スポンサーリンク

脳卒中の患者さんの状態に合わせた住宅の改修や工夫をする

回復期のリハビリを終えた患者さんの多くは、退院して自宅に戻ります。退院後にできるだけ自立した生活を送るためにも、患者さんの状態に合わせて住まいの環境をととのえておくことが大切です。自宅の改修
(リフォーム)は、早いうちに準備を進める必要があります。改修のポイントを次にあげてみます。

 

手すりの設置や段差の解消など、自宅を改修する場合は、介護保険で費用の一部が助成されます(事前の申請が必要)。詳しくは地方自治体の福祉課に相談してみましょう。

 

玄関・敷居・扉

  • 玄関の段差が大きい場合は、スロープにするか、無理なら踏み台を置いて高さを半分にします。
  •  

  • 玄関には、座って靴がはけるようにイスを置きます。
  •  

  • 玄関にも手すりをつけると、つかまって上がったり下りたりできるので便利です。
  •  

  • 各部屋の入り囗に段差があるとつまずきやすいので、敷居の段差をなくします。

 

扉は、できれば車イスに座ったまま開閉できる引き戸にします。改修が無理な場合は、レバー式のドアノブにするか、腕だけで回せる自助具をノブに取りつけます。

 

 

廊下・階段・床

  • 廊下には必ず両側に手すりをつけます(位置は患者さんの腰のあたり)。
  •  

  • 散らかっているとつまずきやすくなりますので、床や廊下にはなるべく物を置かないようにします。電気のコードなどは壁に固定します。トイレに行く廊下など、よく通るところは特に何も置かないようにしておきます。
  •  

  • カーペットの端はっまずきやすいので、床にしっかり止めておくか、車イスでの移動を考えてフローリングにかえます。
  •  

  • 廊下と階段は、足元灯をつけるなどして、なるべく明るくしておきます。基本的に、家の中はどこも照明を明るくして、暗い場所をつくらないようにします。

 

トイレ

  • トイレは洋式トイレにして、できれば保温タイプの便座、温水洗浄器つきのものにします。
  •  

  • トイレは、座ったときに太ももが水平で、床に足裏がっく高さのものにします。立ち上がるときには、足を少し引くと安定しますので、便座の下に少し足が引けるスペースのある型にします。
  •  

  • 便座の脇には手すりをつけます。手すりは、できればL字型のものにすると、便座に座っているときは横手すり、立ち上がるときは縦手すりが使えるので便利です。手すりは健康なほうの手の側につけるのが基本。洗浄レバーが奥にあると使いにくいので、押しボタン式か、センサーで自動的に洗浄できるものにします。
  •  

  • 緊急の場合にそなえて、緊急用のブザーを設置しておくと安心です。

 

 

浴室

  • 浴室の入り囗に段差がある場合は、スロープをつけます。
  •  

  • 脱衣所にはイスを置きます。背もたれつきのイスにすれば、座って脱ぎ着ができるので楽です。また、立ったり座ったりするときに、手すりがあると便利です。
  •  

  • 浴室の床にはすべり止めのついたマットを敷きます。ただし、マットは、端につまずいて転倒する危険性があるので、できれば床の全面に敷き詰めます。
  •  

  • 浴槽の底はすべりやすいので、浴槽の底にもすべり止めのマットを敷きます。
  •  

  • 浴槽の中に小さな台(浴槽台)を置くと、入浴中のイスにもなり、また浴槽に入ったり出たりするときも便利です。
  •  

  • 浴槽に入るときや出るときにつかまれるように、浴槽のそばに手すりをつけます。また、浴槽のふちにも浴槽手すりがあると、立ち上がるときや浴槽に入るときに便利です。
  •  

  • イスに座りながらシャワーが浴びられるように、背もたれつきの安定したシャワーチェアを用意します。

 

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

脳梗塞とは脳の血管が詰まる病気です
脳梗塞の症状は血管が詰まった場所によって異なります
アテローム血栓性脳梗塞は脳の太い血管が詰まる病気です
ラクナ梗塞は細い血管の血流が途絶えてしまう病気です
心原生脳塞栓症は不整脈が原因で脳の血管が詰まる病気です
脳梗塞を迅速に適切な治療を受けるためには検査と診断が重要です
脳梗塞の超急性期の治療はいかに早く血流を再開できるかがカギです
脳梗塞の急性期の治療は薬物治療が中心となります
脳梗塞の急性期の治療は全身管理が重要になってきます
脳梗塞の慢性期の治療の目的は再発防止です
脳梗塞の再発予防の為に手術が行われることもあります
脳出血の症状には大きく分けて5つの種類があります
脳出血は高血圧が原因でおこる高血圧性脳出血がもっとも多いと言われます
脳出血の急性期と慢性期の治療はこのように行われます行われます
脳出血で手術が行われるのは急性期の場合のみです
くも膜下出血の原因と症状を理解して予防しましょう
くも膜下出血の疑いがあれば早急に検査を行います
くも膜下出血の治療は脳動脈瘤の再破裂を防ぐために手術が行われます
脳卒中の後遺症の症状は人によって様々な症状が出ます
脳卒中のリハビリは機能の回復と維持が大きな目的です
脳卒中の急性期のリハビリはこのように行われます
脳卒中の回復期のリハビリはこのように行われます
脳卒中の維持期のリハビリはこのように行われます
脳卒中は介護保険の対象となる特定疾患に認定されています
脳卒中の再発予防は一つでも多くの危険因子を減らすことです