スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎の人は着る服や洗濯方法にも気を使うことが大切です

アトピー性皮膚炎の人の衣類や寝具の注意点

皮膚にふれる衣類や寝具は木綿製の生地が安心です

私たちは不感蒸泄(ふかんじょうせつ)といって絶えず少量の汗を排出しています。水分の吸収がよくない衣類を着ると、こうした汗の行き場がなく皮膚を刺激します。肌に触れる部分は、衣類でも寝具でも汗の吸収がよい木綿製で、皮膚を刺激しないツルツルした素材がよいでしょう。

 

最近は化学物質などを使ってさまざまな加工を施した製品か売られています。新品を使う場合は、一度水洗いしてから使うとよいでしょう。

 

洗っても元の形を保てるワイシャツやしわのつきにくい加工をしてある繊維製品などは、仕上けにホルマリン溶液につけたものがあるようです。ホルマリンはアレルゲンになりやすいので、こうしたものは使わないほうが安心ですね。

 

防ダニ加工の寝具類はダニにアレルギー反応を示す人に有効とされていますが、なかには薬品で防ダニ処理をしているものがあります。これは刺激になることがあります。ごく細い繊維で高密度に織り上げた布を使用した防ダニシーツなどがよいでしょう。

 

 

ふとんよりベッドがダニを防ぎやすいです

寝具は床に密着するふとんよりはベッドのほうかよいでしょう。ベッドの上に洗濯が出来るベッドパッドを敷き、その上にシーツを敷きます。ツルツルしたシーツが冷たく感じる場合は、さらにその上に柔らかな木綿性のシーツを敷き、ひんぱんに洗います。

 

枕はプラスチックの小さなパイプを詰めたものがダニを寄せつけず、熱もこもりにくいようです。洗濯も簡単ですから、メッシュの袋などに入れてひんぱんに洗いましょう。

 

ふとんを使用する場合は、こまめに日光に当てて、軽く叩いてから取り込みます。掃除機をかけると、ある程度ダニを吸い込むことが出来ます。

 

 

衣類を買うときは手で確かめて、感触が合いそうなものを選ぶクセをつけましょう

アトピー性皮膚炎の人では首に症状が出る人が少なくありません。ウールなどのタートルネックのセーターなどが直接皮膚に触れるとチクチクして痒くなります。下に木綿製のタートルネックのシャツを着る、あるいはバンダナやお気に入りの大判のハンカチーフをネッカチーフがわりに巻くとよいでしょう。

 

ワイシャツはのりを効かせないほうが安心です。衣類を買うときには必す手で触れて、自分の感触に合わないものは避けましょう。

 

下着のレースなども肌に当たるとチクチクするので、シンプルなデザインのものを選びます。縫い目がチクチクする場合は、裏返して着るのもよいでしょう。ブラジャーは金具やひもが当たってかぶれることかあります。胸が当たってかゆくなることもあります。

 

洗いざらした木綿のTシャツを切って、ブラジャーの内側に当てるのもひとつの方法です。薄い木綿製の下着を肌につけて、その上にブラジャーをするのもよいでしょう。ゴムがきついと、その部分か赤く腫れてかゆくなることもあります。

 

ストッキングや合成繊維のソックスは裏地とこすれて静電気を起こしやすく、痒くなることがあります。ストッキングは触ってシャリ感があるもの、靴下はもめん製やメッシュのものを選びます。オフタイムは柔らかいもめん製のズボンと靴下がおすすめです。

 

 

アトピー性皮膚炎の人は洗濯のすすぎが大切です

石鹸カスなどのすすぎ残しは皮膚を刺激しやすくなります

石鹸成分が洗濯したものに残ると、汗ばんだときなどに溶けてきて皮膚を刺激することがあります。洗剤は表示を見て量が多すぎないように注意します。汚れはぬるま湯だけでもある程度落ちるので、洗剤はむしろ表示より少なめでも大丈夫でしょう。

 

石鹸のほうが手を荒らさないという考えもありますが、洗洗濯機では石鹸が溶けにくく洗濯物に石鹸分が残り、それが刺激になることもあります。

 

石鹸や粉末の洗剤は、ぬるま湯で溶かしてから水を張った洗濯槽に加えるか、洗濯槽のなかでよく溶かしてから洗濯物を入れるとよいでしょう。溶けやすい液体洗剤を少なめに使うのもよいでしょう。

 

一度に洗う洗濯物の量を規定の量の8割程度にして、洗剤液の中で洗濯物か十分動くようにすると、汚れか落ちやすくなります。

 

えりやそで口など汚れやすいところは歯ブラシなどを使って、洗剤溶液でこすってから洗濯機に入れると汚れが落ちやすく手も荒らしません。手洗いが必要なものは手にワセリンや保湿クリームなどをつけ、手袋をして洗います。洗濯機で洗えるものは、なるべく洗濯機にまかせましょう。

 

 

仕上げ剤やのりは使わないのが無難です

柔軟仕上け剤やのりは皮膚を刺激しやすいので使いません。下着などが当たる部分だけかゆくなる場合、洗剤などが残っていて刺激になっていることがあります。すすぎはたっぷりの水で念入りに行います。

 

洗剤を変えてから痒くなった場合は、新しい洗剤が合わないのかもしれません。こうした場合は、洗剤を皮膚科に持っていき、パッチテストをしてもらって陽性と出たら、洗剤を変えてみましょう。

 

 

アトピーでアクセサリー、香水をつけるときに気を付けること

水仕事や手洗いのときは指輪を外しましょう

ネックレスやイヤリングなど金属製のアクセサリーで接触皮膚炎を起こす人は少なくありません。アクセサリーをつけて痒くなる場合は、必ずパッチテストを受け、アレルギーの
有無を確かめましょう。

 

とくにピアスは皮膚に傷をつけるので、あまりおすすめ出来ません。ただ、金属アレルギーはアトピー性皮膚炎の人に必ず出るかといえは、そうとはかぎりません。試してみたい人は、必すパッチテストを受け、穴あけも必ず皮膚科でしてもらいましょう。

 

ピアスは18金以上のものを選び、長時間装着しないようにします。体調がよくないときは皮膚炎を起こす可能性もあるので、なるべくつけないようにします。

 

金属製以外のネックレスやイヤリングも、皮膚にとっては刺激になることがあります。とくに首や耳に症状があらわれやすい人は、皮膚への負担を少しでも軽くするために、長時間アクセサリーをつけたままにしないことが大切です。

 

 

手に湿疹ができているときは、指輪なども刺激になることがあるのでつけないほうがよいでしょう。とくに汗をかくと、指輪の金属成分が汗に溶けて皮膚を刺激する可能性もあるので注意が必要です。

 

水仕事をしたり手を洗うときは指輪をはずします。つけたままだと指輪の部分の汚れがとりにくく、洗ったあと、その部分に洗剤分が残ってしまうことがあります。

 

 

マフラーやストールはチクチクしない、なるべくツルツルした素材を選びます。帽子は毛糸製で耳や首をおおうものはチクチクするので避けたはうかよいでしょう。

 

 

香水は皮膚を刺激しやすいので使うときは必ず試しましょう

香水の香料は皮膚を刺激しやすいので、湿疹があるときには避けるようにします。体調がよいときに、ほんの2〜3滴をかぶれにくい部分につける程度は大丈夫かもしれません。

 

ともかくつけてみて、赤く腫れてくるような場合は中正します。香りはつけている本人はそれほど感じなくても、周囲には強く伝わるものです。なかには、香りにアレルギー反応を起こす人もいますから、つける場合は量を控えめにするのかマナーです。

 

ほのかな香りを楽しむなら、コットンなどに少量の香水を含ませ、香り袋などに入れて、バックにしのばせてみるのもいいものです。

 

スポンサーリンク

関連ページ

大人のアトピー性皮膚炎の特徴は
アトピー性皮膚炎にはアレルギー反応の素因があっても必ずなるわけではありません
アトピー性皮膚炎の原因にもなるアレルギー反応を起こす物質は年々増えています
アトピー性皮膚炎では敏感な肌がトラブルの原因になっていることもあります
アトピー性皮膚炎の原因はアレルゲンによるものだけではありません
アトピー性皮膚炎を治すための考え方
アトピー性皮膚炎で気をつけなければならない合併症合併症とは?
アトピー性皮膚炎の診断と検査のいろいろ
アトピー性皮膚炎の治療は、薬、スキンケア、毎日の暮らし方が重要です
アトピー性皮膚炎の薬は状態によって目的別に使い分けます
アトピー性皮膚炎は皮膚を保護する薬でバリア機能を補います
アトピー性皮膚炎のステロイド剤の効果を活かす安心利用法
アトピー性皮膚炎の外用薬は塗り方を誤ると悪化することもあるのは知っていますか?
アトピー性皮膚炎の治療方法にはいろいろな方法があります
アトピー性皮膚炎は症状がおさまっているときのスキンケア方法が大切です
アトピー性皮膚炎のスキンケアのポイントは保湿が重要です
アトピー性皮膚炎の人の石鹸と洗顔フォームの選び方と使い方
アトピー性皮膚炎の方必見!入浴療法で滑らかな皮膚を取り戻す方法
アトピー性皮膚炎の人の頭皮を傷めないシャンプーの仕方とヘアスタイル
アトピー性皮膚炎で髭剃りや化粧品を使うときに気を付けたいこと
アトピー性皮膚炎でかゆみが我慢出来なくなった時の対処方法
アトピー性皮膚炎の人の花粉症対策はこのようにしましょう
アトピー性皮膚炎のアレルゲンを寄せ付けない暮らし方とは
アトピー性皮膚炎でも手荒れをしない掃除の仕方はこれ!
アトピー性皮膚炎の食事でもっとも気を付けることを知っていますか?
アトピー性皮膚炎とスポーツやレジャー・リラクゼーション
アトピー性皮膚炎と女性ならではの問題とはどのようなものがあるのでしょうか
アトピー性皮膚炎の原因にはストレスが大きく関わっています