようにします。どうしても置きたい場合は、洗濯がきき、表面がツルツルした布製ものにします。ときどき屋外で叩いて夕二を追い出し、表面近くに出てきたダニを掃除機などで吸い取って洗濯しましょう。

 

 

大きなソファを壁除に置くと、璧にカビが繁殖することがあります。キャスターつきのものなど動かせるものがよいでしょう。

 

額や人形などもホコリが溜まりやすいので、出来るだけ置かないようにします。ビデオテープやCD、本なども棚にむき出しにしないで、とびらのついた棚にしまうのかよいでしょう。

 

 

観葉植物は土にカビが繁殖しがちです。ゴムの木などの大きな葉はホコリが溜まりがちです。こうしたものの管理も手間がかかり手を荒らしますから、できるだけ置かないほうがよいでしょう。

 

このようにひとつひとつ挙げていくと、あれもこれもダメ、ということになり、気分が滅入りそうですが、こうして片づいた部屋は、シンプルで居心地がよく、整理整とんの手間も
省けます。シンプルライフは気持ちも落ち着き、掃除も簡単、そしてアトピー性皮膚炎にもよい、そんな前向きな姿勢をもってください。

 

 

暖房は低めに設定して、温風が直接当たらないようにしましょう

暑い季節に症状が悪化しやすい人にとって、冷房は強い味方です。ただし、フィルターはカビのすみかになりがちです。ホコリもつきやすく、汚れた空気をまき散らしやすいものです。

 

フィルターは1週間に1回程度は掃除機をかけて洗い、吹き出し口のホコリを拭き取ります。エアコンの風が直接からだに当たると、乾燥しがちの皮膚をさらに乾燥させます。風が直接当たらないようにします。

 

 

暖房は低めに設定します。顔に直接風が当たると、ほてったり痒くなったりしやすいので注意します。こたつは、布団などにダニが棲みつきやすくなります。オイルヒーターは
空気を汚さず、ほんのりと暖まるのでアトピー性皮膚炎の人に向いています。

 

煙などに敏感な人は、空気清浄器を使うのもよいでしょう。細かいホコリがずいぶん少なくなるようです。この場合も細目ににフィルターを交換します。新建材や合成塗料な
どででアレルギーを起こす人は、引っ越しをするとき、建築資材なども確認しましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

大人のアトピー性皮膚炎の特徴は
アトピー性皮膚炎にはアレルギー反応の素因があっても必ずなるわけではありません
アトピー性皮膚炎の原因にもなるアレルギー反応を起こす物質は年々増えています
アトピー性皮膚炎では敏感な肌がトラブルの原因になっていることもあります
アトピー性皮膚炎の原因はアレルゲンによるものだけではありません
アトピー性皮膚炎を治すための考え方
アトピー性皮膚炎で気をつけなければならない合併症合併症とは?
アトピー性皮膚炎の診断と検査のいろいろ
アトピー性皮膚炎の治療は、薬、スキンケア、毎日の暮らし方が重要です
アトピー性皮膚炎の薬は状態によって目的別に使い分けます
アトピー性皮膚炎は皮膚を保護する薬でバリア機能を補います
アトピー性皮膚炎のステロイド剤の効果を活かす安心利用法
アトピー性皮膚炎の外用薬は塗り方を誤ると悪化することもあるのは知っていますか?
アトピー性皮膚炎の治療方法にはいろいろな方法があります
アトピー性皮膚炎は症状がおさまっているときのスキンケア方法が大切です
アトピー性皮膚炎のスキンケアのポイントは保湿が重要です
アトピー性皮膚炎の人の石鹸と洗顔フォームの選び方と使い方
アトピー性皮膚炎の方必見!入浴療法で滑らかな皮膚を取り戻す方法
アトピー性皮膚炎の人の頭皮を傷めないシャンプーの仕方とヘアスタイル
アトピー性皮膚炎で髭剃りや化粧品を使うときに気を付けたいこと
アトピー性皮膚炎でかゆみが我慢出来なくなった時の対処方法
アトピー性皮膚炎の人の花粉症対策はこのようにしましょう
アトピー性皮膚炎の人は衣類や選択の仕方にも注意しましょう
アトピー性皮膚炎でも手荒れをしない掃除の仕方はこれ!
アトピー性皮膚炎の食事でもっとも気を付けることを知っていますか?
アトピー性皮膚炎とスポーツやレジャー・リラクゼーション
アトピー性皮膚炎と女性ならではの問題とはどのようなものがあるのでしょうか
アトピー性皮膚炎の原因にはストレスが大きく関わっています