スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎の症状がおさまっているときのスキンケアの注意点

大人アトピーはスキンケアを間違えると薬が効かなくなることもあります

患者さんのなかには、「薬を塗っているときには症状がよくなるのに、すぐにぶり返してしまう」という人が少なくありません。

 

そのような人は、症状が出ているときは医師の指示どおりにしっかり外用薬を塗りますが、症状がよくなると安心してしまい、スキンケアまで中断してはいないでしょうか。また患者さんによっては、かゆいところや湿疹が気になるところだけに強いステロイド薬を塗って急場をしのぎ、他の肌の手入れは何もしないという人もいます。

 

 

こうした治療法はどちらも正解ではありません。アトピー性皮膚炎では、薬物治療とともに、スキンケアと生活面でのいろいろな注意が欠かせません。とくに、清潔と保湿を中心とするスキンケアは、どんなときにも必要です。

 

いくら強い薬を使っても、スキンケアかできていないと症状はすぐにぶり返します。反対に正しいスキンケアかできると、強い薬を使わなくてもすむことか多くなります。スキンケアは単なる肌のお手入れではなく生活療法と考えて、効果の出る方法を実践しましょう。

 

 

スキンケア方法がわからないときは医師や看護師に相談をしましょう

もちろん、スキンケアは外用薬をつけているときから欠かせません。外用薬はアトピーの炎症を治すだけであって、バリア機能が低下した皮膚を刺激から守るには、どうしても毎日のスキンケアが必要だからです。

 

スキンケアをどのように行ったらよいのかわからないときは、医帥に相談しましょう。なかにはすいぶん間違った方法で行っている人が少なくありません。もしかすると、これかア
トピー性皮膚炎がよくならない原因かなと思われるような例もあります。

 

患者さんは、相談をするときにふだん行っている方法を伝えるとよいでしょう。保湿薬などは実際に塗り方を教えてもらうと、薬の量、塗り方など、こまかい点が実地てわかります。

 

スキンケアは治療の一環ですから遠慮する必要はありません。担当の医師が時間をとれないときは、看護師でも対応できます。

 

 

正しいスキンケアを守って続けると、皮膚はだんだんとしっとりとしてきます

症状がよくなってくると、ステロイド外用薬や抗炎症外用薬をやめて、保護薬だけですませられるようになりますが、こうなると安心して、ついル手を抜きがちです。皮膚の保護も治療のひとつです。医師の指示を守り、1日3回といかれたら、必ず3回塗りましょう。

 

 

大切なことは、湿疹がよくなっても悪くなっても関係なく、乾燥しているところには保湿薬を塗るということです。しっとりした状態が続けばかゆくなくなります。薬を塗るときには、必ず、その部分をよって清潔にすることも欠かせません。

 

 

指示を守って続けると、皮膚はだんだんとしっとりしてきます。そうしたら 1日2回、そして1回へと減らしていくこともできます。最終的には薬を使わなくてよくなり、乾燥ぎみのときだけ保湿薬などをつけるだけでよくなります。

 

実際に患者さんのなかには、湿疹をしっかリコントロールして、清潔、保湿のスキンケアを実践し、ステロイドに頼らないでつややかな肌を保っている人も少なくありませ。こうした人は当然通院の回数も少なくなっています。ただし、これは短期間では達成できません。1年、2年と根気よくつき合っていくことが必要です。

 

 

症状か落ち着いてきたら、保湿薬などは薬局で売っているものに切り替えてもかまいません。ポイントは乾いた状態を放置しないことです。

 

スキンケアの習慣が身につくと、自分の皮膚の少しの変化にも気がつくようになります。アトピー性皮膚炎はよくなったり悪くなったりをくり返す病気てすが、こうして自己チェックが出来ると早めに治療を開始することかできます。強い薬を使わないでよくなるケースも多くなります。

 

 

大人アトピーでは皮膚が敏感だからこそスキンケアが大事です

ここまで読んでていくうちに、してはいけないことが多すぎる、あるいは肌のお手人れが面倒と思われる人もいるかと思います。しかし、ここで述べたことは、アトピー性皮膚炎てはない人にもすすめたいスキンケアの基本です。

 

アトピー性皮膚炎がない人はこれほど気をつけなくても、皮膚へのダメージは少ないでしょうがいわば安心ケアです。

 

アトピー性皮膚炎の人は、そうでない人より皮膚が少し敏感だから気をつけよう、というくらいの気持ちをもってスキンケアを行ってはいかかでしょうか。基礎的なスキンケアは結果的には皮膚をきれいに保つことにつなかります。

スポンサーリンク

関連ページ

大人のアトピー性皮膚炎の特徴は
アトピー性皮膚炎にはアレルギー反応の素因があっても必ずなるわけではありません
アトピー性皮膚炎の原因にもなるアレルギー反応を起こす物質は年々増えています
アトピー性皮膚炎では敏感な肌がトラブルの原因になっていることもあります
アトピー性皮膚炎の原因はアレルゲンによるものだけではありません
アトピー性皮膚炎を治すための考え方
アトピー性皮膚炎で気をつけなければならない合併症合併症とは?
アトピー性皮膚炎の診断と検査のいろいろ
アトピー性皮膚炎の治療は、薬、スキンケア、毎日の暮らし方が重要です
アトピー性皮膚炎の薬は状態によって目的別に使い分けます
アトピー性皮膚炎は皮膚を保護する薬でバリア機能を補います
アトピー性皮膚炎のステロイド剤の効果を活かす安心利用法
アトピー性皮膚炎の外用薬は塗り方を誤ると悪化することもあるのは知っていますか?
アトピー性皮膚炎の治療方法にはいろいろな方法があります
アトピー性皮膚炎のスキンケアのポイントは保湿が重要です
アトピー性皮膚炎の人の石鹸と洗顔フォームの選び方と使い方
アトピー性皮膚炎の方必見!入浴療法で滑らかな皮膚を取り戻す方法
アトピー性皮膚炎の人の頭皮を傷めないシャンプーの仕方とヘアスタイル
アトピー性皮膚炎で髭剃りや化粧品を使うときに気を付けたいこと
アトピー性皮膚炎でかゆみが我慢出来なくなった時の対処方法
アトピー性皮膚炎の人の花粉症対策はこのようにしましょう
アトピー性皮膚炎の人は衣類や選択の仕方にも注意しましょう
アトピー性皮膚炎のアレルゲンを寄せ付けない暮らし方とは
アトピー性皮膚炎でも手荒れをしない掃除の仕方はこれ!
アトピー性皮膚炎の食事でもっとも気を付けることを知っていますか?
アトピー性皮膚炎とスポーツやレジャー・リラクゼーション
アトピー性皮膚炎と女性ならではの問題とはどのようなものがあるのでしょうか
アトピー性皮膚炎の原因にはストレスが大きく関わっています