スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎の治療方法は一つだけではありません

大人アトピーは入院療法や光線療法でよくなる例もあります

 

アトピー性皮膚炎は一時的避難と教育入院的な意味で入院治療を行うこともあります

アトピー性皮膚炎が重症の場合や二次感染を起こしてジクジクしているときに、抗生物質や生理食塩水の点滴をするために入院冶療を行うことがあります。また、密封療法といって、ステロイド薬がよく効くように包帯で湿布して治療するために、入院をすることもあります。

 

 

いくつかの病院では、なかなか状態がよくならない患者さんに対して、一定期間入院することで症状の改善を試みる「入院療法」を実施しています。

 

入院中は生活指導などを行いますが、環境が変わってリラックスできること、病院ではダニやカビか少ないことなどもあるのでしょうか、症状がよくなる例が多いようです。教育入院、あるいは症状がかよくなりにくい人の駆け込み寺的な要素もあるようです。

 

 

光線療法はなかなかよくならない大人アトピーに実施されます

光線療法は、通常の治療法で炎症がよくならない大人のアトピー性皮膚炎などに適用されることが多く、比較的効果が長持ちします。

 

紫外線のみを照射する方法と、ソラレンという日焼け促進剤を塗るか内服して長波長紫外線(UVA)をくり返し照射するPUVA療法があります。入院して15〜20くらい照射する方法が一般的です。

 

光線療法は免疫に作用して炎症を起こしにくくしますが、免疫機能をつかさどるランゲルハンス細胞の働きを抑えるため、人により感染を起こしやすくなる例もあります。

 

「とびひ」が出来やすいタイプの人などにはすすめられません。治療直後は、日焼けのような状態になります。PUVA療法の当日は、紫外線に当たらないように気をつけなけれはなりません。

 

 

アトピー性皮膚炎に民間療法を取り入れたいときの注意事項

試してよい基準は、高価でなくアトピー症状が悪化しないものです

アトピー性皮膚炎は、なかなかよくならないためでしょうか、さまざまな民間療法か宣伝されています。種類が多くとても把握できません。

 

 

なかには、一般的な治療をまったく否定してしまって、これまで続けてきた治療を中止して症状を悪化させている例も見られます。また、「アトピービジネス」という言葉があるくらい、患者さんの悩みにつけ込んで暴利を得ている業者もいるようです。

 

患者さんは、お金を払う前に、ほんとうに信頼できるかとうか冷静に判断しましょう。

 

ただ、患者さんの少しでもよくなりたいという気持ちはわかります。民間薬あるいは民間療法は、原則として費用が高価でなくて、使ってみて悪化しないものは試してみてもかまわないかもしれません。

 

 

ただし、使いはじめた当初に症状が悪化すると、「毒が出ているのだ」などと説明するよう治療方法は信用できません。アトピー性皮膚炎で毒が出るということはありません。
「毒」が出るのを待っているうちに症状か悪化してしまっては、元も子もありません。そこまで我慢しないで、1〜2週間試してみて、楽になっているという感じがしなけれは使わないほうかよいかもしれません。赤みが強くなったり、腫れてくるなど、症状が悪化したらすぐに皮膚科医の診察を受けましょう。

 

 

また、マッサージとか塩もみといった方法は、敏感な皮膚を刺激するだけですから、高価な代金を払ってまで試すことはおすすめできません。

 

 

治療方法に天然・自然だから安心という保証はありません

日本には昔から薬湯に入る習慣があります。これも個人差が大きく、一概に評価することはできません。ひとつだけいえるの、薬湯の効用が保温だけであれば、温まると体がほてっててかゆくなるアトピー性皮膚炎の人は避けるのが無難と言えます。

 

また、天然の薬草、自然材料だけを使ったというふれ込みも必ずしも安全とはいえません。むしろ天然の植物はかぶれを起こすものか多いのです。

 

生薬を使ったお茶とか、皮膚をなめらかにする水などというのも、なかに何が含まれているかわかりません。こうしたもので体質を改善するなどと強調しているものかあるとすれば現段階では体質改善そのものが不可能ですから、試してみるまでのこともないでしょう。

 

スポンサーリンク

関連ページ

大人のアトピー性皮膚炎の特徴は
アトピー性皮膚炎にはアレルギー反応の素因があっても必ずなるわけではありません
アトピー性皮膚炎の原因にもなるアレルギー反応を起こす物質は年々増えています
アトピー性皮膚炎では敏感な肌がトラブルの原因になっていることもあります
アトピー性皮膚炎の原因はアレルゲンによるものだけではありません
アトピー性皮膚炎を治すための考え方
アトピー性皮膚炎で気をつけなければならない合併症合併症とは?
アトピー性皮膚炎の診断と検査のいろいろ
アトピー性皮膚炎の治療は、薬、スキンケア、毎日の暮らし方が重要です
アトピー性皮膚炎の薬は状態によって目的別に使い分けます
アトピー性皮膚炎は皮膚を保護する薬でバリア機能を補います
アトピー性皮膚炎のステロイド剤の効果を活かす安心利用法
アトピー性皮膚炎の外用薬は塗り方を誤ると悪化することもあるのは知っていますか?
アトピー性皮膚炎は症状がおさまっているときのスキンケア方法が大切です
アトピー性皮膚炎のスキンケアのポイントは保湿が重要です
アトピー性皮膚炎の人の石鹸と洗顔フォームの選び方と使い方
アトピー性皮膚炎の方必見!入浴療法で滑らかな皮膚を取り戻す方法
アトピー性皮膚炎の人の頭皮を傷めないシャンプーの仕方とヘアスタイル
アトピー性皮膚炎で髭剃りや化粧品を使うときに気を付けたいこと
アトピー性皮膚炎でかゆみが我慢出来なくなった時の対処方法
アトピー性皮膚炎の人の花粉症対策はこのようにしましょう
アトピー性皮膚炎の人は衣類や選択の仕方にも注意しましょう
アトピー性皮膚炎のアレルゲンを寄せ付けない暮らし方とは
アトピー性皮膚炎でも手荒れをしない掃除の仕方はこれ!
アトピー性皮膚炎の食事でもっとも気を付けることを知っていますか?
アトピー性皮膚炎とスポーツやレジャー・リラクゼーション
アトピー性皮膚炎と女性ならではの問題とはどのようなものがあるのでしょうか
アトピー性皮膚炎の原因にはストレスが大きく関わっています