スポンサーリンク

脳出血の最大の原因は高血圧です

脳出血は、高血圧が原因で起こる「高血圧性脳出血」がもっとも多く、全体の8割を超えます。慢性的な高血圧によって、動脈に強い圧力がかかりつづけると、血管の壁がもろくなって弾力性がなくなり(動脈硬化)、出血しやすくなります。

 

また、高い血圧が血管にかかりつづけることにより、かたくなった血管の壁がこぶ状にふくらんでくることがあります(動脈硬化による微小動脈瘤)。この動脈瘤が高い血圧に耐え切れなくなって破裂すると、脳出血を起こします。

 

脳出血が起きやすい部位は、高血圧が原因となって起こる場合は、被殼、視床、小脳、脳幹など、脳の比較的深いところを走っている細い血管です。

 

脳の深部には、生命維持にかかわる重要な器官があり、出血量が多くなると意識障害や呼吸障害などが起こり、命にかかわることも少なくありません。

 

 

そのほかの原因で起こる脳出血

高血圧による動脈硬化以外に、「脳動静脈奇形」や「硬膜動静脈瘻」など、脳の血管の奇形が原因で脳出血が起こることがあります。

 

脳動静脈奇形は、脳の動脈と静脈が毛細血管を介さず直接つながっている状態の奇形で、特に若い人の脳出血の原因となりやすい病気です。

 

人間の血管は、胎児の時期に動脈・毛細血管・静脈に分かれますが、この病気はこの時期に発生する先天性の異常です。

 

動脈と静脈が直接つながっているため、奇形の部分では血液が異常に速く流れます。また、血管の壁も正常な血管より薄いので破れやすく、出血すると重篤な状態になることがあります。

 

硬膜動静脈瘻は、硬膜の中を走る動脈と静脈が、やはり何らかの原因で直接つながってしまう病気ですが、脳動静脈奇形とちがい、後天的に形成されるものといわれています。比較的まれな病気です。

 

そのほか、脳動脈の一部が先天的にふくらんでいる「脳動脈瘤」、異常に細い血管が網の目のようにできる「もやもや病(下記参照)」といった脳の血管の異常や、「頭部外傷」、「脳腫瘍」、「血管腫」、「血友病」、「白血病」といった血液の病気で起こる脳出血もあります。

 

また、高齢になると、脳血管の内側にアミロイドと呼ばれる異常なたんぱくが沈着し、血管がもろくなって破れやすくなることがあります。この病気を「アミロイド血管症(アミロイドアンギオパシー)」といいます。

 

これらの血管の病気以外に、抗血小板療法や抗凝固療法などで、血液を固まりにくくする薬を使った場合も、脳出血のリスクが高くなります

 

高血圧以外の原因で起こる脳出血の場合は、比較的脳の表面で起こることが多いようです。

 

 

もやもや病

もやもや病は、「ウィリス動脈輪閉塞症」ともいい、1957年に日本で発見された病気です。日本人に多く発症し、発症のピークは10歳以下の子どもと30〜40代の成人ですが、原因はまだわかっていません。国の難病に指定されています。

 

ウィリス動脈輪は、脳内に張りめぐらされている動脈網の中心で、このウィリス動脈輪が何らかの原因で閉塞すると、その周囲に異常な血管網ができます。この血管網を画像診断装置で見ると、タバコの煙がも心もやとただよっているように見えすので「もやもや病」と呼ばれるようになりました。症状は、無症状のものから、一過性、ないしは固定性の神経症状を呈するものまでさまざまです。成人の場合は、異常血管網ら出血することが多くなります。

 

 

脳出血の検査と診断はこのように行われます

脳出血の場合、出血した部位や出血の程度によって治療法が変わります。呼吸管理、血圧管理、点滴のための血管の確保などの全身的な処置を行いながら、脳のどの部分から出血しているのかを早急に調べます。

 

マヒの有無や場所、意識障害の程度、眼球の位置や動きなどが判断のポイントとなります。また、日ごろの健康状態や喫煙・飲酒の習慣、発作を起こしたときの様子などを詳しく聞き取ります(問診)。

 

その結果、脳出血が疑われる場合は、CT検査を行います。出血を起こしていれば、その部分が白くうつります。出血を起こす病気は、脳出血やくも膜下出血ですが、白くうつっている出血部分の位置や形からこの両者の区別は容易につきます。

 

MRI検査を行うこともありますが、MRI検査では脳血管の状態を大まかに調べることができます(MRA検査)。CT検査とMRI検査によって、ほぼ100%診断がつきますが、必要に応じて、脳波検査、脳血管造影検査などを行います。

 

高血圧の有無や出血箇所の数も重要なポイント

脳出血の場合、高血圧の有無や出血箇所の数なども、診断やその後の治療に欠かせない重要な点です。

 

慢性的な高血圧の場合

慢性的な高血圧がコントロールされていなかったり、未治療であった場合は、高血圧性脳出血の可能性が高くなります。タイプとしては、被殻出血、視床出血、脳幹出血、小脳出血のどれかの可能性があります。

 

出血が複数箇所ある場合

血圧が正常である場合は、高血圧以外が原因ということになります。高齢者の皮質下出血の場合や、出血箇所が複数ある場合は、アミロイド血管症や出血傾向のある可能性が高くなります。

 

意識レベルが低い場合

意識がはっきりしている場合、あるいは傾眠(放っておくと眠ってしまうが、たたいたり声をかけたりすると目を覚ます状態)の場合は、まだ脳ヘルニアにまで悪化していないと考えられます。

 

ただ、昏迷(意識ははっきりしているが、外界の刺激にまったく反応しない状態)や半昏睡(強い刺激をあたえれば少し反応する状態)、昏睡(意識が完全に消失し、強い刺激にも反応しない状態)という状態であれば、脳ヘルニアが起きている可能性が高くなります。

 

スポンサーリンク

関連ページ

脳梗塞とは脳の血管が詰まる病気です
脳梗塞の症状は血管が詰まった場所によって異なります
アテローム血栓性脳梗塞は脳の太い血管が詰まる病気です
ラクナ梗塞は細い血管の血流が途絶えてしまう病気です
心原生脳塞栓症は不整脈が原因で脳の血管が詰まる病気です
脳梗塞を迅速に適切な治療を受けるためには検査と診断が重要です
脳梗塞の超急性期の治療はいかに早く血流を再開できるかがカギです
脳梗塞の急性期の治療は薬物治療が中心となります
脳梗塞の急性期の治療は全身管理が重要になってきます
脳梗塞の慢性期の治療の目的は再発防止です
脳梗塞の再発予防の為に手術が行われることもあります
脳出血の症状には大きく分けて5つの種類があります
脳出血の急性期と慢性期の治療はこのように行われます行われます
脳出血で手術が行われるのは急性期の場合のみです
くも膜下出血の原因と症状を理解して予防しましょう
くも膜下出血の疑いがあれば早急に検査を行います
くも膜下出血の治療は脳動脈瘤の再破裂を防ぐために手術が行われます
脳卒中の後遺症の症状は人によって様々な症状が出ます
脳卒中のリハビリは機能の回復と維持が大きな目的です
脳卒中の急性期のリハビリはこのように行われます
脳卒中の回復期のリハビリはこのように行われます
脳卒中の維持期のリハビリはこのように行われます
脳卒中の患者さんのための住宅改修を考える
脳卒中は介護保険の対象となる特定疾患に認定されています
脳卒中の再発予防は一つでも多くの危険因子を減らすことです