スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎でも髭剃りや化粧品にはこれを知っていれば安心です

化粧品は皮膚を刺激するので最小限にとどめましょう

化粧は、化粧品そのものの刺激も気になりますが、化粧を落とすときにコットンてゴシゴシこすることになり、これも敏感な皮膚を刺激します。いろいろなものを塗れは塗るだけ、落とすときにもゴシゴシと刺激が強くなります。

 

基本的にはなるべくいろいろなものをつけないことが敏感な皮膚を守るコツといえます。とくに湿疹が出ているときは化粧をするだけで症状が悪化します。

 

アトピー性皮膚炎の患者さんには化粧はけっしておすすめできませんが、仕事その他でやむをえないこともあるでしょう。きれいにしたい気持ちもわかりますので、最低限の注意すべきことを解説します。

 

絶対していけないのは、湿疹が出ているところを化粧で隠すことです。炎症がよくなってきたら、さらに症状が安定するまで薬をしっかり使います。

 

症状がすっかりおさまったら、多少は化粧をしてもしかたないでしょう。ただし、化粧は皮膚にとって刺激を与えるものであることだけは、よくわきまえたうえで上手に楽しんでく
ださい。もちろん、ふだんのスキンケアもきちんと行いましょう。

 

 

化粧品はいろいろ使うほどアトピーが悪化しやすくなります

化粧品はできるだけ肌を刺激しにくいタイプのものを選ひ、1種類からはじめましょう。そして、なるべく種類を増やさないことです。1種類つけて大丈夫だと、もうひとつ、もうひとつとエスカレートしがちですが、いろいろ使うほどアトピー性皮膚炎が悪化しやすくなります。

 

いったん湿疹が出来たら、また、はじめから出直しです。なによりも皮膚へのダメージが大きくなります。

 

重ね塗りはできるだけ避け、ファンデーションにアイシャドー、チーク、マスカラといったフルコースの化粧も、特別な場合を除いてやめたいものです。

 

からだのなかでもっとも敏感な顔を、いくつもの刺激物にさらすのは、あまりすすめられることではありません。お化粧落としも大変です。日替わりでポイントメークというのはいかかでしょうか。

 

 

低刺激性や弱酸性の化粧品を使ってもかぶれることはあります

新しい化粧品が出ると、使ってよいかどうか迷う人も多いと思います。医師もすべてを把握することは難しいので、信頼できるメーカーのものを試してから使うほかはないでしょう。皮膚科でパッチテストを受けるのもひとつの方法で。

 

低刺激性とか弱酸性と表示してあるものを選ぶのもひとつの目安ですが、それでも、かぶれる人はかぶれます。いわゆる接触皮膚炎を起こすわけです。どの製品にかぶれるかは、人によって異なりますし、そのときの体調なども影響します。

 

自分に合いそうな製品があったら、大容量のものを買わないで、必ず小容量のもので試してみましょう。最近は試供品を提供したり、トライアルセットを販売しているメーカーも少なくありません。

 

使い始めて皮膚が赤くなったり、腫れたりしたら、中止して様子をみましょう。悪化するようなら、使った化粧品をもって皮膚科の診察を受けましょう。

 

化粧をした日は、帰宅したら早めにしっかりと化粧を落とします。低刺激列の石鹸で洗い流したり、ベビーオイルなどを2〜3滴たらしたぬるま湯で洗い流すのもよいでしょう。洗顔後は保湿クリームでて皮膚を保護します。

 

休日などオフタイムは、皮膚も休める意味で化粧品は使わないことをおすすめします。朝起きて顔を洗ったら、保湿クリームを塗って皮膚を休めましょう。

 

 

アトピー症状が出ているときはポイントメークにとどめましょう

症状が出ていても化粧をしたいときは、眉やくちびるなど、症状のない部分だけのポイントメークはいかかでしょう。

 

眉は抜いたり、そったりするのではなく、はさみでカットします。眉がきれいに整うと、それだけでくっきりとして見栄えがします。

 

くちびるはとても荒れやすいところです。固形のリップクリームをゴシゴシ塗りつける作業をくり返すと、将来、色素沈着を起こすことがあります。

 

安価で安全で、しかも保湿効が高いのは白色ワセリンです。これを薄くのばすと、匂いもなく、しっとりとします。口紅を塗るときもワセリンを落ち着かせてから塗るとよいでしょう。

 

 

アトピー性皮膚炎の人は女性は顔そりを控えて男性の髭剃りは電気かみそりがおすすめです

顔そりは女性の場合、あまりおすすめできません。アトピーの人の皮膚は角層の表面に小さな凹凸があったりポロポロむけるために、かみそりで剃ると飛び出した部分を削ってしまう可能性があります。とくに炎症があるときは剃らない方が安心です。炎症がおさまっているときでも、なるべくそっと剃るようにしましょう。

 

 

男性の髭剃りは、なるべく刺激をしない方法で行います。湿疹があるところに剃刀をあてると、見えない小さな傷を作る可能性があります。石けんの成分を含むクリームをつけて剃ると、石鹸の成分が剃刀で出来た小さな傷に入っていって刺激になり、炎症を悪化させる可能性があります。

 

石鹸成分を含まない白色ワセリンなどを薄くのばしてから、剃るほうがよいでしょう。症状がよいときは、低刺激性のクリームなどを使ってもよいでしょう。髭剃り後はぬるま湯か、低刺激性の石鹸できれいに洗い、保湿クリームをのばします。

 

 

男性の顔そりは、むしろ電気かみそりがおすすめです。電気かみそりは使用後、刃の部分を消毒用のアルコールを含む清浄綿などで拭き取ります。使ったままの状態で保管すると、次に使うときに細菌感染を起こすことがあります。

 

男性用の化粧品も種類が多くなりましたが、湿疹がジクジクしているときにスーッとするタイプを使うとしみるので気をつけます。化粧品は使わないほうかがいのですが、使う場合もゴシゴシすり込むような使い方は避けます。

 

最近は女性だけでなく、男性も手足の毛そり、クリームによる脱毛をする人がいます。こうした方法は敏感な皮膚をいためます。どうしても脱毛したい場合は、皮膚科医に相談しましょう。

 

スポンサーリンク

関連ページ

大人のアトピー性皮膚炎の特徴は
アトピー性皮膚炎にはアレルギー反応の素因があっても必ずなるわけではありません
アトピー性皮膚炎の原因にもなるアレルギー反応を起こす物質は年々増えています
アトピー性皮膚炎では敏感な肌がトラブルの原因になっていることもあります
アトピー性皮膚炎の原因はアレルゲンによるものだけではありません
アトピー性皮膚炎を治すための考え方
アトピー性皮膚炎で気をつけなければならない合併症合併症とは?
アトピー性皮膚炎の診断と検査のいろいろ
アトピー性皮膚炎の治療は、薬、スキンケア、毎日の暮らし方が重要です
アトピー性皮膚炎の薬は状態によって目的別に使い分けます
アトピー性皮膚炎は皮膚を保護する薬でバリア機能を補います
アトピー性皮膚炎のステロイド剤の効果を活かす安心利用法
アトピー性皮膚炎の外用薬は塗り方を誤ると悪化することもあるのは知っていますか?
アトピー性皮膚炎の治療方法にはいろいろな方法があります
アトピー性皮膚炎は症状がおさまっているときのスキンケア方法が大切です
アトピー性皮膚炎のスキンケアのポイントは保湿が重要です
アトピー性皮膚炎の人の石鹸と洗顔フォームの選び方と使い方
アトピー性皮膚炎の方必見!入浴療法で滑らかな皮膚を取り戻す方法
アトピー性皮膚炎の人の頭皮を傷めないシャンプーの仕方とヘアスタイル
アトピー性皮膚炎でかゆみが我慢出来なくなった時の対処方法
アトピー性皮膚炎の人の花粉症対策はこのようにしましょう
アトピー性皮膚炎の人は衣類や選択の仕方にも注意しましょう
アトピー性皮膚炎のアレルゲンを寄せ付けない暮らし方とは
アトピー性皮膚炎でも手荒れをしない掃除の仕方はこれ!
アトピー性皮膚炎の食事でもっとも気を付けることを知っていますか?
アトピー性皮膚炎とスポーツやレジャー・リラクゼーション
アトピー性皮膚炎と女性ならではの問題とはどのようなものがあるのでしょうか
アトピー性皮膚炎の原因にはストレスが大きく関わっています