スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎に人の肌は皮膚を保護するバリア機能が低くなっています

アトピー性皮膚炎の人の皮膚には、体質的な特徴があるといわれています。それはひとことでいえは、敏感肌です。

 

刺激から皮膚を保護するバリア機能か低くなっているために、いろいろなトラブルが起こりやすいのです。この皮膚の特徴がわかると、皮膚を守るためにどんな手入れが必要か、どんな注意か必要かかわかっていただけると思います。

 

皮膚は、外側から角層、表皮、真皮の順て層をなしています。皮膚を保護するバリア機能をもっているのは、このうちの角層です。角層では、「天然保湿因子」というアミノ酸や尿素を含む平らな角質細胞か折り重なった状態になっています。

 

この角質細胞と角質細胞をつなぎ合わせているのは、「角質細胞間物質」というリン脂質で、そのうちの半分程度を占めるのがセラミドという脂質です。アトピー性皮膚炎の人ではこのセラミドか、一般の人よりも少ないという報告があります。そのため、内部の水分を逃がしやすく、乾燥しやすいので外部からの異物の侵入をたやすくしてしまうのです。

 

セラミドなどの「角質細胞闘物質」か少ないと、角層の配置も乱れ、皮膚表面にこまかな凹凸ができ、鳥肌のようにざらつきがちになります。表面がぎらぎらとした皮膚はまさつに弱く、汗や汚れなどもたまりやすくなります。

 

さらに、角層の表面は、毛穴の中の皮脂腺から分泌された皮脂によっておおわれています。

 

その成分は、中性脂肪やコレステロール、スクワレン、リン脂質などで構成されていて、皮膚の表面を保護し、水分の蒸発を防く役割かあります。

 

ところが、アトピー性皮膚炎の皮膚では、この皮脂の分泌も少ないため、皮脂膜が薄くなっているのです。

 

 

バリア機能が弱いため乾燥しやすく刺激を受けやすくなっています

アトピー性皮膚炎の人の皮膚では、

  1. 角質細胞同士をつなける角質細胞問物質が少なくなっている
  2. 皮膚の表面をおおう皮脂膜が薄くなっている

この2つにより、皮膚のバリア機能が低下しているということがわかります。

 

そのために、皮膚は乾燥しやすく、かゆくなりやすいのです。また、皮膚を保護する機能か低く刺激に弱くなっているため、汗やホコリや摩擦、あるいは化粧品などに含まれる成分によっても、炎症を起こしやすいのです。

 

さらに、アレルゲンの侵入を許しやすく、アレルギー反応も起こしやすくなっているのでしょう。サラサラでバリア機能が低下していると、細菌も感染しやすくなります。暖かい温度にも敏感に反応しかちです。

 

乾燥がちで敏感、バリア機能が低下した皮膚とアトピーの素因はお互いに影響し合って、さまさまな皮膚のトラブルを起こします。これか現在考えられているアトピー性皮膚炎の実体てす。この状態か慢性化すると、皮膚の表面にかゆいドームのようなしこりかできたり、皮膚そのものか厚くかたくなっていきます。

 

スポンサーリンク

関連ページ

大人のアトピー性皮膚炎の特徴は
アトピー性皮膚炎にはアレルギー反応の素因があっても必ずなるわけではありません
アトピー性皮膚炎の原因にもなるアレルギー反応を起こす物質は年々増えています
アトピー性皮膚炎の原因はアレルゲンによるものだけではありません
アトピー性皮膚炎を治すための考え方
アトピー性皮膚炎で気をつけなければならない合併症合併症とは?
アトピー性皮膚炎の診断と検査のいろいろ
アトピー性皮膚炎の治療は、薬、スキンケア、毎日の暮らし方が重要です
アトピー性皮膚炎の薬は状態によって目的別に使い分けます
アトピー性皮膚炎は皮膚を保護する薬でバリア機能を補います
アトピー性皮膚炎のステロイド剤の効果を活かす安心利用法
アトピー性皮膚炎の外用薬は塗り方を誤ると悪化することもあるのは知っていますか?
アトピー性皮膚炎の治療方法にはいろいろな方法があります
アトピー性皮膚炎は症状がおさまっているときのスキンケア方法が大切です
アトピー性皮膚炎のスキンケアのポイントは保湿が重要です
アトピー性皮膚炎の人の石鹸と洗顔フォームの選び方と使い方
アトピー性皮膚炎の方必見!入浴療法で滑らかな皮膚を取り戻す方法
アトピー性皮膚炎の人の頭皮を傷めないシャンプーの仕方とヘアスタイル
アトピー性皮膚炎で髭剃りや化粧品を使うときに気を付けたいこと
アトピー性皮膚炎でかゆみが我慢出来なくなった時の対処方法
アトピー性皮膚炎の人の花粉症対策はこのようにしましょう
アトピー性皮膚炎の人は衣類や選択の仕方にも注意しましょう
アトピー性皮膚炎のアレルゲンを寄せ付けない暮らし方とは
アトピー性皮膚炎でも手荒れをしない掃除の仕方はこれ!
アトピー性皮膚炎の食事でもっとも気を付けることを知っていますか?
アトピー性皮膚炎とスポーツやレジャー・リラクゼーション
アトピー性皮膚炎と女性ならではの問題とはどのようなものがあるのでしょうか
アトピー性皮膚炎の原因にはストレスが大きく関わっています