スポンサーリンク

不整脈の症状によって薬を使い分けます

拍動のリズムを安定させる薬

不整脈に対する治療に用いられる薬を「抗不整脈薬」といいます。

 

抗不整脈薬には「ナトリウムチャネル遮断薬」「カリウムチャネル遮断薬」「カルシウム拮抗薬」「β遮断薬」などがあり、不整脈のタイプや症状などに応じて使い分けられます。

 

これらのうち、ナトリウムチャネル遮断薬とカリウムチャネル遮断薬には、異常な興奮の源や、心筋を旋回し続ける電気的興奮を抑えることで拍動のリズムを安定させる働きがあります。

 

ナトリウムチャネル遮断薬

心臓の拍動は、洞結節で電気刺激が発生し、それが刺激伝導系を伝わることで起こります。そのしくみは、電解質のイオンがチャネルという専用通路から心筋細胞に出入りすることによりコントロールされています。

 

心臓の刺激伝導系では、部位や状態によって出入りしやすいイオンの種類が異なります。ナトリウムチャネルとはナトリウムイオン専用の通路で、主に心室や心房の心筋にあります。

 

ナトリウムチャネル遮断薬には、ナトリウムチャネルの働きを妨げて、心筋細胞での電気刺激の発生や心筋細胞間の伝導を抑える作用があります。心筋の異常な興奮を抑えて、速すぎる心臓の拍動を遅くする効果があります。

 

そのため、発作性上室頻拍や心房細動といった頻脈性不整脈や、期外収縮の治療に用いられています。

 

副作用・使用上の注意

電気刺激の伝導速度が遅くなることで、かえって不整脈を起こすことがあります。また、心機能を低下させることがあり、慢性心不全を誘発したり、心室頻拍や房室ブロックなどの不整脈を起こしたりすることがあります。

 

薬の種類によっては口の渇き、尿の出が悪くなる、緑内障の悪化などの副作用が出ることもあります。

 

 

カリウムチャネル遮断薬

カリウムチャネルを遮断することで、心筋細胞が興奮できない「不応期」を延長させる働きがあります。不応期が長くなると電気刺激が伝わる間隔も長くなり、速いリズムで起こっている拍動を抑えることができます。この作用により、心室頻拍や心房粗動、心房細動などの治療に用いられています。

 

副作用と使用上の注意

不応期が長くなると心電図のQT間隔の延長にもつながり、トルサード・ド・ポワンツが起こりやすくなることがあります。利尿薬を服用している人の使用も、低カリウム血症を招くおそれがあります。

 

また、心室頻拍、房室ブロック、肝障害などが起こることもあります。

 

副作用によるトルサード・ド・ポワンツ

トルサード・ド・ポワンツとは、QT間隔の延長時に出現する頻拍で、普通の心室頻拍以上に心室細動に移行して突然死につながる危険性が高いため注意が必要とされます。

 

不整脈の治療薬のうち、不応期を延長させるタイプの薬は、QT間隔の延長を促し、トルサードードーポワンツを起こす危険性が高いことがわかっています。そのため、QT間隔を延長させるほかの薬との併用は避けるのが原則です。

 

慢性心不全のある人で利尿薬を服用している場合は、QT間隔を延長させるカリウムチャネル遮断薬の使用は避けることになっています。

 

 

症状を抑え、心拍数を調節する薬

頻脈性不整脈のなかには、心拍数が多いために症状が強く現れるタイプもあります。そこで、心室に伝わる電気刺激を抑えることで、心拍数を減らす作用があるカルシウム拮抗薬やβ遮断薬がよく用いられます。

 

心臓のポンプ機能の正常化を目指す治療で、頻脈による症状も楽になります。そのほか、心拍数を減らす効果がある「代謝賦活薬」や「ジギタリス薬」を使うこともあります。

 

 

カルシウム拮抗薬

カルシウム拮抗薬は、「カルシウムチャネル遮断薬」ともいいます。

 

カルシウムチャネルは、主に電気刺激を発する洞結節と、刺激伝導の中継点となる房室結節で働いています。カルシウム拮抗薬はこれらカルシウムチャネルの働きを抑制し、心拍数を減らすことから、心房細動や発作性上室頻拍の発作予防によく用いられています。

 

また、カルシウムチャネルは血管にもあって、遮断すると血管が拡張するため、高血圧や狭心症の治療に広く使われています。

 

副作用と使用上の注意

血圧低下、動悸、頭痛のほか、徐脈や房室ブロックが起こることがあります。特にβ遮断薬の併用時には房室ブロックに注意が必要です。

 

 

β遮断薬

頻脈性不整脈には興奮時や運動時など、交感神経の働きが優位になったときに起こりやすいものがあります。そういうときにはノルアドレナリンという物質が放出されて心筋のβ受容体に結合し、心臓の収縮力が増して心拍数も増加しています。

 

 

β遮断薬はノルアドレナリンよりも先に受容体と結合し、心臓の働きを抑えて心拍数を減らします。特に、心機能の低下している人は、心不全の悪化を防いで心臓を守るために使うべき薬とされています。

 

副作用と使用上の注意点

交感神経が過剰に抑えられると徐脈になり、房室ブロックを起こすことがあります。心機能が低下している人は少量から慎重に用います。

 

なお、気管支喘息の人は発作を誘発しやすいため、使えません。

 

 

ジギタリス薬

副交感神経の働きを高め、房室結節での伝導を抑える働きがあることから、心房細動か起こった際の心拍数の抑制に用いられます。

 

副作用と使用上の注意

ジギタリス中毒による催不整脈作用に注意が必要で、心室期外収縮、心室頻拍、心室細動などを起こすことがあります。

 

 

代謝賦活薬

カルシウムチャネルの働きを抑え洞結節からの電気刺激の発生と、房室結節での刺激の伝導を抑制して、心拍数をコントロールします。

 

ATPという注射薬が主に発作性上室頻拍の発作時に用いられます。

 

副作用と使用上の注意

急速に静脈注射で投与することにより、一時的に吐き気がしたり、全身がカーツと熱くなったりします。

 

 

徐脈性不整脈の薬

徐脈性不整脈の治療の中心は、ペースメーカーの植込みです。そのため、薬物療法は手術までの一時的なつなぎであったり、特に原因のない一過性の徐脈に対して行われたりするのがほとんどです。患者さんが高齢であったり、持病などの影響でベースメーカー治療ができない場合に行われることもあります。

 

治療に用いられる薬は、心臓の拍動を促す作用があるものです。

 

  • 副交感神経遮断薬 … 心臓の拍動を抑え、心拍数を減らす働きがある副交感神経の「ムスカリン受容体」に作用して、その働きを遮断します。
  •  

  • β刺激薬 … 心筋細胞の「β受容体」を刺激し、心臓の拍動を促す働きがあります。心臓のポンプ機能を高めるため、副作用として動悸が起こることがあります。

 

 

その他の薬

不整脈の発生に影響している基礎疾患の治療薬も必要です。高血圧の場合はACE阻害薬やアンジオテンシンU受容体拮抗薬(ARB)などが、脂質異常症の場合はスタチン製剤などがよく用いられます。

 

また、不整脈の自覚症状によって不安や不眠があるときは、抗不安薬や睡眠導入薬が処方されることもあります。

 

スポンサーリンク

関連ページ

不整脈を知る前に心臓の働きを知りましょう
不整脈とはどんな症状の病気なのでしょうか
不整脈の原因と怖いのはどんなところなの?
不整脈の診断にはまずは問診から始まります
不整脈には心電図検査が診断を行う上でかかせません
不整脈の心電図検査からはこんなことがわかります
不整脈には心電図のほかにも様々な検査が行われます
期外収縮とは心臓の拍動のタイミングがずれる状態です
頻脈性不整脈とは脈が速くなっている状態です
徐脈性不整脈とは拍動のリズムが遅くなっている状態です
不整脈で薬物治療を行うときとはどのような場合でしょうか
不整脈治療で使用する抗凝固薬は脳梗塞を予防します
不整脈の薬物治療以外にはどんな治療があるのですか
不整脈の治療のカテーテルアブレーションとはどんな治療ですか
ペースメーカーは序脈性不整脈の治療の中心です
不整脈治療で用いる植込み型除細動器とはどんな器具ですか
不整脈のタイプ別の治療方法
不整脈の症状である心室細動の治療はどのようにしてするのでしょうか
心室不整脈の治療はどのようなものがあるのでしょう
不整脈のある人の生活
不整脈治療で機器を植え込んだ人の日常生活の注意点
心肺蘇生法とAEDの使い方