スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎と向き合うにはよくなった状態を体験することが大切です

アトピーを根本的に治せなくても、皮膚炎を治すことはできます

「アトピー性皮膚炎は、アトピーの素因があり、体質的に皮膚が弱いのだから、どんなに努力しても病気を治すことはできない。薬でよくなっても、また元に戻るだけ」こう悲観してあきらめている人はいないでしょうか。

 

たしかにアトピー性皮膚炎の素因は捨てることができませんし、バリア機能が低めの皮膚とは、一生つき合わなけれはなりません。

 

しかし、近視の人は裸眼ではよくならない視力を、眼鏡で矯正して日常生活をほほ支障なく過ごしています。高血圧の患者さんは薬を飲んで血圧を正常化させています。アトピー性皮膚炎も同じです。体質的な素因があっても、薬で皮膚の症状を抑えたり、スキンケアなどで皮膚のバリア機能を補えは、皮膚はよい状態を保つことかできるのてす。

 

 

根本的な部分が変わらす、悪くなる可能性があっても、現時点で表に出た症状かおさまり、かゆみなどの症状かなくなっている状態を寛解といいます。この寛解をずっと続けることが出来れば、アトピー性皮膚炎は治ったとはいえないまでも、よくなったといえるでしょう。

 

 

アトピーのよくなった状態を体験して再発したときの対処法を身につけましょう

むしろ、「体質的なものは別として、皮膚の炎症は治すことかできる」というぐあいに、前向きに考えてはいかがでしょう。

 

たとえは、アトピー性皮膚炎でなくても、化粧品にかぶれやすい人はいます。この人たちは、かぶれやすい体質が治らないと悲観することはますありません。かぶれやすいのだから化粧品の選び方、使い方に気を配るといったことで、特別な病気とは思わないのです。

 

アトピー性皮膚炎の人も、自分は病気だと思って消極的になるのではなく、皮膚がふつうの人より敏感だから、その分、気をつけようという気持ちで対処してはいかがでしょう。

 

アトピー性皮膚炎というものを客観的にとらえ、「ときには悪くなることもある」ということを念頭におき、そのときの対処法を正しく実行できさえすれは、恐れることはありません。そのためにも、皮膚炎の症状が出ている人は、一度徹底的に治療して皮膚の状態をよくしましょう。

 

その方法はむすかしくありません。信頼てきる医師の指導をしっかり守ればよいのです。よくなった状態を体験できると、なんらかの理由で再び湿疹ができたときにも、適切に対処することがてきます。せひ、よい状態を体験してください。

 

 

アトピー性皮膚炎は薬だけではよくなりません

アトピー性皮膚炎はヽ薬を塗ったたけてはよくならないということです。

 

アトピー性皮膚炎に使う薬はいろいろな種類がありますかヽその中心となるのはヽ炎症を抑える薬てす。医師に処方された薬を指示どおりに使うと、炎症そのものは1〜2週間でおさまります。

 

しかし、これはおさまっただけで、いつ再発するかわからないのです。炎症を抑える薬は表面的な症状を治しだのにすぎません。炎症の下地となった皮膚の状態を改善しなければ、すぐに再発します。

 

「体質的に弱い皮膚を強い皮膚にすることはできないはず」との反論が聞こえてきそうですが、強い皮膚は作れなくても弱くなっているバリア機能を補うことは可能です。

 

 

皮膚への刺激を少なくして保湿をしっかり行いましょう

バリア機能を補うにはヽ皮膚の手入れをしっかり行い、バリア機能を少しでも蘇らせることか大切です。具体的には水分や皮脂が逃げ出さないような保湿かポイントになります。

 

その前に皮膚の刺激になるような汗や汚れを取り除く、つまり清潔を保つことも欠かせません。皮膚を刺激するものには、アレルギー性のものと非アレルギー性のものがあります。いずれにしても生活環境を整えて清潔を保ち、こすったりかいたりといったまさつを避けることが、皮膚への刺激を少なくすることにつながります。

 

生活リズムを整え過労や睡眠不足を防ぐこと、ストレスをため込まないことも、皮膚のバリア機能の低下を防ぐことにつながります。適度な休養と精神的な気持ちのゆとりは、皮膚の抵抗力を保つ意味でも必要なことです。

スポンサーリンク

関連ページ

大人のアトピー性皮膚炎の特徴は
アトピー性皮膚炎にはアレルギー反応の素因があっても必ずなるわけではありません
アトピー性皮膚炎の原因にもなるアレルギー反応を起こす物質は年々増えています
アトピー性皮膚炎では敏感な肌がトラブルの原因になっていることもあります
アトピー性皮膚炎の原因はアレルゲンによるものだけではありません
アトピー性皮膚炎で気をつけなければならない合併症合併症とは?
アトピー性皮膚炎の診断と検査のいろいろ
アトピー性皮膚炎の治療は、薬、スキンケア、毎日の暮らし方が重要です
アトピー性皮膚炎の薬は状態によって目的別に使い分けます
アトピー性皮膚炎は皮膚を保護する薬でバリア機能を補います
アトピー性皮膚炎のステロイド剤の効果を活かす安心利用法
アトピー性皮膚炎の外用薬は塗り方を誤ると悪化することもあるのは知っていますか?
アトピー性皮膚炎の治療方法にはいろいろな方法があります
アトピー性皮膚炎は症状がおさまっているときのスキンケア方法が大切です
アトピー性皮膚炎のスキンケアのポイントは保湿が重要です
アトピー性皮膚炎の人の石鹸と洗顔フォームの選び方と使い方
アトピー性皮膚炎の方必見!入浴療法で滑らかな皮膚を取り戻す方法
アトピー性皮膚炎の人の頭皮を傷めないシャンプーの仕方とヘアスタイル
アトピー性皮膚炎で髭剃りや化粧品を使うときに気を付けたいこと
アトピー性皮膚炎でかゆみが我慢出来なくなった時の対処方法
アトピー性皮膚炎の人の花粉症対策はこのようにしましょう
アトピー性皮膚炎の人は衣類や選択の仕方にも注意しましょう
アトピー性皮膚炎のアレルゲンを寄せ付けない暮らし方とは
アトピー性皮膚炎でも手荒れをしない掃除の仕方はこれ!
アトピー性皮膚炎の食事でもっとも気を付けることを知っていますか?
アトピー性皮膚炎とスポーツやレジャー・リラクゼーション
アトピー性皮膚炎と女性ならではの問題とはどのようなものがあるのでしょうか
アトピー性皮膚炎の原因にはストレスが大きく関わっています