スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎の人は花粉症対策は早めにはじめましょう

アトピーなら花粉に対するアレルギーがあるかどうかを確認しましょう

花粉症は、スギをはじめブタクサ、ヒノキなど、さまざまな値物の刺激によってアレルギー反応を起こす病気です。アトピー素因の強い人では、花粉症のシーズンになると皮膚が痒くなり、とくに目は結膜炎を起こしやすくなることかあります。くしゃみや鼻水など花粉症によるアレルギー性鼻炎を併発する人も少なくありません。

 

 

日本人はスギ花粉による花粉症が多く、2月の半ばころから4月のはじめころが症状のピークとなります。ただし、ヒノキなとのアレルゲンもあると、さらに5月ころまで症状が出
ることがります。こうした時期に花粉症の症状が出る人は皮膚科でアレルゲンの検査を受けるとよいでしょう。

 

 

毎年花粉症の症状が出る人は1月ごろから主治医に相談をしましょう

花粉症は、シーズン前から抗アレルギー薬を服用すると、症状を抑えたり、軽くすませることができます。毎年、花粉症に悩まされる人は、1月頃から花粉症対策について医師に相談するとよいでしょう。

 

アトピー性皮膚炎の人が皮膚科とは別に耳鼻咽喉科を受診すると、薬が重なることがあります。かかりつけの皮膚科で相談し、のどや鼻の症状が強い場合は耳鼻科を紹介してもらうのがよいでしょう。結膜炎がひどくなる場合は眼科を紹介してもらいます。

 

 

体調を整えて免疫力を高めることも大切です

免疫力が低下してもアレルゲンの侵入をたやすくします。睡眠と栄養を十分にとり、ストレスや疲れをため込まないようにしましょう。乾燥を防ぎ、適度な湿気で敏感な粘膜を守ることも大切です。

 

花粉は晴れて風の強い日、雨がふった翌日の晴れた日で、とくに午後によく飛び散ります。こうした日は出来ることなら、外出を控えたいものです。スギ花粉症の人はスギの木が植えられている公園などに近寄らないのか無難です。

 

舗装された道では花粉の行き場がなく空中を浮遊しているため、都会では郊外よりも花粉症の患者さんか多い傾向があります。

 

 

外出時は花粉がつきにくい衣類や帽子を身につけましょう

外出するときには、花粉がつきにくい服装をします。つばの広い帽子にマスク、表面がツルッとしたナイロン製などの上着がよいでしょう。コンタクトレンズをつけている人は、レンズと眼球の間に花粉が入ると、ゴロゴロして角膜炎を起こすことがあります。

 

眼鏡でカバーするか、外出時だけコンタクトレンズではなく、眼鏡にかえるのもひとつの方法です。帽子もウールや毛糸のものより、ツルッとした生地のものがよいでしょう。首が痒くなる人はスカーフなどを巻くのもひと工夫でよいですね。

 

外出後は屋外で花粉を払ってから家に入ります。手洗い、洗顔、うがいをし、とくに目や鼻はていねいに洗います。洗濯物やふとんは、取り込む前に室外で花粉を払います。この時、洗濯物は室内に干すほうが無難です。

 

なお、花粉症の治療では、耳鼻咽喉科で減感作療法を行う揚今があります。これはアレルゲンとなる花粉のエキスを少量ずつ注射してアレルゲンに対する免疫をつける方法です。この治療法は花粉症だけがある患者さんには、有効率かかなり高いといわれています。

 

しかし、アトピー性皮膚炎の症状が強い患者さんでは、アレルギー反応が誘発されて皮膚炎が悪化することがあります。皮膚科医にも相談しましょう。

 

 

アトピー性皮膚炎と季節に応じた対策は?

空気が乾燥しがちな季節は保湿薬で皮膚の乾燥を防ぐぎましょう

冬は空気が乾燥しがちなため、だれでも肌が乾燥しやすくなります。アトピー性皮膚炎の人では、皮膚の保湿成分が減っていて皮脂の分泌も少なめなのでヽ乾燥症状がさらに悪化しがちです。かゆみか強くなりかさついてきてヽひっかくと粉がふいたようになります。

 

湿疹が出ていなくても、皮膚がサラサラしていたりヽカサカサしているとき、あるいは痒みを感じるとき、入浴後につっぱり感があるところには、保湿薬を塗っておきましょう。

 

保湿薬は医師の処方のものでも市販のものでもかまいません。軟こうとクリームタイプがありますが、自分の好みのものを伸ばして使いましょう(参考記事「アトピー性皮膚炎の炎症がおさまったら皮膚を保護する薬を使います」)。

 

入浴時には保湿作用のある入浴剤を入れたぬるめの風呂に首までつかると、からだ全体がしっとりとうるおいます(参考記事「アトピー性皮膚炎の方必見!入浴療法で滑らかな皮膚を取り戻す方法」)。

 

最近は暖房が行き届いているため、冬でも汗ばむことがあります。首や耳の後ろ、肘やひざのくぼみ、足のゆびの間などは、とくに汗ばみやすいところです。入浴時には丁寧に汚れを落としましょう。

 

 

汗ばむ季節は吸湿性の高い衣類で刺激を少なくすりことを心掛けましょう

暑い時期は、汗がたまりやすいところを中心にジクジクとした湿疹ができやすくなります。シャワーなどで細目に汗を流すのが、一番の予防策ですが、外出中はそうもいきません。汗を吸収しやすく刺激の少ない、柔らかいもめん製の衣類を着るのがよいでしょう。

 

汗を吸収しな素材をじかに着ると、皮膚にまとわりついて刺激となります。ガーゼのハンカチなどを何枚も用意して、こまめに汗を拭き取るようにします。

 

アトピー性皮膚炎の症状はヽ人によりあらわれ方が異なります。いつ頃からどんな薬を使い、どんなスキンケアをしたらよいかヽ自分のパターンを見きわめ、早めにかかりつけの医師に相談するのがよいでしょう。

 

季節の変わりめには体調もくずれやすくなります。睡眠不足や過労に気をつけ、つとめて気分転換をしましょう。体温調節も難しいので、着脱のしやすい服装で、寒暖の差に対応することも大切です。

 

スポンサーリンク

関連ページ

大人のアトピー性皮膚炎の特徴は
アトピー性皮膚炎にはアレルギー反応の素因があっても必ずなるわけではありません
アトピー性皮膚炎の原因にもなるアレルギー反応を起こす物質は年々増えています
アトピー性皮膚炎では敏感な肌がトラブルの原因になっていることもあります
アトピー性皮膚炎の原因はアレルゲンによるものだけではありません
アトピー性皮膚炎を治すための考え方
アトピー性皮膚炎で気をつけなければならない合併症合併症とは?
アトピー性皮膚炎の診断と検査のいろいろ
アトピー性皮膚炎の治療は、薬、スキンケア、毎日の暮らし方が重要です
アトピー性皮膚炎の薬は状態によって目的別に使い分けます
アトピー性皮膚炎は皮膚を保護する薬でバリア機能を補います
アトピー性皮膚炎のステロイド剤の効果を活かす安心利用法
アトピー性皮膚炎の外用薬は塗り方を誤ると悪化することもあるのは知っていますか?
アトピー性皮膚炎の治療方法にはいろいろな方法があります
アトピー性皮膚炎は症状がおさまっているときのスキンケア方法が大切です
アトピー性皮膚炎のスキンケアのポイントは保湿が重要です
アトピー性皮膚炎の人の石鹸と洗顔フォームの選び方と使い方
アトピー性皮膚炎の方必見!入浴療法で滑らかな皮膚を取り戻す方法
アトピー性皮膚炎の人の頭皮を傷めないシャンプーの仕方とヘアスタイル
アトピー性皮膚炎で髭剃りや化粧品を使うときに気を付けたいこと
アトピー性皮膚炎でかゆみが我慢出来なくなった時の対処方法
アトピー性皮膚炎の人は衣類や選択の仕方にも注意しましょう
アトピー性皮膚炎のアレルゲンを寄せ付けない暮らし方とは
アトピー性皮膚炎でも手荒れをしない掃除の仕方はこれ!
アトピー性皮膚炎の食事でもっとも気を付けることを知っていますか?
アトピー性皮膚炎とスポーツやレジャー・リラクゼーション
アトピー性皮膚炎と女性ならではの問題とはどのようなものがあるのでしょうか
アトピー性皮膚炎の原因にはストレスが大きく関わっています