スポンサーリンク

抗凝固薬により心房細動での心臓内につくられる血栓を予防することが重要課題です

血液を固まりにくくする薬で血栓を予防します

心房細動かあると、心臓内で血液がよどみ、血栓ができやすくなります。その血栓が流れていき、脳の血管を詰まらせると「心原性脳塞栓症」という、脳梗塞の原因になります。

 

心臓でできる血栓はサイズが大きくなりがちで、脳の太い血管に詰まることが多いため、心原性脳塞栓症は、梗塞の範囲が広く、重症化しやすいのが特徴です。

 

そのため心房細動の治療では、血液を固まりにくくして血栓を予防する「抗凝固療法」が重要です。この場合、心房細動の自覚症状があるかどうかは関係ありません。たとえ自覚症状がなくても、リスクが高い人は抗凝固薬の服用が必要になります。

 

抗凝固療法に用いられる内服薬としては、従来から使われているワルファリンと近年登場した新薬があります。

 

 

長く唯一の抗凝固薬だったワルファリン

ワルファリンは、ビタミンKの働きを阻害することで、血液を固まらせる凝固因子がつくられないようにする薬です。

 

ワルファリンはつい最近まで血栓予防に使える唯一の抗凝固薬でした約50年もの長きにわたり使われてきた実績があり、現在も抗凝固療法では中心的な薬ですが、服用に関して煩雑な面があるのも事実です。というのも、薬の効き方に個人差が大きく、効果に影響を与えるものが多いため、微妙な服用量の調節が必要となるからです。

 

 

ワルファリンは効きすぎると消化管出血や脳出血などの危険な副作用が起こることがあります。そのため、血液を固まりにくくしつつ、副作用を防ぐ適切な服用量を割り出さなくてはなりません。その目安となるのが、血液の固まりやすさの指標であるPTI−NR値です。

 

ワルファリンを服用している患者さんは定期的に通院し、採血をしてPT‐INR値を調べます。一般に、PT‐INR値が2.0〜3.0(70歳以上の場合は1.6〜2.6)を目安に服用量を調節することになっています。

 

ワルファリンを使う際の注意点

決められた服用量を守る

ワルファリンの服用量はひとりひとり違い、また血液検査の結果(PT-INR値)によって毎回見直されるため、医師の指示を守って、間違いのないように服用する。勝手に量を増減したり、服用をやめたりするのは厳禁。

 

ビタミンKを多量に含む食品をとらない
  • 納豆
  • クロレラ
  • 青汁
  • モロヘイヤ

野菜は普通の量を食べるならかまわないが、パセリ、ほうれんそう、ブロッコリーなどの緑黄色野菜は一度にたくさん食べすぎないようにする。

 

併用する薬、その中止は必ず医師に伝える

ほかの薬との相互作用で影響を受けやすいため、かぜ薬や頭痛薬など、市販薬・処方薬にかかわらず、ほかの薬を併用するときは必ず医師に報告し、指示を受けてから用いる。また、併用を中止したときも同様に医師に伝えること。

 

副作用の出血に注意する
便の色を見る習慣を

黒い色の便は消化管からの出血のサインなので、排便後は要チェック。

転倒に気をつける

けがをすると出血が止まりにくいことがある。皮下出血にも注意が必要。

脳出血の危険因子を減らす

高血圧、糖尿病のある人はそのコントロールも重要。

 

ワルファリンをのむと、なぜ納豆を食べてはいけない?

ワルファリンはビタミンKを抑えることで作用する薬なので、食事でビタミンKを多くとると、効きにくくなってしまいます。

 

ビタミンKは、納豆、クロレラ、モロヘイヤ、青汁などに特に多く含まれます。そのため、ワルファリンをのむ患者さんはこれらを避けるように指導されるのです。緑黄色野菜にもある程度は含まれていますが、普通の量を食べるぶんには問題ありません。

 

 

サプリメントにも注意が必要です。セントージョーンズ・ワートは、ワルファリンの作用に影響を及ぼすことがわかっています。

 

さらに、ワルファリンは食品やほかの薬とののみ合わせで効果が変動しやすいため、納豆などのビタミンKを多く含む食品を避け、PT‐INR値をチェックしながら使う必要があります。

 

 

2011年から相次いで新薬が登場しています

抗凝固薬は、2011年から心房細動に用いる新しい薬が次々に登場しています。しかし、新薬も夢の薬ではありません

 

これまでワルファリンを服用していた人にとって、抗凝固薬の新薬は食事制限や服用量の注意などが少なく、かなりの負担軽減となります。ただ、新薬といえども。夢の薬ではありません。

 

むしろ、新薬ゆえに出血が起こったときの対処や何らかのトラブルについての経験や知識が、医師の側にもまだ十分にありません。そういった意味では、注意が必要なのです。

 

したがって、ワルファリンから新薬へ切り替えたときは、医師の指示を守り、異常を感じたらすぐに受診することが大切です。

 

 

ダビガトラン

血液凝固因子のひとつであるトロンビンの働きを直接抑えることで、血液を固まりにくくする薬です。

 

薬の効き具合にさほど個人差がないため、ワルファリンのように毎回採血してPT‐INR値を調べ、またその状態に応じて服用量を見直す必要がありません。

 

ビタミンKを介した作用でないのでワルファリンのような食事制限もありません。また、ほかの薬との相互作用も少ないといえます。

 

注意点としては、腎機能が低下している人が服用すると、薬の血中濃度が上がって薬が効きすぎ、出血のリスクが高まることです。そのため、腎障害がある人や高齢者には慎重に用いる必要があります。

 

また、抗凝固薬には必ず出血の心配があります。ダビガトランの場合、ワルファリンより脳出血は少ないとされていますが、消化管出血が起こりやすいため、もともと消化器疾患がある人は慎重に使う必要があり、定期的に検査を受けて、出血による貧血が起こっていないかを調べます。

 

リバーロキサバン

血液凝固第X因子(FXa)の働きを阻害して、血液を固まりにくぐする薬です。

 

薬の効き具合に個人差が少なく、受診時に毎回採血する必要がない占もダビガトランと同じです。また、食事制限が不要で、ほかの薬とののみ合わせによる影響が少ないことも同様です。

 

使う前に腎機能検査を行い、その状態によって服用量を調節します。

 

アピキサバン

2013年2月に発売された新しい薬です。同じく血液凝固第X因子の働きを阻害する抗凝固薬です。ダビガトランやリバーロキサバンと比べ、消化管出血や脳内出血などの出血性合併症が少ないとされています。

 

 

血栓予防によるメリットと出血のリスクを検討して用いる

心房細動と診断された人すべてが抗凝固薬を服用しなければならないわけではありません。

 

抗凝固薬は、確かに心原性脳塞栓症の予防に有効性が認められています。しかし一方では、出血という副作用があるのも事実です。特に、脳出血は心原性脳塞栓症と同じくらいに深刻な問題です。

 

したがって、メリットとデメリットをはかりにかけ、慎重に検討する必要があります。

 

脳梗塞の確率を予測する「CHADS2スコア」などを参考に、抗凝固薬を服用するかどうかを、医師とよく相談してください。

 

 

抗凝固薬のQ&A

あまり症状がなくても、血栓予防の薬が必要?

心房細動などの不整脈の自覚症状と脳梗塞の発生頻度には、因果関係はありません。全く症状のない人が脳梗塞を起こして初めて心房細動かわかることもあります。症状の有無は抗凝固薬の必要性を判断する基準にはならないのです。

 

特に、高齢になるほど脳梗塞のリスクは高くなります。高血圧や糖尿病など、脳梗塞の危険因子がある場合はなおさらです。心原性脳塞栓症は重症化することが多いので、起こるリスクの高い人には、症状にかかわらず予防が勧められています。

 

ただし、脳梗塞が起こる確率が低いとされる人まで一様に抗凝固薬球必要というものではありません。

 

心房細動の治療をすれば、抗凝固薬はいらなくなる?

カテーテル治療などで心房細動の治療がうまくいき、発作が起こらなくなれば、抗凝固薬は必要なくなります。ただ、その場合でも定期的に心電図検査を受け、心房細動など不整脈の発作が起こっていないことを確認することが大切です。

 

血栓予防の薬は、一度のみ始めたら、やめられない?

心房細動などの不整脈が続いていて、血栓予防が必要な状態なら、基本的に薬はのみ続けます。抗凝固薬の服用をやめれば、その時点から血栓症のリスクが高くなります。

 

加齢とともにたいていの人は脳梗塞のリスクも高くなっていきます。

 

実際に、抗凝固薬の必要性が低下する人はほとんどいません。心原性脳塞栓症の予防のためには、できるだけ服用を続けたほうが安心でしょう。

 

どの薬を使うかは、どのようにして決められる?

患者さんの不整脈の状態のほか、持病や年齢などから検討します。
ワルファリンから新薬への変更を希望する人も多いでしょうが、腎機能が低下しているなど、新薬が適さない人もいます。ワルファリンで良好にコントロールできている人はあえて切り替える必要はありません。

 

しかし、脳出血などの出血性の合併症を起こした人、PT‐‐NR佰が不安定な人などは、ワルファリンから新薬への変更も医師と相談してみるとよいでしょう。

 

スポンサーリンク

関連ページ

不整脈を知る前に心臓の働きを知りましょう
不整脈とはどんな症状の病気なのでしょうか
不整脈の原因と怖いのはどんなところなの?
不整脈の診断にはまずは問診から始まります
不整脈には心電図検査が診断を行う上でかかせません
不整脈の心電図検査からはこんなことがわかります
不整脈には心電図のほかにも様々な検査が行われます
期外収縮とは心臓の拍動のタイミングがずれる状態です
頻脈性不整脈とは脈が速くなっている状態です
徐脈性不整脈とは拍動のリズムが遅くなっている状態です
不整脈で薬物治療を行うときとはどのような場合でしょうか
抗不整脈薬は不整脈発作を予防して症状を改善する薬です
不整脈の薬物治療以外にはどんな治療があるのですか
不整脈の治療のカテーテルアブレーションとはどんな治療ですか
ペースメーカーは序脈性不整脈の治療の中心です
不整脈治療で用いる植込み型除細動器とはどんな器具ですか
不整脈のタイプ別の治療方法
不整脈の症状である心室細動の治療はどのようにしてするのでしょうか
心室不整脈の治療はどのようなものがあるのでしょう
不整脈のある人の生活
不整脈治療で機器を植え込んだ人の日常生活の注意点
心肺蘇生法とAEDの使い方