スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎のスキンケアには保湿と清潔さを心掛けましょう

スキンケアの二本柱は清潔と保湿です。つけた異物は何でも必ず落とすことが基本です。ところが、最近は清潔症候群というのでしょうか。洗いすぎて皮脂を取りすぎている傾向がみられます。

 

たとえば、乾燥肌の場合、皮膚の汚れは、しっとりタイプの人よりもこびりつかず、落としやすいという特徴があります。汗をたくさんかいたときには石けんでさっと洗いますが、
冬などで空気が乾燥していて粉っぽい汚れがついているときには、ぬるま湯だけでも十分に落ちます。そんなに神経質に石けんを使う必要はありません。

 

 

とくに手のように一日に何度も決う部分は、洗うたびに石けんを使うとかえって皮脂を取りすきてしまいます。洗ったあとは、多少水分が残っている状態のところへ保湿剤をのせて、軽くスッーと伸ばします。

 

夏に湿疹があると細菌感染をしやすく、ジクジクしてかゆみや痛みを感じることもあります。やさしくきれいに洗ってから、二次感染を防ぐために抗生物質の入った軟こうを塗って治します。症状がおさまったら、薬用石けんなどで洗って皮膚を清潔に保ちます。

 

 

気温が高いときは、汗の刺激から皮膚を守ることが大切です。汗はこまめにシャワーで流すとよいでしょう。ただし、石けんを使うのは1日1回程度にします。

 

外用薬はクリーム基剤のものやローションのほうがべとつきません。クリーム基剤やローションで刺激を感じる場合は、亜鉛華単軟こうなどを使ってもよいでしょう。

 

 

 

間違えやすいスキンケアの第一は洗顔です。男性に多いのは「毎日1回、石けんをたっぷりつけてゴシウゴシ洗っています」というタイプです。これは正しい方法ではありません。

 

まず「たっぷりの石けん」は敏感な皮膚にとって大きな刺激となります。「ゴシゴシ洗う」と顔をまさつして、機械的刺激を与えることになります。必要な皮脂が汚れとともになくなり、さらに皮膚表面の凹凸を増やし、バリア機能をいっそう低くしてしまいます。

 

汗をかきやすい時期ですと、「毎日1回」洗顔というのも正しくありません。汗は皮膚への刺激となります。石けんを使う必要はありませんが、汗や汚れはひんぱんに洗い流しておくのか、アトピー性皮膚炎の皮膚を守る基本です。

 

女性では一日何回も洗う人が少なくありません。しかし、そのつど、洗顔料でしっかり皮脂まで落とし、ローション、クリーム、美容液をつけマッサージをしたりすると、かえって
皮膚への刺激か多くなります。汗をかいたらこまめに洗いますか、石けんは使いすぎに、そっと洗うのがよいのです。洗顔後は保湿剤だけをつけます。

 

スキンケア用品を試して状態が悪くなるようなら医師の診察を受けましょう

皮膚に触れるものは何でも刺激物です。スキンケアで使用する用品も、はじめて使うものは試供品や容量の小さなもので試してみましょう。

 

上腕の内側など皮膚の薄い部分につけて1週間ほどようすを見て、変化がなければ大丈夫でしょう。途中でも、ピリピリと赤くなり、だんだん状態か悪くなるようなら、使用を中止してようすを見ます。悪化するようなら、診察を受けて早めに手当をしましょう。

 

皮膚への刺激を少しでも少なくするためには、スキンケア用品もヘアケア用品も、余計なものは、なるべく使わないのが理想です。

 

「あれもダメ、これもダメ」と考えるとマイナスイメージが強くなりますが、こうしたものを使えば、必ず落とす手間がかかります。それがまた、かなりの刺激になります。使わなければ、いろいろな成分の刺激を受けることもなく、落とすための時間もいりません。このように前向きな姿勢で考えてみましょう。

 

メークアップ化粧品、ヘアカラー用品、脱毛剤、香水なども、すべて皮膚に刺激を与えます。なるべく避けるのが原則です。状態のよいときに試したいという場合には、アトピー性皮膚炎があることを伝えて、お店の人に相談してはいかがでしょう。

 

美容院でのパーマやヘアカラーも必ずパッチテストをしてから行います。赤くなったりかぶれるようなら、やめる決断も必要です。

 

 

紫外線を防ぐ安心スキンケアを知りましょう

強い紫外線に当たると、だれでも皮膚がピリピリして赤くなりやすいものです。アトピー性皮膚炎の人では、その状態かひどくなる例が多いようです。光線過敏症という病名かつく人もいます。

 

また、最近は長時間紫外線を浴びると、しみやしわかできやすく、皮膚がんにもなりやすいといわれ、基本的に紫外線は浴びすぎないほうがよいといわれています。

 

日焼け止めにはチタンなどの金属成分と紫外線吸収剤を配合したものが多く、紫外線吸収剤を含むもののほうが防止効果が高いといわれてきました。紫外線吸収剤は皮膚に刺激となり、敏感な皮膚の人には不向きてす。ところが最近は紫外線吸収剤を含まないで、紫外線防止効果が高く、しかも低刺激性の製品か出てきました。

 

粉おしろいやベビーパウダーは、光を乱反射する効果があり、化粧落としも簡単です。

 

アトピー性皮膚炎がある人は、下地クリームの上に紫外線吸収剤を含まない日焼け止めのローションなどをつけて、その上に粉おしろいをはたいておくのが良いでしょう。

 

 

紫外線対策5月ごろからはじめたいものです

紫外線は真夏だけでなく5月ごろから照射量か多くなります。外出時だけでなく庭やベランダに出るときにも、帽子や長袖などを着用して防止するのがよいてしょう。

 

薬も軟こうよりクリームのほうがさっぱりして、皮膚が黒ずみにくいようです。強い日差しにあたって、皮膚がほてったり、ピリピリする場合は、冷たいタオルなどで冷やして肌を休めます。いつまでも赤みがひかなかったり、腫れや痛みがある場合は皮膚科でみてもらうのかよいでしょう。

スポンサーリンク

関連ページ

大人のアトピー性皮膚炎の特徴は
アトピー性皮膚炎にはアレルギー反応の素因があっても必ずなるわけではありません
アトピー性皮膚炎の原因にもなるアレルギー反応を起こす物質は年々増えています
アトピー性皮膚炎では敏感な肌がトラブルの原因になっていることもあります
アトピー性皮膚炎の原因はアレルゲンによるものだけではありません
アトピー性皮膚炎を治すための考え方
アトピー性皮膚炎で気をつけなければならない合併症合併症とは?
アトピー性皮膚炎の診断と検査のいろいろ
アトピー性皮膚炎の治療は、薬、スキンケア、毎日の暮らし方が重要です
アトピー性皮膚炎の薬は状態によって目的別に使い分けます
アトピー性皮膚炎は皮膚を保護する薬でバリア機能を補います
アトピー性皮膚炎のステロイド剤の効果を活かす安心利用法
アトピー性皮膚炎の外用薬は塗り方を誤ると悪化することもあるのは知っていますか?
アトピー性皮膚炎の治療方法にはいろいろな方法があります
アトピー性皮膚炎は症状がおさまっているときのスキンケア方法が大切です
アトピー性皮膚炎の人の石鹸と洗顔フォームの選び方と使い方
アトピー性皮膚炎の方必見!入浴療法で滑らかな皮膚を取り戻す方法
アトピー性皮膚炎の人の頭皮を傷めないシャンプーの仕方とヘアスタイル
アトピー性皮膚炎で髭剃りや化粧品を使うときに気を付けたいこと
アトピー性皮膚炎でかゆみが我慢出来なくなった時の対処方法
アトピー性皮膚炎の人の花粉症対策はこのようにしましょう
アトピー性皮膚炎の人は衣類や選択の仕方にも注意しましょう
アトピー性皮膚炎のアレルゲンを寄せ付けない暮らし方とは
アトピー性皮膚炎でも手荒れをしない掃除の仕方はこれ!
アトピー性皮膚炎の食事でもっとも気を付けることを知っていますか?
アトピー性皮膚炎とスポーツやレジャー・リラクゼーション
アトピー性皮膚炎と女性ならではの問題とはどのようなものがあるのでしょうか
アトピー性皮膚炎の原因にはストレスが大きく関わっています