スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎の人は石鹸と洗顔フォームの選び方と使い方にも気を付けましょう

香料などを含まずに低刺激性で弱酸性のものを選びましょう

石けん・洗顔フォームは、香料を含まず無着色のものがおすすめです。とくに香料の成分は剌激が強いものか多いので気をつけましょう。

 

乾燥肌の場合は、低刺激性あるいは弱酸性と表示されたものを選ぶのもよいでしょう。アミノ酸系の成分が配合されているものも刺激が少ないといわれています。

 

液体タイプのもの、とくにポンプ式のものは使い勝手がよいのですが、使用量が多くなりすぎることかあるので注意が必要です。少量ずつとって、足りない場合には補充するくらいの使い方かよいでしょう。泡状に出てくるタイプも使利ですが、増泡剤が刺激になることもあります。泡立たなくてもの足りない場合は、キャップを押して泡立てるタイプの容器を利用するのもよいですね。

 

いろいろな成分で固めていない固形の石けんは溶けやすく、ふだんの管理がしにくいですが、使いすぎを防げるという利点もあります。水けのきれる石けん箱などで清潔に保管しましょう。

 

かきこわし等があって細菌感染が疑われる湿疹かある場合は、殺菌作用のある薬用石鹸を使ってもよいでしょう。

 

 

洗い方は濡らした手で泡立ててから泡を転がすようにして洗います

石けんを使うと皮脂がすっかりとれてバリバリと突っ張り、乾燥しがちな皮膚がいっそう乾燥してしまうように感じます。たしかに石けんは皮脂を奪い取る作用がありますが、それによって皮脂についている汚れを取り去る働きもあります。

 

皮膚のバリア機能を残しなから汚れを取るには、石けんの量を多くしないことが大切です。また石鹸に含まれる界面活性剤は皮膚に対して刺激になりますから、ゴシゴシこすりつけないことも大事です。私たちはともすると、ゴシゴシ洗わないと汚れが落ちないような気がしますが、こすること自体が敏感な皮膚には刺激となります。

 

 

少量の石けん、洗顔フォームでやさしく洗うには、石けん洗いの前に皮膚の表面をぬるめの湯でぬらして汚れをふやかしておくとよいでしょう。石けんや洗顔フォームは、そのまま顔や手にこすりつけるのではなく、ぬらした手に少量をとり、よく泡立て、その泡を転がすようにして汚れを包み込んでいきます。

 

 

洗顔のすすぎが不十分だと皮膚に刺激物を残すことになります

石けん類などから皮膚を守る最大のポイントは、洗い方よりもすすぎ方です。どんなにやさしく十分に汚れを落としても、すすぎが不十分だと皮膚に刺激物を残すことになります。

 

洗い終わったら、石けんが皮膚の表面に残らないよう十分にすすぎ流します。

 

洗顔では、とくに小鼻や耳のまわり、目頭や目尻、髪の毛の生え際、手洗いでは指と指の間などに石鹸が残りやすいので念入りにすすぎます。

 

すすぎ終わったら、そのあとの保湿も欠かせません。水気をとるときは、バリバリしたタオルてゴシゴシこするのではなく、柔らかいタオルで表面を叩くようにして水分を吸い取り
ます。完令に乾かさずに、少し湿りけのある状態で保湿薬をのばすと、保湿薬の成分が皮膚に浸透しやすく保湿効果が高まります。このときもゴシゴシすり込むのではなく、やさしくスーッと伸ばしましょう。

 

 

手足や全身のスキンケア用の保湿クリームはさまざまなタイプが市販されています。状態がよいときには、薬剤師に相談したうえで利用してもよいでしょう。

 

ローションや乳液などを購入する場合は、無香料、無着色で、保湿性のあるものを選びます。必ず上腕の内側など皮膚の薄いところでテストしてから使いましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

大人のアトピー性皮膚炎の特徴は
アトピー性皮膚炎にはアレルギー反応の素因があっても必ずなるわけではありません
アトピー性皮膚炎の原因にもなるアレルギー反応を起こす物質は年々増えています
アトピー性皮膚炎では敏感な肌がトラブルの原因になっていることもあります
アトピー性皮膚炎の原因はアレルゲンによるものだけではありません
アトピー性皮膚炎を治すための考え方
アトピー性皮膚炎で気をつけなければならない合併症合併症とは?
アトピー性皮膚炎の診断と検査のいろいろ
アトピー性皮膚炎の治療は、薬、スキンケア、毎日の暮らし方が重要です
アトピー性皮膚炎の薬は状態によって目的別に使い分けます
アトピー性皮膚炎は皮膚を保護する薬でバリア機能を補います
アトピー性皮膚炎のステロイド剤の効果を活かす安心利用法
アトピー性皮膚炎の外用薬は塗り方を誤ると悪化することもあるのは知っていますか?
アトピー性皮膚炎の治療方法にはいろいろな方法があります
アトピー性皮膚炎は症状がおさまっているときのスキンケア方法が大切です
アトピー性皮膚炎のスキンケアのポイントは保湿が重要です
アトピー性皮膚炎の方必見!入浴療法で滑らかな皮膚を取り戻す方法
アトピー性皮膚炎の人の頭皮を傷めないシャンプーの仕方とヘアスタイル
アトピー性皮膚炎で髭剃りや化粧品を使うときに気を付けたいこと
アトピー性皮膚炎でかゆみが我慢出来なくなった時の対処方法
アトピー性皮膚炎の人の花粉症対策はこのようにしましょう
アトピー性皮膚炎の人は衣類や選択の仕方にも注意しましょう
アトピー性皮膚炎のアレルゲンを寄せ付けない暮らし方とは
アトピー性皮膚炎でも手荒れをしない掃除の仕方はこれ!
アトピー性皮膚炎の食事でもっとも気を付けることを知っていますか?
アトピー性皮膚炎とスポーツやレジャー・リラクゼーション
アトピー性皮膚炎と女性ならではの問題とはどのようなものがあるのでしょうか
アトピー性皮膚炎の原因にはストレスが大きく関わっています