スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎のステロイド剤は外用薬では内服薬ほど重大な副作用は出にくいのです

ステロイドは本来、糖質ステロイドといって、人間の副腎皮質から分泌されるホルモンです。副腎皮質ステロイド薬の最大の薬効は炎症を抑える作用です。皮膚では、血管を収縮させることによって、血管からアレルギーを起こさせる物質を放出させないようにして、むくみや赤み、炎症を抑える働きをもっています。

 

副腎皮質ステロイド薬には、内服薬と外用薬があり、内服薬は関節リウマチなどの治療薬として使われています。アトピー性皮膚炎の治療でステロイド薬を極端におそれる人のなかには、内服薬の副作用と外用薬の副作用を混同して、無用な心配をしている人も少なくありません。

 

たしかにステロイド薬を長期間大量に内服すると、本来ステロイドホルモンを分泌するはずの副腎が怠けてしまい、その働きが低下していきます。顔がむくんで満月のように丸くなったり(ムーンフェイス)、骨がもろくなったり(骨粗しょう症)、免疫力が低下して糖尿病が悪化したり、感染症にかかりやすくなったりすることがあります。

 

しかし、アトピー件皮膚炎では、緊急事態でまれに内服薬を使うこともありますが、通常の場合は内服薬は使わず外用薬だけを使います。

 

 

ステロイド剤は漫然と使いすぎると局所的な副作用が出ることがあります

外用薬は局所的に作用するだけですから、内服薬のような垂大な副作用は、ほとんど心配することはありません。まれに入院が必要なくらいの重症例で、ステロイド外用薬を大量に使って、副腎の機能が低下することがありますが、これは薬をやめると元に戻ります。一般の診療では、そんなに大量のステロイド外用薬を処方することもありません。

 

ステロイド外用薬はよく効く半面、つねに薬の力で血管を収縮させる働きを補っているため、本来からだに備わっている皮膚の血管を収縮する能力が低下していきかちです。非常に強いランクのステロイド外用薬を使い続けた場合は、薬を塗った部分を中心に局所的に、皮膚かほてってむくみやすくなったりします。皮膚が赤黒くなったり、毛深くなるなどの副作用が出ることもあります。

 

 

ただし、こうした副作用も漫然と治療を続けた場合に起こりやすいのです。よく効くからと、自己判断で必要以上に大量に塗り続けたり、市販の塗り薬でステロイドが含まれているものを併用したりすると、こうしたことが起こる可能性があります。

 

また、薬に対する感受性は非常に個人差があり、薬がよく効く場合もあれば、副作用が出てしまう場合もあります。このため、医師は細心の注意を払い、副作用が出る可能性も視野に入れて、薬を処方し診療を行っています。

 

 

大切なことは副作用の可能性だけに振りまわされるのではなく、医師の処方を正しく守り、決められた量を決められた塗り方で使うことです。そのうえで、冷静に副作用のチェックを行いましょう。そして、決められた日に診察を受ければ、万が一、副作用があらわれたとしても早めにチェックでき、副作用に対処することが出来ます。

 

 

ステロイド剤治療は作用と副作用をはかりにかけて処方されます

では、ステロイド外用薬はどのような基準で処方されるのでしょうか。

 

ステロイド外用薬は、効き方の強度によって5段階に分かれます。まずどのランクの薬が適切かを判断します。次に副作用とのかねあいも検討します。薬は、その作用が強いものほど、副作用も強いかといえば、そうでもありません。最近は研究開発がめざましく、作用の強いものが、必ずしも副作用が強いとはかぎらなくなってきています。薬の特徴、患者さんとの相性なども、薬を決める際の判断材料として欠かせません。

 

 

薬の処方では、以上のことに加えて、吸収のされ方も考慮しなけれはなりません。

 

たとえば、顔や首は薬の成分が吸収されやすいのてX〜Y(弱い〜おだやか)のランクのものを使うのが一般的です。まぶたや外陰部、わきの下は、原則としてステロイド外用薬を使いません。皮膚の薄いところは、V(強い)以下で対応するのが一般的ですが、症状が強い場合は、炎症を早く抑えるために、もっと強い薬を使うこともあります。

 

手やかかとなど角層の厚い部分や盛り上がったしこり、かたい湿疹は、V〜U(強い〜非常に強い)を使わないと効かないことがあります。

 

強い薬は段階的に減らし弱い薬に移行します

ステロイド外用薬は、その効きめを持続させるために、あまりかゆいと感じないときでも指示された回数を守って定期的につけなければなりません。1日につける回数は、多くて2回くらいが妥当です。

 

体内でステロイドを受け入れる受容体は、1回作用すると、ほぼ12時間くらいは作用しなくなるからです。それ以外のときは、たとえば乾燥したと感じたときに保湿薬をつけ、かゆいときには、かゆみ止めをつけてしのぎます。こうすると、全体としてステロイド外用薬の使用量も抑えることができ、副作用の防止にもなります。

 

 

症状がよくなってきたら、回数を減らし、弱い薬へと移行していきます。症状がきついときは強い薬を使うので、とくに、ひんぱんに症状を検討して処方を変えていきます。

 

実際に薬をつけてみると、患者さんと薬の相性というものもあるようです。同じような症状に同じ薬を処方しても、患者さんによって効き方が違うのです。このため、症状を見て、薬を違う種類に変えることもあります。

 

 

処方された薬は、次の診察日まで指示されたとおりに使うことか大切です。たとえは、「1週間きちんとつけると、かなり症状がよくなり薬を減らせる、あるいはスキンケアに切り替えられる」と、医師が予測して薬を処方したとします。

 

そして3〜4日つけると段々と症状がよくなってきますが、そのときに、「副作用がこわいから」とか、あるいは「もう大丈夫なのではないか」といった患者さんの自己判断で薬を中止してしまうことがあります。そうすると、せっかく良い方に向かっていた症状が逆戻りして、結果として、症状が悪くなってしまい、初めからやり直しということかよくあります。

 

逆に、外見上症状がなかなかよくならないと、自己判断で薬の量を増やしてしまい、結果として副作用を引き起こしてしまう人もいます。

 

薬の作用を最大限に効率よく生かしながら副作用を防ぐには、薬を減らしたい場合も増やしたい場合も、必ず医師に相談することが欠かせません。

 

スポンサーリンク

関連ページ

大人のアトピー性皮膚炎の特徴は
アトピー性皮膚炎にはアレルギー反応の素因があっても必ずなるわけではありません
アトピー性皮膚炎の原因にもなるアレルギー反応を起こす物質は年々増えています
アトピー性皮膚炎では敏感な肌がトラブルの原因になっていることもあります
アトピー性皮膚炎の原因はアレルゲンによるものだけではありません
アトピー性皮膚炎を治すための考え方
アトピー性皮膚炎で気をつけなければならない合併症合併症とは?
アトピー性皮膚炎の診断と検査のいろいろ
アトピー性皮膚炎の治療は、薬、スキンケア、毎日の暮らし方が重要です
アトピー性皮膚炎の薬は状態によって目的別に使い分けます
アトピー性皮膚炎は皮膚を保護する薬でバリア機能を補います
アトピー性皮膚炎の外用薬は塗り方を誤ると悪化することもあるのは知っていますか?
アトピー性皮膚炎の治療方法にはいろいろな方法があります
アトピー性皮膚炎は症状がおさまっているときのスキンケア方法が大切です
アトピー性皮膚炎のスキンケアのポイントは保湿が重要です
アトピー性皮膚炎の人の石鹸と洗顔フォームの選び方と使い方
アトピー性皮膚炎の方必見!入浴療法で滑らかな皮膚を取り戻す方法
アトピー性皮膚炎の人の頭皮を傷めないシャンプーの仕方とヘアスタイル
アトピー性皮膚炎で髭剃りや化粧品を使うときに気を付けたいこと
アトピー性皮膚炎でかゆみが我慢出来なくなった時の対処方法
アトピー性皮膚炎の人の花粉症対策はこのようにしましょう
アトピー性皮膚炎の人は衣類や選択の仕方にも注意しましょう
アトピー性皮膚炎のアレルゲンを寄せ付けない暮らし方とは
アトピー性皮膚炎でも手荒れをしない掃除の仕方はこれ!
アトピー性皮膚炎の食事でもっとも気を付けることを知っていますか?
アトピー性皮膚炎とスポーツやレジャー・リラクゼーション
アトピー性皮膚炎と女性ならではの問題とはどのようなものがあるのでしょうか
アトピー性皮膚炎の原因にはストレスが大きく関わっています