スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎の治療には正しい入浴方法が大切です

アトピー性皮膚炎は入浴療法でなめらかな皮膚を取り戻せます

ぬるめの湯につかって汚れを浮かせ皮膚にうるおいを与えましょう

お風呂は、からだを洗うのが目的だから、といって、浴槽に入らないでシャワーだけですませる人が少なくありません。

 

アトピー性皮膚炎の人は、湿疹がジクジクして細菌感染のおそれがある場合を除いて、基本的には浴槽に全身をつける入浴法がおすすめです。こうすると乾燥ぎみの皮膚に水分が浸透しやすくなり、うるおいを保ちやすくなります。

 

また、ぬるめの湯につかると、皮膚がふやけた感じになり、皮脂腺の中の汚れなども浮いてきて、ゴシゴシ洗わなくても汚れを落としやすいのです。石けんの量も少なくてすみます。

 

米国では、入浴療法といって皮膚が乾燥しがちな患者さんに、ぬるめの湯にしばらく入ってうるおいを与える療法を試して効果を上げています。皮膚に水分を吸収させておいて、それを全部拭ききらずに、少し残しておいたところにワセリンを塗ってウインドブレーカーなどを着て蒸らすという方法です。

 

 

ナイロンタオルや凹凸のある布でこすらない

お風呂は毎日人って汚れを落としますが、毎回、全身を石けんで洗う必要はありません。入浴後、全身が突っ張った感じがする人は、石けんを使う回数を減らしたり、陰部やわきの下、足の指の間など、汚れやすいところを重点的に洗うようにしてもよいでしょう。

 

ナイロンタオルでこすると、普通の人でもまさつによる色素沈着で皮膚が黒ずみます。アトピー性皮膚炎の人は、木綿でも麻でも絹でも凹凸のある布で皮膚をこするのはやめましょう。

 

ボディブラシやフェイスブラシもおすすめできません。手が届かないところは柔らかい布を使うとしても、ほかは手で泡をすべらせるだけで十分てす。とくに手指はこまかい部分まで行き届く天然の道具です。皮膚の変化などにも気つきやすいので上手に活用しましょう。

 

 

洗剤の刺激を少なくするには、全身を洗ってから流すのではなく、一部分ずつ洗っては流すという方法もよいでしょう。

 

すすぎを十分にすることも大切です。シャワーは単純に上から下へかけるのではなく、わきの下や陰部などのすすぎにくいところに湯がかかるように角度を変えて使います。

 

洗髪法は「アトピー性皮膚炎の人の頭皮を傷めないシャンプーの仕方とヘアスタイル」を参照してください。

 

 

保湿作用のある入浴剤で全身の保湿をするのもよ方法です。

ふだん、全身の保湿がなかなかうまくいかない人は、浴槽に保湿作用のある入浴剤を溶かして入ると、全身がくまなくしっとりします。お風呂から上がる前に浴槽の湯に首までつかり、かけ湯やシャワーをしないで、そのままタオルで水気を拭き取って保湿クリームなどをつけます。

 

ただし、入浴剤が皮膚に合わないことがありますから、試供品などで試してみてから使うようにしましょう。

 

入浴剤の入ったお風呂に入ると気分がゆったりしますが、あまり長く入ると、全身が温まって痒くなることがあります。とくに熱い湯に長時間入ることは避けましょう。

 

湿疹が出来てきているときには、お風呂から上かるとき、湯上がりタオルでキュッキュッと拭き取ると刺激になります。

 

浴用タオルを水あるいはぬるめの湯で絞って全身の水分を吸い取ってから、バスタオルをからだにおおい叩くように水分をとるとよいです。こうすると、お風上がりのほてりによるかゆみも、ある程度防ぐことかできます。

 

大切なのは、入浴後の保湿です。下着をつける前に少し水分が残っている状態で、ふだんカサカサしているところに重点的に保湿薬や市販の保湿クリームなどをのばすと、よく馴染みます。

 

スポンサーリンク

関連ページ

大人のアトピー性皮膚炎の特徴は
アトピー性皮膚炎にはアレルギー反応の素因があっても必ずなるわけではありません
アトピー性皮膚炎の原因にもなるアレルギー反応を起こす物質は年々増えています
アトピー性皮膚炎では敏感な肌がトラブルの原因になっていることもあります
アトピー性皮膚炎の原因はアレルゲンによるものだけではありません
アトピー性皮膚炎を治すための考え方
アトピー性皮膚炎で気をつけなければならない合併症合併症とは?
アトピー性皮膚炎の診断と検査のいろいろ
アトピー性皮膚炎の治療は、薬、スキンケア、毎日の暮らし方が重要です
アトピー性皮膚炎の薬は状態によって目的別に使い分けます
アトピー性皮膚炎は皮膚を保護する薬でバリア機能を補います
アトピー性皮膚炎のステロイド剤の効果を活かす安心利用法
アトピー性皮膚炎の外用薬は塗り方を誤ると悪化することもあるのは知っていますか?
アトピー性皮膚炎の治療方法にはいろいろな方法があります
アトピー性皮膚炎は症状がおさまっているときのスキンケア方法が大切です
アトピー性皮膚炎のスキンケアのポイントは保湿が重要です
アトピー性皮膚炎の人の石鹸と洗顔フォームの選び方と使い方
アトピー性皮膚炎の人の頭皮を傷めないシャンプーの仕方とヘアスタイル
アトピー性皮膚炎で髭剃りや化粧品を使うときに気を付けたいこと
アトピー性皮膚炎でかゆみが我慢出来なくなった時の対処方法
アトピー性皮膚炎の人の花粉症対策はこのようにしましょう
アトピー性皮膚炎の人は衣類や選択の仕方にも注意しましょう
アトピー性皮膚炎のアレルゲンを寄せ付けない暮らし方とは
アトピー性皮膚炎でも手荒れをしない掃除の仕方はこれ!
アトピー性皮膚炎の食事でもっとも気を付けることを知っていますか?
アトピー性皮膚炎とスポーツやレジャー・リラクゼーション
アトピー性皮膚炎と女性ならではの問題とはどのようなものがあるのでしょうか
アトピー性皮膚炎の原因にはストレスが大きく関わっています